Visual Nexusの機能・価格・評判を紹介!

Web会議システムを利用するときに必要とされるのが、高品質かつ安定した映像と音声です。利用環境によって映像が荒くなったり、音声が途切れたりするようであれば、Web会議で重要な意思決定をするのが難しくなります。
この記事では、ネットワーク負荷が少なく安定した通信によって、高品質なWeb会議がおこなえる「Visual Nexus」を紹介します。高品質な映像と音声を維持しながら利用できるWeb会議システムを探している方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

Visual Nexusとは

Visual Nexus(ビジュアルネクサス)とは、沖電気工業社が提供しているWeb会議システムです。Visual Nexusの製品ラインアップには「Visual Nexus Meeting Server」や「Visual Nexus Endpoint」などの種類があり、利用するシーンにあわせて製品を選ぶことができます。

Visual Nexusを利用することで、HD画質に対応できる多地点会議サーバーを介したWeb会議をおこなうことが可能です。機能を拡張することで、数百拠点に及ぶ大規模なWeb会議も実現できます。

また、「Visual Nexus Online」というシステム管理者機能を利用することで、会議の予約や管理が簡単におこなえます。Webブラウザで利用する機能なので、インターネットに接続できる環境であれば、いつでもリアルタイムでシステム状況を把握することが可能です。

Visual Nexusの特徴

ここでは、Visual Nexusの特徴を4つ紹介します。

役員会議にも使えるほどの高品質な映像と音声

Visual NexusはフルHD画質でのWeb会議が可能で、細かな表情の変化を正確に伝えられるほどの高画質でやりとりができます。また、「G.722.1C」や「MPEG4-AAC」という音声コーデックを搭載しているため、聞き取りやすく臨場感のある音声での通話が可能です。

さらに、利用者間で回線速度に差があったとしても、それぞれの速度に応じた画質で映像が表示されます。この機能により、ほかのユーザーの回線速度にあわせて画質が悪くなるということはありません。

ネットワークの負荷が小さい

Visual Nexusは利用しているネットワーク帯域が狭いため、ネットワークの負荷が小さいという特徴があります。そのため、ネットワーク帯域が足りずWeb会議を導入できなかったり、導入する拠点数が制限されたりした企業でも、多拠点と接続できるWeb会議の導入が可能です。

なお、Visual Nexusにはネットワーク制御機能が搭載されており、表示する映像の数を増やしたり、データ共有を開始したりしても、ネットワーク帯域が大きく変動することはありません。また、使用するネットワーク帯域を1kbps単位で細かく設定することも可能です。

タブレットからも使える

Visual Nexusは、iPadのようなタブレット端末からも利用することができます。また、ポリコム社やソニー社、シスコ社などから販売されているWeb会議用端末も利用可能です。人数や状況にあわせて、適当な端末からWeb会議に参加することができます。

PCやタブレット、Web会議用端末のなかからどの端末を利用するかによって、必要なクライアントソフトが異なります。そのため、システムを運用する際に用いる端末を適切に選択することで、導入コストを抑えることが可能です。

シンプルで簡単な使い方

Visual Nexusの画面はボタンが少なく直感的な操作が可能なため、使い方を迷うことなく利用することができます。コンタクトリストでオンライン表示になっている人の名前をクリックするだけで、選択した人とのWeb会議を始めることが可能です。

人の名前だけでなく自身に関連する会議も表示されており、参加したい会議の名前をクリックして会議室に接続することもできます。また、資料共有をする際も、共有したいファイルをドラッグ&ドロップするだけで画面上に表示されます。

製品ラインアップの比較

Visual Nexus製品には、Visual Nexus Meeting ServerとVisual Nexus Endpointがあります。Visual Nexus Meeting Serverは、システムの中心となる多地点会議サーバーとして機能します。一方Visual Nexus Endpointは、Visual Nexus Meeting Serverへ接続するためのクライアントソフトで、PCもしくはタブレットから接続する際に必要です。なお、PCとタブレットで使用するVisual Nexus Endpointの種類は異なります。

