有料のWeb会議9選|ZoomやWebexなど無料版との違いを比較!

web会議システム(オンライン会議)は、インターネットを用いて、PCやスマホなどの媒体を使い、距離のある人とビデオ通話ができるシステムです。
これまでの会議や商談は、会議室などの参加者全員が同じ場所で行うのが主流でした。
web会議システムを使うと、インターネット環境とPCなどの媒体があれば場所を問わず、会議や話合いに参加することができます。
web会議システムを導入すると営業などの移動時間の短縮でき業務の効率化や、会議などがあっても会社に行く必要がないため、リモートワークなどの働き方改革につながります。

特に近年は、コロナ禍によるテレワークの推進の影響で、ウェブ会議システムの需要が増えた、各社から目的にあったさまざまな機能をそろえたweb会議システムが登場しています。

web会議システムといっても気軽に使える無料なのサービスから、大規模のセミナーなどに適用できるサービスなど幅広くあります。
この記事では、Web会議システムサービスの料金が無料と有料の違いや、無料・有料の料金形態に問わずおすすめのWeb会議システムをご紹介します。

web会議システムとテレビ会議の違いとは

よく混同してしまう「テレビ会議」と「web会議システム」ですが、機能や製品の仕組みの違いによって以下のように分けられます。
■テレビ会議…「多人数が会議室に集まり会議を行うもの」
■Web会議…「場所を問わずPCやスマホなどの端末を通して、インターネット上で打ち合わせを行うもの

テレビ会議は、導入に設備などが必要になるため、導入コストは高価な物になります。

Web会議は、音声や映像をPCやスマホなどの端末上でやり取りを行います。
web会議システムには、チャット機能や画面共有機能などがついており、いろいろな方法で資料を共有でき、スムーズに会議を行うことができます。

Web会議システムにおける有料版と無料版の違い

Web会議システムにおける有料版と無料版の違いWeb会議システムにおける有料版と無料版の違い

まずは、Web会議システムにおける有料版と無料版の違いについて解説していきます。

テレワークに対応するためにWeb会議システムを探していくなかで、有料で提供されているWeb会議システムと無料で提供されているWeb会議システムがあることに気付いた方もいるのではないでしょうか。
Web会議システムは、基本的に無料でも利用することができますが、有料のWeb会議システムを利用することで得られるメリットも多くあります。Web会議システムにおける有料版と無料版の違いは以下の通りです。

項目 有料版 無料版
セキュリティ 万全な対策がなされている場合が多い 十分な対策がなされていない場合がある
同時接続人数 大人数に対応している場合が多い 人数が少ないもしくは人数制限がある
管理機能 参加者の権限をコントロールする機能が充実している 参加者の権限をコントロールできない場合が多い
アプリインストールの必要性 アプリインストールが必要となることが多いが、ブラウザにも対応をしていることがある アプリインストールが必要となることが多い
映像・音声の品質 比較的良い 安定しないことがある

有料版Web会議システムを利用するメリット

有料版Web会議システムを利用するメリット

これまで、Web会議システムにおける有料版と無料版の違いを解説してきました。ここでは、有料版Web会議システムを利用するメリットを詳しく解説します。

セキュリティが強い傾向にある

有料版Web会議システムは無料のWeb会議システムと比べて、セキュリティが強い傾向にあります。
無料で提供されているWeb会議システムでも、公的認証にあたるプライバシーマークやISMS認証は多くのベンダーが取得しています。
しかし、無料のWeb会議システムではユーザー管理機能や通信履歴保存機能が搭載されていない場合があります。ユーザー管理やログ管理ができていなければ、もし不正アクセスが発生したときに、その経緯を辿ることが困難になります。
有料のWeb会議システムには、これらの機能が搭載されているものもあります。有料のWeb会議システムの導入を検討するとき、これらのセキュリティ機能が充実しているかどうか、確認しておきましょう。

同時接続人数が多い傾向にある

有料のWeb会議システムは無料のWeb会議システムと比べて同時接続の人数が多い傾向にあります。
また、有料のWeb会議システムのなかでもプランによって同時接続人数は違いがあります。

1つのWeb会議ルームに大人数が参加すると、サーバーに負荷がかかり、通信状況が悪化することがあります。そのため、無料のWeb会議システムでは、同時接続人数を少なく設定していることが多くあります。

