FreshVoiceの機能・価格・評判を紹介!

会社にWeb会議システムを導入するにあたって、検討するべき課題の一つといえるのがセキュリティです。重要なWeb会議の内容を覗き見されたり、ハッキングされたりしないように、強いセキュリティで守られているWeb会議システムを選ぶ必要があります。

そこで、今回の記事では、強固なセキュリティが特徴であるWeb会議システム「FreshVoice」を紹介します。セキュリティと使いやすさを重視したWeb会議システムを探している方は、ぜひ本記事をご覧ください。

FreshVoiceとは

FreshVoiceとは、エイネット社が提供している純国産のWeb会議システムです。2003年に誕生して以来、国内で5,000社以上の企業や機関に導入されています。

FreshVoiceでは、導入方法をASP版とオンプレミス版の2つから選ぶことができます。ASP版はクライアントソフトをインストールし、クラウド上でWeb会議をおこないます。オンプレミス版は自社にサーバーを置き、社内でWeb会議をするためのネットワークを構築します。どちらのタイプも、ブラウザではなくソフトから通信をおこなうため、インターネット環境によるトラブルが少ないのが強みです。

そして、オンプレミス版にはレンタルプランが用意されており、通常版と比べて初期費用を抑えることができます。専用のサーバーを貸し出してもらえるオプションもあり、最短1週間で導入することが可能です。

FreshVoiceの特徴

ここでは、FreshVoiceを導入するメリットとなる特徴を、4つに分けて紹介します。

万全のセキュリティ

FreshVoiceは2003年発売以降、ハッキング被害に一度も遭っていないという実績があります。5,000社以上の導入実績があるなかで、スキミングや改ざんなどの犯罪被害がゼロという点から、セキュリティの強固さが伺えます。

この強固なセキュリティを可能にしているのが、「サーバーに一切のデータを残さない」という対策方法です。FreshVoiceでは、共有データはサーバーに書き込まれることなく、サーバーを通過していく設計となっています。そのため、盗まれる可能性があるデータはそもそもサーバーに存在せず、被害を受ける心配がありません。

さらに、FreshVoiceをオンプレミス版で導入すれば、社外にネットワークをつなげることなくWeb会議が実施できます。こうして外部からの侵入経路を減らすことで、より強固なセキュリティにすることが可能です。

3クリックで会議を開始できる

FreshVoiceは、Web会議を開始するまでの手間が少なく、最短3クリックでWeb会議が開催できます。具体的には、FreshVoiceのアプリを開き、電話帳ボタンをクリックし、会議に呼びたい相手へコールするだけです。

FreshVoiceはアプリで実行されるWeb会議システムであるため、会議を開催するまでの手間が少なくなっています。ブラウザを利用したWeb会議システムでは、ブラウザからWeb会議をおこなうページを開くところから始まるので、開催の設定をするまでにも工数がかかります。一方、FreshVoiceはアプリを開けば、3クリック以内ですぐに会議を開催することができます。

少ない手順でWeb会議を開催できる大きな要因として挙げられるのが、電話帳機能です。電話帳の使い方は簡単で、あらかじめ登録しておいたユーザーをクリックすれば、会議に呼び出すことができます。グループ単位での登録もできるので、グループの呼び出しも1クリックで可能です。

導入コストを抑えられる

導入する際のコストを抑えられるのも、FreshVoiceの魅力です。ASP版は利用する同時接続数によって月額料金が決まるため、運用状況にあわせて無駄のない価格で利用することができます。同時接続数の範囲内であれば、会議の開催数に制限はありません。

なお、セキュリティ性が高いオンプレミス版を導入する場合は、月額料金を払う必要がなくなります。しかし、長期的に利用するならASP版より得になるものの、初期費用は高額です。

初期費用を極限まで抑えてオンプレミス版を導入するには、レンタルプランを検討するとよいでしょう。オンプレミス版のレンタルでは、ASP版と同様に月額料金が発生しますが、少ない初期費用での導入することが可能です。

最大250拠点の同時接続・24時間接続できる

FreshVoiceでは、最大250拠点の同時接続が可能です。拠点とは、パソコンやスマホなどの端末を指します。マルチデバイスに対応しており、外出先でもiPhoneやiPadを使ってWeb会議に参加することができます。