また、オプション製品として「Visual Nexus Recording Server」と「Visual Nexus Secure Transport」もあります。Visual Nexus Recording Serverを利用するとWeb会議の内容をサーバー上に保存することが可能です。Visual Nexus Secure Transportは社外からWeb会議に参加するために利用します。

価格・料金プラン

Visual Nexusの価格および料金プランは、公式ページで公開されていません。価格やプランについて知るには、沖電気工業社の営業部門へ見積もりの相談をする必要があります。
見積もりの際には、相談やデモンストレーション、管理者向けの研修などの導入前サポートを受けることも可能です。自社のネットワークでVisual Nexusを利用できるかといった疑問がある場合は、気軽に相談して見積もりを出してもらうとよいでしょう。

プラン名 Visual Nexus Meeting Server Visual Nexus Endpoint Visual Nexus Endpoint Mobile for iPad
費用 問い合わせ 問い合わせ 問い合わせ
補足 多地点会議サーバー パソコン用クライアントソフト iPad用クライアントソフト

機能一覧

Visual Nexusには画面共有や資料共有の機能が備わっています。口頭だけでは説明しづらい内容も、動画配信やチャット機能などを交えながら説明することで伝わりやすくなります。ほかにも、会議の映像や音声を録画する機能によって、研修やウェビナーの様子を動画で保存することが可能です。

また、Visual Nexusへ接続する端末として、PCやタブレットだけでなく、Web会議専用端末やIP電話が利用できます。ゲートウェイを用いたIP電話システムとの連携で内線経由でWeb会議に参加することも可能です。

ブラウザ通話 バーチャル背景
スマホアプリ通話 通話前の設定確認・プレビュー
デスクトップアプリ通話 表示レイアウト変更
画面共有 字幕・翻訳
資料共有 ダイヤルイン
ホワイトボード 文字起こし
チャット Q&A
リアクション 挙手
メモ ピクチャ・イン・ピクチャ(モバイル)
画面録画 使用状況管理
録画共有 グループ管理
アンケート 権限割当
任意ルームID設定 ビジネスチャット連携
ルームパスワード設定 カレンダー連携
ブレイクアウト ブラウザ拡張機能
背景ぼかし メール拡張機能

提供環境・技術情報

提供形態

  • オンプレミス – Windows

OS

  • Windows
  • iPadOS

アプリ

  • PC – Windows
  • スマホ – iPad

セキュリティ

Visual Nexusは社内にサーバーを配置するオンプレミス型のシステムであるため、セキュリティ性が高いといえます。Visual Nexus Secure Transportを利用して社外との通話をおこなう際も、通信の内容を暗号化することができるため安心です。

また、「Active Directory」などを通じてシステムにログインする、ユーザー認証機能を利用することで、ユーザー管理の手間を省くと同時に、なりすましを防ぐことができます。

暗号化通信 データバックアップ
ユーザー管理 シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理 二段階認証
アクセスログ管理 ワンタイムパスワード
デバイス管理 IPアドレス制限
プライバシーマーク VPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ) BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ) SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報) GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護) CCPA
CSMS(IEC 62443-2-1)(制御システムセキュリティ) ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス) データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明 データエクスポート制限
24時間356日監視 AD連携

サポート

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. 有料のWeb会議9選|ZoomやWebexなど無料版との違いを比較!

  2. 領収書の宛名|自分で書くとどうなる?宛名なしのリスクや個人名の書き方を解説

  3. アプリ対応のSFA6選|営業活動をさらに効率化しよう!

  4. LaXiTera(ラクシテラ)の機能・特徴・料金を解説

  5. ChatLuckの特徴・価格・機能を紹介!

  6. 手書き領収書の書き方を解説!注意点やレシートとの違いとは?

  7. Call Hackerの機能・価格・評判を紹介!

  8. ユー名刺(名刺Sonar)の特徴・価格・機能を紹介

  9. SFAを活用するには?事例や連携できるシステムもあわせて紹介!

  10. eセールスマネージャーを徹底分析|機能や価格、解決できる課題とは?