有料のWeb会議システムでは、無料のものと比べて同時接続人数が多めに設定されています。そのため、大規模な会議やセミナーなどに活用することができます。
大人数で利用するケースが多い場合、有料版のWeb会議システムを導入すると良いでしょう。

有料版Web会議システムを選ぶときに押さえておきたいポイント

有料版Web会議システムを選ぶときに押さえておきたいポイント

これまで、有料のWeb会議システムを利用するメリットを紹介しました。ここでは、有料のWeb会議システムを選ぶときに押さえておきたいポイントを3つ紹介します。ここで紹介するポイントを押さえたうえで、自社に合ったWeb会議システムを探してみてください。

安心できるセキュリティが担保されているかどうか

有料のWeb会議システムを選定するとき、どのようなセキュリティ対策がおこなわれているのか確認しておきましょう。

新型コロナウイルス感染拡大によって引き起こされた景気悪化により、重要な意思決定をおこなう機会が多くなった企業もあるでしょう。そのような重要な決定事項が不適切に外部に流出してしまうと、経営に大きな影響を及ぼすことがあります。

インターネットを経由して利用するWeb会議システムだからこそ、セキュリティ対策の重要性は増してきます。実際に導入する前に、どのようなセキュリティ対策をおこなっているのか、あらかじめベンダーに確認しておきましょう。

【関連記事】Web会議のセキュリティ対策|SkypeとZoom、Teamsで比較

映像・音声に懸念がないかどうか

有料Web会議システムを導入するときは、導入前に無料トライアルや無料デモで映像・音声が問題なくコミュニケーションできるものかどうかを確認しておきましょう。

新型コロナウイルスの感染拡大により、Web会議システムを導入する企業が急増しています。それにより、有料のWeb会議システムであっても回線が混みあってしまう場合があります。

テレワークを導入すると、Web会議でのコミュニケーションの重要性は大きくなります。そのため、快適なWeb会議をおこなうために無料トライアルや無料デモで懸念がないか、確認しておくと良いでしょう。

自社の業務で必要な機能が搭載されているかどうか

Web会議システムを導入するとき、自社の業務で必要な機能が搭載されているかどうかを確認しておきましょう。

一概にテレワークといっても、業務内容は企業や担当者によってさまざまです。会議のときに必ずホワイトボードが必要だったり、業界の特性に応じた使い方をする必要があったりする場合があります。

そのため、自社で普段どのように会議をおこなっているのかを振り返り、その会議を進行するために必要な機能を備えているツールを選ぶようにしましょう。

Web会議システムの有料・無料プランの比較

ここまで、Web会議システムの有料・無料プランの一般的な差について解説してきました。実際のWeb会議システムの有料・無料プランには、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。次に、Web会議システム「Zoom」「Cisco Webex Meetings」を例にとり、有料プランと無料プランの違いをご紹介します。

Zoom

Zoomでは、無料プランを含む4つのプランが提供されています。ここでは、小規模チーム向けの「プロ」と、無料プランとの違いについて紹介します。

まず、無料プランと「プロ」プランとの違いは、ミーティング可能時間です。無料プランでは1対1のミーティングは無制限ですが、グループミーティングでは最大40分までと制限があります。一方、「プロ」であれば、グループミーティングでも無制限に利用することが可能です。

録画機能については、無料プランではローカル保存のみ可能ですが、「プロ」では1ライセンスごとに1GBのストレージを利用することが可能です。録画した会議をクラウド上で保存したい場合には、「プロ」プランが便利でしょう。

項目 無料 プロ
参加人数 100人の参加者まで 100人の参加者まで
時間 グループミーティング最大40分
1対1ミーティング無制限
グループミーティング無制限
SNSストリーミング ×
録画 ローカル保存 クラウド保存可能
ストレージ × 1GB(1ライセンスにつき)
ユーザー管理 × ユーザーの追加・削除・役割の割り当てが可能
管理者機能 × 録画の有効/無効化、暗号化・チャット・通知機能のオン/オフの設定が可能

Cisco Webex Meetings

Cisco Webex Meetingsには、無料プランと3つの有料プランが用意されています。ここでは、有料プランのうち、小規模チーム向けの少額プラン「Starter」と、無料プランとの違いについて比較して紹介します。

無料プランとStarterプランは、一度に参加できる人数はどちらも100名までとなっており、参加人数に制限はありません。また、無料プランでも画面共有やホワイトボードなど、Web会議の基本的機能が備わっています。

