DPS for Salesの特徴・価格・機能を紹介!

営業支援ツールは営業活動を効率的かつ効果的におこなうためのツールですが、ツールによっては現実の営業活動とうまく対応できずに、その効果を発揮しきれない場合もあります。「DPS for Sales」では、既存のツールが持つ課題を解決したうえで、SFA導入の本来の目的を果たせるでしょう。本記事では、DPS for Salesの特徴や機能・価格を紹介します。

DPS for Salesとは

DPS for Salesとは、顧客管理や案件管理・スケジュール管理といったさまざまな機能を搭載した、営業支援ツールです。多数の導入実績を誇り、豊富な業務ノウハウを蓄積しているintra-mart社が開発した、業界最後発のツールです。

SFAで解決したい課題はもちろんのこと、SFAが持つ課題も解決しているので、非常に使いやすく業務効率を向上させることができるでしょう。

DPS for Salesの特徴

DPS for Salesの特徴としては、以下のようなことが挙げられます。

  • Excel資産を最大限活用できる
  • 名刺情報を有効活用できる
  • 商談情報を戦略的に活用できる

それぞれの特徴について、説明します。

Excel資産を最大限活用できる

DPS for Salesでは、Excel上のデータシートから必要なデータをExcel関数を利用して集計するだけで、オリジナルの帳票を作成することができます。帳簿にはグラフなどを加えることも可能です。

作成したオリジナルの帳票はDPS for Salesに登録でき、名称やカテゴリーなども実際に業務内容などに沿って自由に編集することができます。

登録したオリジナル帳票はDPS for Sales上ですぐに活用できるうえ、帳票は直接データベースの値を参照しているので、数字もリアルタイムで更新されて常に最新の状況を把握することが可能です。

名刺情報を有効活用できる

DPS for Salesのアプリに搭載されているカメラで名刺を撮影することで、即座に名刺データへと変換されて、DPS for Salesに登録されます。

DPS for Salesに取り込まれた名刺情報は、顧客ごとに整理整頓されるので、顧客に対する営業活動と紐付けて管理することが可能です。

それぞれの名刺の担当者には「会った回数」が表示されており、名刺の持ち主に対するこれまでの営業履歴を確認することができます。

商談情報を戦略的に活用できる

商談情報には、受注予定日や見込金額といった基本的な情報に加えて、商談の性格や戦略的な位置付けといったさまざまな情報を登録することができます。

画面の情報視認性も高いので、現在のフェーズや受注確度などがひと目でわかりやすく確認できるのは、大きなメリットです。

進行が停滞している商談や期をまたぐ商談など、リスクのある商談もリアルタイムに可視化することができます。

価格・料金プラン

DPS for Salesにはクラウド版、プライベートクラウド版、オンプレミス版があり、料金プランはそれぞれ「フルプラン」と「ライトプラン」の2種類が用意されています。
フルプランは「情報を更新・参照できる」ユーザーライセンスで、ライトプランは「情報を参照できる」ユーザーライセンスなので、権限などに応じて利用するプランを変更することで、導入費用を抑えることが可能です。

料金プランは以下の通りです。

プラン名 クラウド
(フル)
クラウド
(ライト)
プライベートクラウド
(フル)
プライベートクラウド
(ライト)
オンプレミスプラン
(フル)
オンプレミスプラン
(ライト)
初期費用0円0円問い合わせ問い合わせ問い合わせ問い合わせ
月額費用4,500円2,500円3,500円1,500円100,000円30,000円
補足Accel-Martプラン契約275,000円〜Accel-Martプラン契約275,000円〜intra-mart Accel Platform購入1,000,000円〜
保守料年間20,000円
intra-mart Accel Platform購入1,000,000円〜
保守料年間6,000円

機能一覧

DPS for Salesには、顧客管理・案件管理・名刺管理・オリジナル帳票といった、営業活動をサポートするための多種多様な機能が搭載されています。SFA機能のほかにも、スケジュール管理や会議室予約といった便利な機能が搭載されているので、さまざまな角度から業務をサポートしてくれるでしょう。

パイプライン管理アトリビューション分析
商談・案件管理エリア分析
ユーザー割当・アサイン機能ユーザー管理
見積書・請求書作成組織管理
承認プロセス・ワークフロー任意の管理項目
スケジュール管理自動化・RPA
タスク管理組織単位のカスタマイズ
スコアリング機能個人単位のカスタマイズ
ドキュメント管理管理項目のカスタマイズ
予実管理レイアウトのカスタマイズ
日報管理フィード・コミュニティ機能
地図機能グループチャット
連絡先・取引先管理個人チャット
見込み客管理プロジェクト管理
活動履歴管理カレンダー機能
検索・フィルター掲示板機能
顧客セグメント・属性分類データインポート(ローカルファイル)
キャンペーン管理データインポート(競合システム)
メール配信API連携
Webフォームチャットツール連携
ランディングページCTI・BPX連携
A/BテストSNS連携
アンケート機能SFA連携
名刺管理MA連携
OCR・デジタル化メールアプリ連携
ダッシュボード名刺管理アプリ連携
レポート作成ヘルプデスクシステム連携
リアルタイム更新Web会議ツール連携
予測分析ERP連携
RFM分析経費精算システム連携
デシル分析

提供環境・技術情報

DPS for Salesの提供環境・技術情報は、以下の通りです。

提供形態

  • クラウド
  • オンプレミス  Windows
  • オンプレミス  Mac

OS
問い合わせ

ブラウザ
問い合わせ

アプリ
問い合わせ

API連携・サービス連携

DPS for Salesは、googleカレンダーなどの外部システムと連携させることも可能です。DPS for Salesで作成した活動予定をgoogleカレンダーと連携させることで、DPS for Salesを利用していないチーム外の人とのスケジュール調整もおこないやすくなるなど、多くのメリットが期待できます。

セキュリティ

DPS for Salesのセキュリティ情報は公式HPに記載がありませんでした。
導入前に問い合わせをしておきましょう。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 6244321)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

intra-mart DPSでは月に2~3回程度、営業活動に役立つセミナーを随時開催しています。セミナーに参加できない場合は、ホームページ上からメールでの問い合わせをおこなうこともできるので、そちらでサポートをおこなってもらうとよいでしょう。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. 名刺管理アプリ比較16選!おすすめアプリや選び方を紹介!

  2. アプリ対応のSFA6選|営業活動をさらに効率化しよう!

  3. DocuSign(ドキュサイン)とは|価格や使い方、評判などを解説

  4. 保険VOSの特徴・価格・機能を紹介!

  5. クラウド型CRMツール(顧客管理システム)7選

  6. MOT/TEL(モッテル)の特徴や魅力、料金プラン、機能一覧を紹介

  7. TeamViewer ミーティングの機能・価格・評判を紹介!

  8. 【2022年1月】電子帳簿保存法改正4つの要点をわかりやすく解説

  9. CRMの事例集|EC・通販業界・スポーツ業界での導入効果はいかに

  10. ApeosPlus Cards Rの特徴・価格・機能を紹介