Web会議の画面には、最大16拠点までの映像が同時に表示されます。17拠点以上ある場合は、タブを切り替えることで表示する映像を変更可能です。それぞれの拠点を全画面表示する機能もあります。

また、FreshVoiceは24時間接続することができます。会議を開始するまで3クリックという簡単操作で24時間利用できるため、気軽に利用しやすい点も特徴といえるでしょう。

FreshVoiceに適している企業

先述した通り、FreshVoiceは、販売開始以降ハッキング被害を受けていないという実績をもっています。その強固なセキュリティがWeb会議に必要とされる企業に、FreshVoiceは適しているといえるでしょう。実際に、銀行や保険会社といったような、情報漏洩に細心の注意を払わなければならない企業がFreshVoiceを導入しています。

そして、導入のしやすさや使いやすさを重視したい企業や、はじめてのWeb会議システム導入で迷っている企業にも、FreshVoiceは適しています。なぜなら、パソコンが苦手な人でも操作に困らないシンプルな画面であることに加え、徹底したサポートによって顧客が抱える課題や疑問の解消をおこなっているからです。なお、導入前にはWeb会議の品質や機能が体感できる、デモンストレーションを実施することもできます。

FreshVoiceのシリーズ比較

ここでは、Web会議に利用できる他シリーズ製品、「LFV(Lite FreshVoice)」と「FreshVoice Webinar」との違いを比較していきます。

項目 FreshVoice LFV(Lite FreshVoice) FreshVoice Webinar
利用形態 アプリ ブラウザ アプリ、ブラウザ
接続端末数 最大250拠点 15拠点推奨 最大200拠点
適している用途 大~中企業 中~小企業 ウェビナー

まず、利用形態についてです。FreshVoiceでは、ASP版とオンプレミス版の両方とも、アプリをインストールし、アプリ上で通話します。対してLFVとFreshVoice Webinarはインストールレスで提供されており、ブラウザ上で通話する形式となっています。FreshVoice Webinarをスマホで使う場合は、アプリをダウンロードして参加することもできます。

次に、会議ごとの接続端末数についてです。FreshVoiceは250拠点まで参加可能で、FreshVoice Webinarは200拠点までのウェビナー参加者が接続できます。LFVはシステム上の制限はありませんが、安定した通信環境のために15拠点までの通信が推奨されています。

そして、適している用途についてです。接続端末数の違いから、FreshVoiceは大企業に、LFVは中小企業に向いているといえます。FreshVoice Webinarは名前の通りウェビナー向けのシリーズとなっており、発言したい人が挙手できるなどの、ウェビナーに適した機能が搭載されています。

Zoomとの比較

Web会議によく利用されている、Zoomと比べてみましょう。FreshVoiceとZoomで大きく異なる点として、セキュリティの高さと料金が挙げられます。

項目 FreshVoice Zoom
導入形態 クラウド、オンプレミス クラウド
セキュリティ 販売開始以来、被害なし 過去に問題発生
料金 有料 無料(有料プランあり)

FreshVoiceは、ASP版とオンプレミス版ともに強固なセキュリティで守られており、不正アクセスやハッキングなどの被害が報告されていません。一方Zoomでは、悪意をもった外部ユーザーによって、画面共有に不適切な画像が映し出されるという問題が起こりました。すでに対策はとられていますが、シーンに応じて適切な設定をする必要があります。

料金面では、無料で利用できるZoomのほうが優勢です。FreshVoiceは月に万単位の費用がかかりますが、Zoomは基本無料で利用することができます。Zoomの有料プランを利用するとしても、月に数千円の費用で済みます。ただし、セキュリティや通信品質を踏まえると、FreshVoiceのコストパフォーマンスは優れているといえるでしょう。

価格・料金プラン

FreshVoiceを、月額払いで契約する場合の価格は設定されています。ただし、利用する環境によって価格が大きく変動するため、接続数を多くしたい場合やオンプレミス版で導入する場合には、見積もりが必要になります。見積もりは無料でできるので、導入を検討する際は気軽に問い合わせてみてください。

また、ASP版では2週間の無料トライアルを申し込むこともできます。
料金プランは以下の通りです。

項目 リミット10
従量課金プラン
リミット20
従量課金プラン
フラット
定額プラン
初期費用 110,000円 110,000円 110,000円
月額費用①
(同時接続数が2~5台の場合)
16,500円 27,500円 19,800円~
月額費用②
(同時接続数が6~10台の場合)
27,500円 55,000円 57,200円~
利用可能時間 月に10時間まで利用可能
(超過料金:77円/分)
月に20時間まで利用可能
(超過料金:77円/分)
無制限

