cyzenの特徴・価格・機能を紹介!

現在数多くのSFAシステムやCRMシステムがリリースされていますが、導入しても活用しきれていないという人も多いでしょう。そこで今回は、使いやすさに特化した業務改善プラットフォーム「cyzen」の機能や魅力を紹介します。

cyzen(サイゼン)とは

cyzenは導入した企業の従業員が使いたいと思えるような、使いやすさに特化したプラットフォームシステムです。手間を極力省く設計となっているため、一般的なSFA・CRMシステムに抵抗がある人でも使いやすいでしょう。

また、システム管理者が扱いやすいノーコード設計で、管理も簡単です。使いやすいシステムによって集められたデータはより真実に近いものが抽出され、経営戦略やマネジメントにも活用することができます。

cyzenの特徴

cyzenの主な特徴として、システムの使いやすさ、現場から経営層まで幅広く使えるシステムの活用性の高さ、別のツールとの連携、便利な機能の多さなどが挙げられます。とくにcyzenは使いたいと思えるように工夫されているのが特徴です。
ここでは、cyzenの特徴について詳しく紹介します。

入力が負担にならないプラットフォームシステム

cyzenはユーザーの負担にならないことを第一に考えて開発されているため、機能全般がどの従業員からでも使いやすくなっています。
現場で働く従業員のなかには、SFAやCRMシステムの入力をわずらわしく感じる人もいるでしょう。場合によっては入力作業が滞ったり、導入したシステムが使われないままだったりということも考えられます。

しかし、cyzenはスマートフォンベースで操作できるため、PC操作が苦手な人も使いやすいシステムとなっています。洗練されたユーザーインターフェースにより、入力に負担を感じづらい点も特徴です。

また、cyzenはSFA・CRMシステムではなく、システムの基盤となるプラットフォームなので、既存のシステムと連携して情報を取り出すことができます。
使いやすさだけでなく、情報の取り扱いに関する柔軟性の高さも魅力の一つです。

入力だけでなくシステムの管理・カスタマイズや分析も容易

cyzenは管理関連も使いやすさを重視されています。データを入力するフォーマットの設定やフローの作成、現場から得たデータの分析はノーコードで、直感的に操作することが可能です。

また、cyzenは経営層から現場の従業員まで、幅広い層でシステムを活用できるのも特徴です。具体的には、以下のような活用方法が考えられます。

現場・入力作業の効率化
・残業時間の減少
マネージャークラス・管理コストの削減
・データを活用したマネジメント
経営層・データをもとにした費用対効果の検証
・経営戦略の考案

また、cyzenは環境構築や難しい操作が不要なクラウドアプリなので、契約から最短1日で導入が完了できるようです。そのため、すぐに導入したいというニーズを満たすこともできます。

必要な機能・ツールはcyzenと連携可能

cyzenは、SFAを中心としたさまざまなツールやソフトと連携することができます。連携できるのはSFAツールや名刺管理ツール、勤怠管理ソフト、スケジュールソフト、日報ソフト、チャット系ツールなど、日々の業務には欠かせないツールとの連携が可能です。

cyzenを導入して、既存ツールと連携させることで、社内の環境や業務内容に合った使い方ができるようになるでしょう。自社に合ったSFAシステムの開発にかかる費用と手間を節約できる点は、大きなメリットです。

多種多様な機能でモバイルワークにも対応

cyzenには、高い汎用性を誇る30種類もの機能が搭載されています。
なかでも、下記の機能はリモートワークやモバイルワークでも有効活用できるでしょう。

  • 活動記録と共有
  • スポット(顧客データの管理)
  • 報告書
  • コミュニケーション機能(報告書へのイイネやコメント)
  • 予定
  • メッセージ
  • メンバー画面(メンバーの勤務状況やその日の予定)
  • 勤務状況把握
  • プッシュ通知
  • 主観報告(4つの主観から顧客に対する印象を決定)
  • 分析ダッシュボード
  • 写真管理(写真と地図の紐づけ)
  • オートワークログ(訪問の記録・ログ)
  • 交通費自動計算

たとえば、リモートワーク中に先方企業に訪問する場合には、GPS情報にもとづいた活動記録によって本当に訪問しているかを確認することができます。さらに、訪問した従業員は帰社することなく、スマートフォンからでも報告書を作成することが可能です。

また、主観報告という機能では、報告書を提出する際に4段階で評価を付けることができます。こうした機能を活用することにより、リモートワーク中の従業員間でのコミュニケーションがより生産的になるでしょう。

価格・料金プラン

cyzenは料金プランは以下の通りです。初期費用やそのほかの利用価格は問い合わせによる見積りが必要です。会社の規模や利用人数、連携したいツールやシステムによっても異なるため、詳しく知りたい場合には問い合わせてみるとよいでしょう。

