TeleOfficeの特徴・価格・機能を紹介

リモートワークの活性化に伴い、さまざまなWeb会議システムが普及しています。
「TeleOffice」は独自の資料共有システムで、より臨場感のあるオンライン会議を体感できるシステムです。今回はTeleOfficeの機能や特徴、料金などを紹介します。

TeleOfficeとは

TeleOfficeはシンプルさとリーズナブルさを兼ね備えた、臨場感のあるWeb会議システムです。操作方法がわかりやすく、資料の共有や書き込みも容易におこなえます。PCだけでなく、タブレットやスマートフォンなどさまざまなデバイスから会議に参加できます。

さらにWeb会議システムでだけでなく、現場への支援も可能です。作業現場と本社を繋げ、現場から送られた写真を参考にしながら、的確な指示が出せます。

TeleOfficeの特徴

TeleOfficeの特徴は2つです。高性能ながら扱いやすいシステムと、さまざまな状況で活用できる、利用場面の幅広さです。

扱いやすく高性能な会議システム

TeleOfficeにはオンライン会議をよりスムーズにおこなう、会議のスケジューリング機能や、会議資料の共有、会議中のポインター機能や資料への書き込み機能などが搭載されています。
オンライン上では意思疎通が取りにくいという難点がありますが、TeleOfficeではオンライン会議の不自由さをできる限り排除し、スムーズなコミュニケーションが取れるようになっています。

Web会議だけじゃないTeleOfficeの活用方法

TeleOfficeの活躍場面はWeb会議だけではありません。
遠く離れた場所から資料を共有できるので、営業先から専門のオペレーターを繋げたり、作業現場に的確な情報共有をおこなったり、オンライン教育研修をおこなったりと、使い方はさまざまです。
対面でコミュニケーションが取れない場合には、TeleOfficeを活用すれば簡単に遠隔地と接続できます。

価格・料金プラン

TeleOfficeは導入する環境や使用用途によって、多種多様なライセンスから自由に選べるのがポイントです。
ライセンスには「Web会議ライセンス」「ペーパーレスライセンス」「遠隔作業支援ライセンス」の3種類があります。

Web会議ライセンスではルーム拡張ライセンスとして、5同時接続や50ID、50端末や25GBを追加するライセンスが別途用意されています。
また50端末のみを追加する端末数追加ライセンスも提供しています。
さらにルーム制ライセンスオプションとして、「テレビ会議接続オプション(1接続)」「ビデオ会議録画オプション(1会議)」「IPアドレス制限オプション」を購入可能です。

実際の導入料金に関しては導入環境によって異なります。詳しくは問い合わせ・お見積りフォームから問い合わせてみてください。
またTeleOfficeの機能を実際に体験できる無料トライアルも実施しています。
トライアルでは持っている端末にアプリケーションをダウンロードし、最大5ID分の同時接続機能を体験できます。

プラン名 ルーム制ライセンス ルーム制(ハーフ)ライセンス ユーザーID制ライセンス ペーパーレスライセンス 遠隔作業支援ライセンス
初期費用問い合わせ問い合わせ問い合わせ問い合わせ問い合わせ
月額費用問い合わせ問い合わせ問い合わせ問い合わせ問い合わせ
補足11同時接続100ID100端末容量50GB6同時接続50ID50端末25GB1ユーザー専用10IDのペーパーレス会議環境(追加ライセンスとして1IDごと追加可能)5IDの遠隔作業支援環境(追加ライセンスとして1IDごと追加可能)

機能一覧

TeleOfficeは契約するライセンスによって利用できる機能が異なります。
Web会議ライセンスで契約した場合、通話機能だけでなく、会議のスケジューリング機能、会議資料の共有、会議中に使用できる共有ノートやチャット、動画共有、ウインドウの切り離しなどが搭載されています。

ペーパーレスライセンスを契約すると、Web会議システムに機能は劣るものの、Web会議システムがリーズナブルな価格で導入できます。

また遠隔作業支援ライセンスと契約すると、EPSON社やDynabook社が提供するスマートグラスに対応でき、会議にワンタッチで参加する機能も付いています。

ブラウザ通話スマホアプリ通話
デスクトップアプリ通話画面共有
資料共有ホワイトボード
チャットリアクション
メモ画面録画
録画共有アンケート
任意ルームID設定ルームパスワード設定
ブレイクアウト背景ぼかし
バーチャル背景通話前の設定確認・プレビュー
表示レイアウト変更字幕・翻訳
ダイヤルイン文字起こし
Q&A挙手
ピクチャ・イン・ピクチャ(モバイル)使用状況管理
グループ管理権限割当
ビジネスチャット連携カレンダー連携
ブラウザ拡張機能メール拡張機能

提供環境・技術情報

TeleOfficeはWindowsおよびiOSまたはAndroidを搭載したスマートフォンから利用できます。
ウェブブラウザ上でも、アプリケーションとしてインストールでも、2種類から利用形態が選べます。
PCの場合は専用サイトから、Android端末の場合はGoogle Playから、iOS端末の場合はApp Storeから、それぞれダウンロードできます。

提供形態

  • クラウド
  • パッケージソフト

OS

  • Windows
  • Android
  • iOS

ブラウザ

  • Google Chrome
  • Firefox

アプリ

  • スマホ – Android
  • スマホ – iPhone
  • タブレット – iPad

API連携・サービス連携

2021年現在、TeleOfficeのAPI連携による機能追加はありません。
公式サイトにも記載を確認できませんでした。

セキュリティ

TeleOfficeは資料単位のアクセス権制御や会議終了時のログ削除、オプションの専用線などセキュリティ面で充実したシステムです。
TeleOfficeに備えられたセキュリティについて、以下表にまとめて紹介します。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 6244321)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間356日監視AD連携

サポート

TeleOfficeは電話および問い合わせフォームを通したメールによって、サポートが受けられます。またTeleOfficeサポート情報として、障害やメンテナンスなど各種情報を専用サイトにて公開しています。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DXソリューションとは?成功事例や各サービスを一覧で紹介

  2. Web会議で音声が途切れる原因と対処法

  3. Web会議のやり方|準備方法や当日の進め方を解説!

  4. DX戦略が注目される理由や成功させるためのポイントを解説

  5. DX推進の必要性とは?導入するメリット・デメリットを解説

  6. DXの進め方7つのプロセスや注意すべきことを詳しく解説

  7. 営業のDXとは?その意味や成功させる4つのポイントを解説

  8. DXリテラシーの意味や必要性・向上のポイントを徹底解説

  9. DX推進組織の編成タイプや作り方のポイント・成功事例

  10. 自治体DX推進計画とは?重要事項や4ステップを詳しく解説

  1. 領収書の訂正方法|宛名や日付を書き間違えた時の対応は?訂正時の注意点を解説!

  2. DXとデジタル化の違いやそれぞれの定義を分かりやすく解説

  3. InfAjastの特徴・価格・機能を紹介!

  4. BtoBプラットフォーム 請求書の機能・価格・評判を紹介!

  5. corner(コーナー)の機能・価格・評判を紹介!

  6. eventos(イベントス)の機能・価格・評判を紹介!

  7. FreshVoiceの機能・価格・評判を紹介!

  8. コールセンターSV職の仕事内容や必要なスキルを解説!

  9. CTIの機能を理解・比較したうえで理想的なシステムを導入しよう

  10. FACEHUBの特徴・価格・機能を紹介