ただし、無料プランにはユーザー管理や機能制御がなく、外部アプリケーションとの統合もできません。システム管理者によるユーザーの管理や権限変更や機能制御、使用している他のシステムとの連携をしたい場合には、Starter以上のプランを使用したほうがよいでしょう。

項目 無料 Starter
参加人数 1つの会議に100名まで 1つの会議に100名まで
時間 1会議あたり最長50分まで 1会議あたり24時間
録画 ローカル保存 録音内容の文字変換
MP4形式での録画
ストレージ × 5GBのオンラインストレージ
外部アプリケーションとの統合 ×
ユーザー管理 × ユーザーの追加・権限付与・編集・管理が可能
機能制御 × 録音・暗号化・セキュリティなどの機能制御が可能
カスタマーサポート オンラインサポート 日本語:平日9時~17時
英語:24時間365日

おすすめの有料Web会議システム|9選を比較

これまで、有料のWeb会議システムが無料のものとどのように違うのか、有料のなかからWeb会議システムを選ぶときにどのような点を押さえれば良いのかを解説しました。ここでは、おすすめの有料Web会議システムをご紹介します。

ジンジャーミーティング

ジンジャーミーティング

ジンジャーミーティングの詳細はこちら

ジンジャーミーティングとは、jinjer社が提供しているWeb会議システムです。
国産のWeb会議システムなので、サポートが手厚く安心して利用することができます。導入後は、メール・電話・Web会議で即日サポート対応します。また、120人まで参加できるため大規模な会議でも利用できます。チャット機能・画面共有・資料共有などを活用することで、大人数でも円滑なコミュニケーションを取れるでしょう。画面録画もできるので、重要な会議の内容を保存しておくこともできます。
また、セキュリティ対策が頑丈で、民間企業はもちろんのこと複数の自治体にも導入されています。

料金については、初期費用は20万円から、1ユーザーにつき月額1,500円で使用することができます。1週間の無料トライアルも用意されています。

機能

  • URLを共有するだけで、誰とでもすぐに会議を開始することができる
  • ブラウザ通話に対応しているため、アプリをインストールする必要がない
  • 表示中の資料に書き込み、同じ内容を共有することができる
プラン 初期費用 定額費用 無料トライアル サポート体制
200,000円 月額1,500円/ID 7日間 メール・電話・
Web会議

sMeeting

sMeeting

ドコモ・システムズ社が提供しているWeb会議ツールのsMeeting。sMeetingの魅力は、大手携帯会社のNTTドコモ社のグループの社内システムやサービスシステムの開発・運用をおこなっているドコモ・システムズ社が運営している点です。安心して利用でき、セキュリティ面も高度なところが魅力です。重要な会議でも安全に使うことができるのがポイントでしょう。

機能の特徴としては、ホワイトボード機能やリモートコントロール機能があり、簡単に切り替えるだけの操作なので、Webリテラシーの低い人でも使いやすいです。

料金は、初期費用はStandardからLite、Super Liteと全て30,000円で一律です。それぞれ、年間契約と月間契約があり、月額28,800円から利用できます。Standardプランであれば月額2,400円、年額24,000円でライセンスの追加が可能です。
自治体などでの導入実績もあり、時間や場所にこだわらずコミュニケーションが取れることで業務効率化を図ることができています。

機能

  • ホワイトボードで説明したい図やテキストを直接書き込むことができるので、会議の進行がスムーズ
  • リモートコントロール機能で、参加者同士で遠隔操作などをすることができる
  • 動画を配信して共有することができる機能も搭載されている
プラン 初期費用 定額費用 無料トライアル サポート体制
Super Lite 30,000円 月額28,800円 あり
Lite 30,000円 月額42,000円 あり
Standard 30,000円 月額60,000円 あり

Fresh Voice

Fresh Voice

エイネット社社提供しているWeb会議ツールのFresh Voice。3クリック以内でWeb会議開始まで繋げられるシンプルさが魅力です。専任のスタッフが導入から、その後のフォローまで手厚くサポートしてくれる環境があるのも、安心して利用できる理由です。

機能の特徴としては、ドキュメント共有やデスクトップの共有機能があり、それらに各参加者が直接書き込みをすることができます。録音・録画機能もあり、インタビューや重要な会議の録画などにも活用できるのが特徴です。

