ネクストSFAの特徴・価格・機能を紹介!

営業活動の効率化を目指す営業支援ツールには、使いやすさや見やすさが求められます。導入したのはいいものの、うまく運用できないということがないように、自社にあったツールを選ぶことが大切です。本記事では、営業支援ツール「ネクストSFA」の特徴や機能・価格を紹介します。

ネクストSFAとは

ネクストSFAは、機能を営業管理に特化させた営業支援ツールです。リスト作成や案件管理・データ分析などの機能を備えており、営業体制に合わせてカスタマイズして利用することができます。使いやすさと見やすさを意識して設計されているため、組織に定着しやすく、業績改善に大きく貢献してくれるでしょう。

ネクストSFAの特徴

ネクストSFAの特徴として、次の3点が挙げられます。

  • 見やすく使いやすい
  • 営業体制に合わせてカスタマイズができる
  • 無料サポートが充実している

それぞれの特徴について、説明します。

見やすく使いやすい

上述したように、ネクストSFAは見やすく使いやすいことを意識して設計されています。毎日使うツールだからこそ、直感的にストレスなく操作できることのメリットは、非常に大きいです。
マイページやシェアボードに表示しているアイテムの配置換えなどもドラッグ&ドロップで対応可能なため、難しい操作は必要ありません。

営業体制に合わせてカスタマイズができる

簡単な設定で、営業体制や管理項目に基づいてカスタマイズができるため、それぞれの企業に最適な形態で運用することができます。
項目の作成や表示順序の変更などを任意におこなうことができるので、実際に利用しながら都度最適な形に変更していくことが可能です。
細かなカスタマイズに関しても、サポート担当者がベストな設定方法を検討・案内してくれるので安心です。

無料サポートが充実している

ネクストSFAでは、メール・チャット・電話・訪問・Web会議といったさまざまなサポートを、すべて無料でおこなっています。
運用開始1カ月後にはサポート担当からのヒアリングもおこなわれるので、疑問点や悩みなどがあれば、このときに解消するとよいでしょう。

このような充実したサポート体制により、97.5%という高い定着率(2021年2月時点)につながっています。

価格・料金プラン

ネクストSFAの料金体系は非常にシンプルで、必要なのは月額の基本利用料とユーザー利用料だけです。(月額の利用料には10ユーザー分の利用料も含む)
初期費用がかからないという点や、プランがいくつも用意されているわけではないという点も、費用面でツールを比較検討したい場合にややこしくありません。

なお、メール一括配信機能などのオプション機能を利用する場合は、上述した費用に加えて別途費用がかかる点には注意しておきましょう。

料金プランは以下の通りです。(※税抜価格)

プラン名
初期費用無料
月額費用基本利用料:50,000円(10ユーザー)ユーザー利用料:4,000円/1ユーザー(11ユーザー目から)
補足メール一括配信機能・セールスマップ機能:月額15,000円
「帳票作成機能」:月額5,000円 ~(フォーマットにより異なる)
MA機能:月額30,000円(メール配信数上限10万件/月)※配信数の追加は5,000円/5万件

機能一覧

ネクストSFAでは、案件管理や行動管理・アプローチ管理といった、営業管理に役立つさまざまな機能が利用できます。

各種外部サービスと連携してデータを自動反映させることもできるので、営業職だけでなくバックオフィスの業務効率改善にも効果的です。

パイプライン管理アトリビューション分析
商談・案件管理エリア分析
ユーザー割当・アサイン機能ユーザー管理
見積書・請求書作成組織管理
承認プロセス・ワークフロー任意の管理項目
スケジュール管理自動化・RPA
タスク管理組織単位のカスタマイズ
スコアリング機能個人単位のカスタマイズ
ドキュメント管理管理項目のカスタマイズ
予実管理レイアウトのカスタマイズ
日報管理フィード・コミュニティ機能
地図機能グループチャット
連絡先・取引先管理個人チャット
見込み客管理プロジェクト管理
活動履歴管理カレンダー機能
検索・フィルター掲示板機能
顧客セグメント・属性分類データインポート(ローカルファイル)
キャンペーン管理データインポート(競合システム)
メール配信API連携
Webフォームチャットツール連携
ランディングページCTI・BPX連携
A/BテストSNS連携
アンケート機能SFA連携
名刺管理MA連携
OCR・デジタル化メールアプリ連携
ダッシュボード名刺管理アプリ連携
レポート作成ヘルプデスクシステム連携
リアルタイム更新Web会議ツール連携
予測分析ERP連携
RFM分析経費精算システム連携
デシル分析

提供環境・技術情報

ネクストSFAの提供環境・技術情報は、以下の通りです。

提供形態

  • クラウド

OS

  • Windows
  • macOS
  • Android
  • iOS
  • iPadOS
  • Chrome OS

ブラウザ

問い合わせ

アプリ

  • PC – Windows
  • PC – Mac
  • スマホ – iPhone
  • スマホ – iPad

API連携・サービス連携

ネクストSFAは、Googleマップや会計freee・chatworkなどのさまざまなサービスとの連携が可能です。
公式サイト上に記載がないツールでも、APIによってはサービス連携の開発が可能な場合もあるので、気になる場合は問い合わせてみましょう。なお、連携には別途料金が発生する場合もあります。

セキュリティ

ネクストSFAのセキュリティに関する詳細は、ホームページでは確認することはできませんでした。

ただ、ネクストSFAを運営しているジオコード社は、ISMS認証(ISO27001:2013)情報セキュリティシステムを取得しています。運営会社がセキュリティに関してしっかりとした意識を有しているので、ネクストSFAのセキュリティもしっかりしていると期待できます。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 6244321)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

ネクストSFAには、メール・チャット・電話・訪問・Web会議といったサポートがあり、すべて無料で利用することができます。定期的に参加費無料のセミナーも開催しています。

また、ホームページには「よくあるご質問」が載せられているので、そちらを確認することで簡単な疑問であればすぐに解消することができます。
サポート体制が充実しているので、利用するにあたって不安に感じることはないでしょう。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. Chatterの特徴・価格・機能を紹介!

  2. DX推進のための取り組み内容や6つの手順・成功事例

  3. DXとデジタル化の違いやそれぞれの定義を分かりやすく解説

  4. ZONEの特徴・価格・機能を紹介!

  5. ビジネスチャットのシェアと市場規模は?主要サービスの機能・料金一覧表あり

  6. ハイ!経費の特徴・価格・機能を紹介!

  7. 採用DXとは?重要性や得られるメリットを解説

  8. 経費精算がめんどくさいと感じる原因と対策とは|システムの選び方も

  9. みんなの電子署名の特徴・価格・機能を紹介!

  10. ftelの特徴・価格・機能を紹介!