機能一覧

FreshVoiceは、セキュリティ以外の機能も優れています。たとえば、映像や音声の品質が高い点です。映像はフルHDに対応しており、ブルーレイディスクと同等の画質で表示することができます。音声はノイズ制御やエコー制御がおこなわれるため、発言がクリアに聞こえます。さらに、ミキシング処理がおこなわれるため、会議で発言が重なってもお互いを書き消すことなく、しっかりと聞こえます。

ほかにも、会議中に映像や音声が途切れないように、解像度や保存データ量を自動的に変更する機能が備わっています。そのため、250拠点で会議を実施しても、途切れにくく安定した接続を保つことができます。

また、資料共有機能で共有された資料には、それぞれの拠点から直接書き込みしたり、遠隔操作で編集したりできます。この機能により、共有された資料を通じたやりとりが容易におこなえます。

ブラウザ通話 バーチャル背景
スマホアプリ通話 通話前の設定確認・プレビュー
デスクトップアプリ通話 表示レイアウト変更
画面共有 字幕・翻訳
資料共有 ダイヤルイン
ホワイトボード 文字起こし
チャット Q&A
リアクション 挙手
メモ ピクチャ・イン・ピクチャ(モバイル)
画面録画 使用状況管理
録画共有 グループ管理
アンケート 権限割当
任意ルームID設定 ビジネスチャット連携
ルームパスワード設定 カレンダー連携
ブレイクアウト ブラウザ拡張機能
背景ぼかし メール拡張機能

提供環境・技術情報

提供形態

  • クラウド
  • パッケージソフト
  • オンプレミス – Windows

OS

  • Windows
  • iOS
  • iPadOS

アプリ

  • PC – Windows
  • スマホ – iPhone
  • スマホ – iPad

API連携・サービス連携

FreshVoiceは、他のシステムと連携させるといった柔軟なカスタマイズが可能です。たとえば、アフラック社は「Active Directory」と連携するカスタマイズをおこなうことで、なりすましを防ぐことができる、シングルサインオン機能を実装しました。
参考:アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)の導入実績|WEB会議システムのエイネット

セキュリティ

FreshVoiceでは、最高レベルの256bitで通信を暗号化したり、会議の呼び出しにメールを利用しなかったり、サーバーに一切データを残さなかったりと、万全のセキュリティ対策が講じられています。

オンプレミス版を導入すれば、外部からの侵入経路を塞ぎ、より強固なセキュリティにすることができます。

暗号化通信 データバックアップ
ユーザー管理 シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理 二段階認証
アクセスログ管理 ワンタイムパスワード
デバイス管理 IPアドレス制限
プライバシーマーク VPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ) BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ) SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報) GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護) CCPA
CSMS(IEC 62443-2-1)(制御システムセキュリティ) ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス) データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明 データエクスポート制限
24時間356日監視 AD連携
ブレイクアウト ブラウザ拡張機能
背景ぼかし メール拡張機能

サポート

FreshVoiceを実際に利用できるデモンストレーションのように、導入前から手厚いサポートを受けることができます。導入後は、たとえ使い方がわからなくなったとしても、マニュアルや教育サポートで解決できます。

ほかにも困ったことがあれば、リモートメンテナンスで対応してもらえます。それでも解決しない場合は、専任のサポーターによって直接対応してもらうことも可能です。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. ラインワークスの使い方とは?評判・料金・機能も解説!

  2. 総務業務をDX化する3つのメリットと注意点

  3. VQSコラボ Businessの機能・価格・評判を紹介!

  4. ビジネスチャットのマナーとは?注意点や円滑なやりとりのコツを解説!

  5. Dr.オフィスBackupEYE2の機能・価格・評判を紹介!

  6. CONTRACTHUB@absonneとは|nssolが提供する電子契約サービス

  7. 政府のDX推進施策とは?DXに関わる法律や制度を解説!

  8. Web会議の背景11選|ビジネスで利用できる背景を紹介

  9. JANDIの特徴・価格・機能を紹介!

  10. クラウドコントラクトの特徴・価格・機能を紹介!