料金は、1拠点あたり3,000円から利用できます。従量課金プランの場合には、設定時間を超えての利用は、プラスで料金が発生します。定額フラットプランにすると、端末数によって金額が変わってきます。
国内では数少ないオンプレミス型のWeb会議ツールで、気象庁や第四銀行、保険会社など導入実績が豊富です。

機能

  • 電話帳機能で大規模Web会議の開催ができる
  • 全画面表示できる機能があり、画面で表情を確認しながら会議をすることができる
  • ドキュメント・デスクトップ共有機能は遠隔操作可能で、直接書き込みもできる
プラン 初期費用 定額費用 無料トライアル サポート体制
ASPタイプ(リミットプラン) 100,000円 月額15,000円〜 14日間 電話、メール、訪問(オプション)、教育(オプション)
ASPタイプ(フラットプラン) 100,000円 月額18,000円〜 14日間 電話、メール、訪問(オプション)、教育(オプション)
オンプレミス型 問い合わせ 問い合わせ 電話、メール、訪問(オプション)、教育(オプション)

Cocripo

Cocripo

コクリポ社が提供しているWeb会議ツールCocripo。インターネット環境さえあれば簡単にウェビナーを実行できるのが魅力です。大型なセミナーなどを開催していた場合には、準備の時間や人件費、会場費などのコストを大幅に削減できるのもメリットでしょう。

機能の特徴としては、自動アンケート機能や入退場履歴なども簡単にできるので、ウェビナー後に分析をすることもでき、その後のウェビナーに生かしていけます。データを溜めていく機能がツール内に備わっていて、とても便利です。

初月は無料でお試しすることができ、有料版は月額30,000円から利用できます。無料版と有料版の一番の違いは、参加可能人数です。無料なのが3人に対し、ビジネスプランでは100人、エンタープライズプランでは、300人参加可能です。
約5,000社の導入実績があり、ブックオフグループホールディングス社などの大手企業も利用しています。

機能

  • 非常に高い回答率のアンケートを実施できる機能が搭載されている
  • チャット履歴、参加者の入退場の把握ができる
  • Web会議機能だけでなく、ウェビナー機能も搭載されている
プラン 初期費用 運用費用 無料トライアル サポート体制
フリー 月額0円 (30時間まで)
追加料金:3,000円/時間
初月無料 マニュアル、問い合わせ、質問会ウェビナー
ビジネス 月額30,000円(10時間まで)
追加料金:3,000円/時間
初月無料 マニュアル、問い合わせ、質問会ウェビナー
エンタープライズ 月額70,000円(20時間まで)
追加料金:3,000円/時間
初月無料 マニュアル、問い合わせ、質問会ウェビナー

Cisco Webex Meetings

Cisco Webex Meetings

Cisco社が提供するWeb会議ツールです。世界各地で利用されている有名なツールで、暗号化されるセキュリティで安心に利用できるのが魅力です。

AI機能が搭載されていて、話し手に注目を向けることができたり、音声認識機能で音声の操作もすることができます。ワンクリックで画面共有することができるシンプルな機能で便利。

無料から使用可能で、有料版であれば1,490円から利用できます。無料版と有料版の違いとしては、1回のミーティングに使える時間の長さが異なります。無料版は、会議が最長50分間なのに対して、Starterプランは24時間と、大幅に利用できる時間が変わるので、有料版がおすすめです。金額が格安なので手軽に始められるメリットがあります。
導入実績としては、公的機関や学校法人などで活躍しています。

機能

  • アプリケーションと連動できる機能が搭載されており、Googleカレンダーやデータ連携などができる
  • 多言語対応で、16カ国の言語に対応。海外拠点や海外の方との会議でもストレスなく参加できる
  • 音声認識機能で画面を自動で操作できるので、話し手に集中することができる
プラン 初期費用 運用費用 無料トライアル サポート体制
無料 0円 電話、チャット(英語のみ)、フォーム
Starter 月額1,490円/ID 電話、チャット(英語のみ)、フォーム
Plus 月額1,980円/ID 電話、チャット(英語のみ)、フォーム
Business 月額2,980円/ID 電話、チャット(英語のみ)、フォーム
Enterprise 問い合わせ 電話、チャット(英語のみ)、フォーム
 

