BizMagicの特徴・価格・機能を紹介!

営業活動を効率的かつ効果的に支援するために、営業支援システムは重要な役割を果たします。営業支援システムに搭載されている機能は、それぞれのシステムごとに異なるので、自社が必要としている機能を搭載しているものを選ぶことが重要です。この記事では、営業支援システム「BizMagic」の特徴や機能・価格を紹介します。

BizMagicとは

BizMagicは機能セレクト型の営業支援システムで、使う機能だけを選んで導入することができます。顧客管理・接点履歴・日報などの多様な機能を備えており、複数の案件を一元管理することができます。

使いやすくわかりやすい画面構成になっているので、営業支援システムを利用したことがない人でも、感覚的に利用しやすいのは大きなメリットです。

BizMagicの特徴

BizMagicの特徴としては、以下のようなことが挙げられます。

  • ベースライセンスだけでも導入可能
  • 多種多様なオプションライセンス
  • 導入支援からアフターフォローまでをサポート

それぞれの特徴について、説明します。

ベースライセンスだけでも導入可能

後述しますが、BizMagicには多種多様なオプションライセンスがあり、それが大きな魅力の一つです。しかし、そういったオプションライセンスを利用せずにベースライセンスだけでの導入も可能なので、まずは使い勝手を確かめるためにベースライセンスだけで導入してみる、ということも可能です。

ベースライセンスだけでも、顧客管理・接点記録・日報といった営業支援に必要な最低限のサービスを、利用することができます。

多種多様なオプションライセンス

BizMagicには、ベースライセンスに加えて利用できるさまざまなオプションライセンスがあります。オプションライセンスとして用意されているのは、案件・グループウェア・見積・導入物件・顧客の声などですが、こういった機能を備えている営業支援システムはほかにもあります。

ただ、BizMagicでは機能がオプション形式になっているので、必要な機能だけを選んで利用することで導入・運用の費用を抑えることができるというのが、大きなメリットです。

導入支援からアフターフォローまでをサポート

営業支援システムの最適な運用方法は業務内容によって変わってきますが、BizMagicでは導入前に運用方法を一緒に組み立ててもらうことができます。

導入後も、設定のための研修や大人数での操作研修などの研修メニューが設けられているので、システムの使い方を習熟できるでしょう。

運用開始後は定期的に運用フォローもおこなってくれるので、使っていて気になる点や疑問点がある場合でも、対応してもらうことができます。

価格・料金プラン

BizMagicでは、クラウド版とオンプレミス版の2つの料金体系が用意されています。費用はそれぞれで全く異なるので、費用対効果を考えたうえで利用するライセンスの数を判断するのがよいでしょう。

プラン名 クラウド版 オンプレミス版
初期費用58,000円25,000円/1ライセンス(最低契約数5ライセンス)
月額費用2,000円/1ライセンス(最低契約数5ライセンス)
補足最小契約月数:6カ月
グループウェア:500円/月案件:500円/月導入物件:500円/月顧客の声:500円/月ワークフロー:500円/月見積:500円/月定期戦略:500円/月プロジェクト:500円/月プロジェクトコスト:500円/月クラウドカスタマイズ適用費用:100,000円/月
年間保守費用やインストール費用など別途必要

機能一覧

BizMagicでは、ベースライセンスとして顧客管理や接点記録・気付かせ機能・メール機能などが利用できます。
また、グループウェア・顧客の声といった機能もオプションで利用することができるので、必要な機能のみに絞って導入・運用することが可能です。

パイプライン管理アトリビューション分析
商談・案件管理エリア分析
ユーザー割当・アサイン機能ユーザー管理
見積書・請求書作成組織管理
承認プロセス・ワークフロー任意の管理項目
スケジュール管理自動化・RPA
タスク管理組織単位のカスタマイズ
スコアリング機能個人単位のカスタマイズ
ドキュメント管理管理項目のカスタマイズ
予実管理レイアウトのカスタマイズ
日報管理フィード・コミュニティ機能
地図機能グループチャット
連絡先・取引先管理個人チャット
見込み客管理プロジェクト管理
活動履歴管理カレンダー機能
検索・フィルター掲示板機能
顧客セグメント・属性分類データインポート(ローカルファイル)
キャンペーン管理データインポート(競合システム)
メール配信API連携
Webフォームチャットツール連携
ランディングページCTI・BPX連携
A/BテストSNS連携
アンケート機能SFA連携
名刺管理MA連携
OCR・デジタル化メールアプリ連携
ダッシュボード名刺管理アプリ連携
レポート作成ヘルプデスクシステム連携
リアルタイム更新Web会議ツール連携
予測分析ERP連携
RFM分析経費精算システム連携
デシル分析

提供環境・技術情報

BizMagicの提供環境・技術情報は、以下の通りです。

提供形態

  • クラウド
  • オンプレミス  Windows
  • オンプレミス  Mac

OS

  • Windows
  • iOS
  • Android

ブラウザ

  • Google Chrome
  • Firefox

アプリ

問い合わせ

API連携・サービス連携

BizMagicは、Googleマップ、Outlook予定表、商奉行クラウドなどと連携させることも可能です。Googleマップと連携させることで訪問客の周辺にある客先を地図上で確認できたり、Outlook予定表と連携させることでBizMagicに登録した予定がそのままOutlook予定表に表示されたりするので、非常に使い勝手がよいです。

連携できるサービスは徐々に増えているため、今後より使い勝手がよくなっていくことも期待できるでしょう。

セキュリティ

BizMagicのセキュリティに関する詳細は、ホームページでは確認することができませんでした。営業支援システムでは、顧客に関する情報を中心に膨大な量の情報を取り扱います。セキュリティ詳細が気になる場合は、運営会社に問い合わせてみるといいでしょう。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 6244321)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)
データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

BizMagicでは、紹介動画やカタログ資料をダウンロードしたり、Webミーティングで商品を紹介してもらったりすることができます。ホームページからメールで問い合わせをおこなうこともできるので、そちらを利用してのサポートを期待することも可能です。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. BIZTELコールセンターの特徴や魅力、料金プラン、機能一覧をご紹介

  2. 資料共有ができるWeb会議システムおすすめ10選

  3. ネオ・クイックコールの特徴・価格・機能を紹介!

  4. 経費精算アプリ比較8選|無料で使えるアプリや比較のポイントを紹介!

  5. みんなの電子署名の特徴・価格・機能を紹介!

  6. Web会議で役立つSkypeの使い方|ほかのサービスとの違いも解説!

  7. コールセンター業務に役立つCRM7選|システムの機能やメリットも紹介

  8. コールセンターにおけるアウトバウンドとは?成功のコツも紹介!

  9. 【かんたん図解】CRMとは?CRMの基本をわかりやすく解説

  10. HubSpot Sales Hubの特徴・価格・機能を紹介!