プラン名
初期費用問い合わせ
月額費用3,500円/1ID
補足10ID単位での契約

機能一覧

cyzenは一般的なSFAシステムとは違った、独特な機能が数多く搭載されています。
一般的なSFAシステムにも搭載されている活動記録や共有、社外からの報告書の作成、スケジュールの共有のほか、リモートワークでも活用できる機能を兼ね備えているのがポイントです。

たとえば、勤務状況把握やメンバーの予定確認、チャット機能などは離れた場所で働く場合に役立ちます。また、社外で勤務することが多い営業担当に向け、予定の地図表示や地図を活用した顧客情報の表示、交通費の自動計算、歩数計、GPSを活用した移動ログなどは、活動の証拠にもなり、営業担当とマネージャー双方にとってプラスに働くでしょう。

パイプライン管理アトリビューション分析
商談・案件管理エリア分析
ユーザー割当・アサイン機能ユーザー管理
見積書・請求書作成組織管理
承認プロセス・ワークフロー任意の管理項目
スケジュール管理自動化・RPA
タスク管理組織単位のカスタマイズ
スコアリング機能個人単位のカスタマイズ
ドキュメント管理管理項目のカスタマイズ
予実管理レイアウトのカスタマイズ
日報管理フィード・コミュニティ機能
地図機能グループチャット
連絡先・取引先管理個人チャット
見込み客管理プロジェクト管理
活動履歴管理カレンダー機能
検索・フィルター掲示板機能
顧客セグメント・属性分類データインポート
(ローカルファイル)
キャンペーン管理データインポート
(競合システム)
メール配信API連携
Webフォームチャットツール連携
ランディングページCTI・BPX連携
A/BテストSNS連携
アンケート機能SFA連携
名刺管理MA連携
OCR・デジタル化メールアプリ連携
ダッシュボード名刺管理アプリ連携
レポート作成ヘルプデスクシステム連携
リアルタイム更新Web会議ツール連携
予測分析ERP連携
RFM分析経費精算システム連携
デシル分析

提供環境・技術情報

cyzenを利用するにはWindowsかmacOSを搭載したPC、またはAndroidかiOSのどちらかを搭載したスマートフォンが必要です。また、スマートフォンの場合はサポートライフサイクルとして、対象範囲を更新しています。

サポートライフサイクルは次の通りです。

  • iOSは公開してから2年半経過したOSはサポート対象外
  • Androidは公開してから3年半経過したOSはサポート対象外

スマートフォン端末によってはOSの更新ができない機種もあるので、購入する際は十分注意が必要です。

さらに、PCに関しても、Windows7はすでにサポートを廃止しているため利用ができません。加えてWebブラウザもInternet Explorerのサポートが終了予定となっているため、互換性のあるMicrosoft Edgeへの切り替えがおすすめです。

提供形態

  • クラウド

OS

  • Windows
  • mac OS
  • Android
  • iOS
  • iPadOS

ブラウザ

  • Microsoft Edge
  • Google Chrome
  • Firefox
  • Safari

アプリ

  • スマホ – Android
  • スマホ – iPhone
  • スマホ – iPad

API連携・サービス連携

cyzenは正確にいうとSFAシステムではなく、システムの基盤を提供するプラットフォームです。そのため各種ツールやシステムとの連携が可能となっています。
cyzenは複数のシステムと連携できる、連携力の高さも魅力の一つです。連携できるシステムの詳細については、問い合わせで確認するとよいでしょう。

API連携が完了すると、外部のプログラムからcyzenの機能を利用できるようになります。なお、導入時に環境構築が必要になるので、連携システムがあればcyzenの見積り時に問い合わせてみてください。

セキュリティ

cyzenは常時SSL通信による通信をおこなっています。また、サーバー上のデータも個人情報にかかわるものはすべて暗号化されます。そのほか、cyzenのセキュリティに関する情報は以下の通りです。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001
(情報セキュリティ)
BCP対策
ISO/IEC 27017
(クラウドサービスセキュリティ)
SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701
(プライバシー情報)
GDPR
JIS Q 15001
(個人情報保護)
CCPA
CSMS(IEC 6244321)
(制御システムセキュリティ)
ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000
(ITサービス)
データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

cyzenの利用時に不明点があれば、電話、メール、問い合わせフォームのいずれかで問い合わせることが可能です。
また、cyzenの活用について、運用コンサルティングを依頼することができます。各業種に合わせた運用方法を指導してくれるので、初めてSFAシステムを導入する企業でも安心して利用できるでしょう。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. CTIとPBXの違い|システム機能と導入のメリットを徹底解説

  2. DXサービス提供会社の選び方や企業に必要とされる理由とは

  3. corner(コーナー)の機能・価格・評判を紹介!

  4. 社内SNSアプリ10選!無料で使えるものも多数あり!

  5. 「paperlogic 電子契約」とは?料金や評判、他サービスも紹介!

  6. Sales Force Assistantの特徴・価格・機能を紹介!

  7. 企業におけるコールセンターの役割とは?その種類や求められるスキル

  8. MEDIA-CTIの機能・価格・評判を紹介!

  9. ftelの特徴・価格・機能を紹介!

  10. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!