V-CUBEミーティング

V-CUBEミーティング

ブイキューブ社が提供するWeb会議ツール。高画質高音質で、Office365と連携できるのが魅力です。また、固定電話や携帯電話との接続も可能となっています。

機能としては、リアルタイムで翻訳ができるので海外拠点とのやり取りや海外の企業との商談でも活躍しています。機能アップデートの際も特に作業はいらず、常に開くだけで最新の状況で使用することができます。簡単な操作で、Webリテラシーの高くない人でも簡単に導入できます。

導入実績としては、日本航空社や東日本旅客鉄道社など大手企業でも利用されています。リアルタイムで翻訳できる機能が備わっているので、グローバルな企業での会議にも使用されています。また、老舗企業など、さまざまな企業に導入実績があります。

機能

  • 画面共有中に指さしができる機能があり、グループ会議などをするときに便利
  • 自動翻訳機能がついていて、海外拠点でも会議をスムーズに進めることができる
  • 会議中でもアンケート機能を使用することができ、多数決などをとることができる
プラン 初期費用 運用費用 無料トライアル サポート体制
お問い合わせ お問い合わせ 15日間 チャット、フォーム、FAQ

bellface

bellface

ベルフェイス社が提供しているWeb会議ツール、bellface。お客様への営業として使うことができ、商談用のツールとしての魅力があります。

機能としては、営業活動中に必要となってくる資料共有も簡単にできてお客様側で触れることができる機能があります。また、レコログ機能があり、チームなどで商談を振り返って社員の成長につなげることができるでしょう。

料金に関しては、公式サイトから料金表をダウンロードすることで確認することができます。初期費用は100,000円で、月額のランニングコストは72,000円からとなっています。無料サポートがあるので、困りごとがあれば問い合わせましょう。
3,000社以上の企業への導入実績があり、スタートアップ企業から大手企業まで幅広く使われているのも魅力です。

機能

  • デジタル名刺機能でオンラインでも自己紹介が簡単。スムーズに商談を始めることができる
  • レコログ機能で商談の分析ができ、営業のチームや個人の成長を促す
  • ビューティー機能があり、明るさ調整などができる
プラン 初期費用 運用費用 無料トライアル サポート体制
問い合わせ 問い合わせ 60日間 専任コンサルタント、ユーザー会、チャット

B-Room

B-Room

B-Roomの詳細を見る

Bloom Act社が提供するオンライン商談ルーム。相手の情報がわからない場合でも簡単に接続することができるのが魅力のひとつでしょう。訪問する必要がないので、コスト削減もできます。

機能としては、自動テキスト機能があり、議事録が不要です。お客様のサービスの内容を見返すこともでき、教育の一環として振り返りに利用することもできるメリットの豊富な機能です。

料金は、ルームごとに設定されていて月額35,000円から利用可能です。初期費用はなく、1ルームずつ追加で料金を支払うこともできるので、月によって商談数にばらつきがあるところでも利用しやすくなっています。

導入実績としては、エン・ジャパン社や本田技研工業社などの大手企業も利用しており、業種などに縛られず幅広く利用されています。

機能

  • 議事録不要の自動テキスト機能があり、話すのに集中できる
  • 会議中で使用した資料はその場でワンクリックで渡せる機能があり、終了後に送付する煩わしさがなくなる
  • 自動リマインド機能があり、自分にもお客様にも商談前に自動送信をしてくれる
プラン 初期費用 運用費用 無料トライアル サポート体制
Sプラン 0円 月額35,000円/1ルーム 電話、チャット、FAQ、オンラインレクチャー
Mプラン 0円 月額69,000円/3ルーム 電話、チャット、FAQ、オンラインレクチャー
Lプラン 0円 月額400,000円/20ルーム~ 電話、チャット、FAQ、オンラインレクチャー

ONTALK

ONTALK

ONTALKはNSSホールディングス社の提供するオンライン商談ツールです。顧客との商談だけでなく、社内のWeb会議ツールとしても利用可能なところが魅力です。セキュリティに関しては、国際規格の認証を取得しているため、安全安心に利用することができます。

機能としては、セミナー配信機能が搭載されていて複数の人に向けて中継なども可能です。ONTALKに登録してなくても招待ができる機能もあり、誰でも利用することができるのが導入される理由です。

料金は、月額28,000円から利用でき、初期費用は20,000円となっています。2021年1月現在、初期費用が0円のキャンペーン(※1)がおこなわれています。無料で、実演でのデモサービスもおこなっているので、ぜひ利用してみましょう。

導入実績としては、インバウンド営業、アウトバウンド営業、Web会議、セミナー活用など、そのシーンに合った使い方で導入することができます。

機能

  • Web会議、商談、セミナーなど、様々なシーンに合った使い方ができる
  • 登録不要でONTALKに登録していなくても会議に招待することができる
  • 自動テキスト機能があり、会議終了後にダウンロードすることも可能

※1:キャンペーンは予告なく終了する可能性があります。

プラン 初期費用 運用費用 無料トライアル サポート体制
0円 月額28,000円~ あり

おすすめの無料Web会議システム|3選をご紹介

「BizMee」

BizMeeは、株式会社grabssが運営する無料で使うことができるweb会議ツールです。

BizMeeの最大の特徴は、主催者も参加者もアプリや会員登録を行う必要はありません。
主催者は、BizMeeのサイト上にあるURLに半角英数で打ち込だけで、ルームが作成されます。
サイト上で作成したURLを、参加者に招待するだけで会議を開始することができます。

BizMeeの推奨人数である2~4人程度の少人数で行う会議であれば、音声や議事録・図形描画・画面共有などの機能を使って、ウェブ会議を行うことができます。
ただ、推奨人数より参加者が多いと、画面や音が止まったりする可能性があります。
会議室に鍵をかけ、入室制限することもできるため、セキュリティも安全です。

Whereby(旧:appear.in)

Whereby(旧:appear.in)は、Videonor ASによってリリースされているWeb会議システムです。

主催者は会議室を作成する必要があるため、アカウント作成が必須になります。
主催者以外の会議の参加者はアカウントを必要とせずに、主催者が作成したURLをクリックしただけで、会議に参加できるため導入がとても簡単です。
無料プランだと、同時に接続できる人数が最大4名に制限がされてしまうため、小規模の企業や個人事業主などにおすすめです。

アプリなどのインストールは必要なく、ブラウザ対応をしておりますが、Internet Explorerに対応していないためこちら注意する必要があります。

有料版だと、最大50名が同時に同じweb会議に接続を行えます。

Google Meet

Google Meetは、Googleが提供しているビデオ会議サービスです。
Google Meetは、Googleアカウントを持っていれば、無料で使うことができます。

Google Meetは、無料プランの「Google Meet」の他、有料プランの「Google Workspace Individual」「Google Workspace Enterprise」 の3プランがあります。

Google Meetは、無料のプランでも100人まで同時接続でき、画面共有なども対応できます。
1対1の会議の長さであれば24時間、3人以上の会議の長さであれば、最長で1時間の利用をすることができるので、1時間以上の会議があまりない企業様にはおすすめです。

有料プランであれば、以下の機能を利用することができます。
・録画
・ノイズキャンセル
・挙手
・ブレイクアウトセッション
・アンケート加機能の利用

有料のWeb会議システムを導入して快適なテレワークを実現しよう!

いかがでしたか。
Web会議システムは無料で利用することもできますが、有料のシステムを使うことでセキュリティを強化できたり、より高度な使い方をできたりすることがあります。無償トライアルなども利用しつつ、自社に最適なWeb会議システムを導入しましょう。

ここで紹介した9つのシステムのほかにも、多くのWeb会議システムがあります。トルテオマガジンでは、ほかにもWeb会議システムを比較した記事があるので、Web会議システム選び方ガイドと併せてぜひチェックしてみてください。

【関連記事】Web会議システム比較20選|価格と機能で比較!無料ツールも

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. SFA「Oracle Sales Cloud」とは?価格・特徴・評判を紹介!

  2. 【専門家監修】領収書の但し書きとは?基本的な書き方や注意点を詳しく解説

  3. コールセンター業務でチャットボットの導入がおすすめな9つの理由

  4. DXに役立つ補助金・助成金を紹介!申請方法も

  5. WAN-Signの特徴・価格・機能を紹介!

  6. Amazon Connectの特徴・価格・機能を紹介!

  7. 有料のWeb会議9選|ZoomやWebexなど無料版との違いを比較!

  8. CTIの機能を理解・比較したうえで理想的なシステムを導入しよう

  9. DXとIoTの違いは?その関係や導入する際のポイントを解説

  10. 経費精算システム『rakumo ケイヒ』とは|特徴や料金、評判など