ハッスルモンスターの特徴・価格・機能を紹介!

「ハッスルモンスター」は商談した内容や商談相手となる企業情報を登録できるだけでなく、日報の作成にかかる手間も削減することができるシステムです。今回はハッスルモンスターの機能や特徴、料金などを紹介します。

ハッスルモンスターとは

ハッスルモンスターは商談の内容や顧客情報を登録し、管理の手間を削減できるシステムです。また、情報が社内全体で共有でき、日報作成にも活用することができます。顧客や商談を管理するシステムの多くは導入にコストがかかりますが、ハッスルモンスターは少人数でも低コストで利用できます。

さらに、便利なスマートフォンアプリも提供されているため、社外からでも簡単に情報が登録することができます。移動時間をより有効に使え、業務効率が導入前と比べて格段に向上できるのがポイントです。

ハッスルモンスターの特徴

ハッスルモンスターの特徴として、業務内容の効率化、情報管理の利便性向上、顧客情報の重複防止、低コストでも利用可能などが挙げられます。これまで従業員がおこなっていた業務を極力効率化し、より重要な業務に時間を割くことができるようになります。

ExcelやWordを使わずに簡単に情報登録できる

ハッスルモンスターを利用する大きなメリットとして、従来メインとして利用されていた、ExcelやWordなどを使わずに情報登録できるという点が挙げられます。

Excel、Wordは柔軟性が高く機能が充実していますが、操作方法を覚える手間が多く、慣れない従業員にとっては大きな負担になるかもしれません。
しかし、ハッスルモンスターを利用すれば、用意された入力画面に従って情報を登録していけばよいので、初めて使用する場合でも簡単に活用することができます。

詳細な情報が記載可能で書類添付もできる

ハッスルモンスターには詳細な情報まで登録できます。顧客名、法人番号、代表者名、住所といった基本的な情報のほか、3つのメモ欄や担当している社員の氏名と電話番号、提案している商品の一覧など、登録できる情報はさまざまです。
入力できる情報が多く、後でその情報を閲覧する際にも、有効に情報を活用できるようになります。また、基本的な企業情報を登録できるため、相手先の情報を探す手間を省くことが可能です。

法人番号登録で顧客情報の重複が防げる

先ほど挙げた通り、顧客情報として法人番号が登録できます。法人番号の登録により、データの重複を防ぐことが可能です。また、よく似た名前の企業と混合せず、しっかり区別できるので誤りの防止にもなります。

少人数でも低コストで導入できる

ハッスルモンスターはクラウドアプリケーションなので、導入コストがかかりません。インターネットに接続でき、ウェブラウザが動作するPCがあれば、ハッスルモンスターの利用をスタートできます。

また、1人あたり月額1,000円で利用できるので、従業員が少ない企業や、人員の増減が激しい部署など、多種多様な職場環境に適応するのもハッスルモンスターの特徴です。

価格・料金プラン

ハッスルモンスターは1ユーザーあたりの月額利用料が1,000円と、少ないユーザー数でも低コストで導入することができます。

また、人数を自由に調整できるので、どんな企業、形態でも導入しやすいのがメリットです。実際のシステムが気になる場合は、2カ月間の無料お試し期間を利用するとよいでしょう。

ハッスルモンスターの料金プランは以下の通りです。(※税抜価格)

プラン名
初期費用問い合わせ
月額費用システム利用料:10,000円
ユーザー課金:10,000円(10名まで一律)
補足※11名以上のユーザー課金は、1,000円/1ユーザー

機能一覧

ハッスルモンスターには優れた商談管理機能があります。ExcelやWordなど、従来のツールを使用せず、用意された入力画面に従って商談情報を入力できるので、入力の手間も検索のしやすさも格段に向上します。

また、外出先の社外でもスマートフォンアプリを活用して商談情報の入力できるので、作業効率も向上します。そのほか、日報作成の手間削減や社内・支店間での情報共有も可能で、入手した情報をさらに活用できるメリットもあります。

パイプライン管理アトリビューション分析
商談・案件管理エリア分析
ユーザー割当・アサイン機能ユーザー管理
見積書・請求書作成組織管理
承認プロセス・ワークフロー任意の管理項目
スケジュール管理自動化・RPA
タスク管理組織単位のカスタマイズ
スコアリング機能個人単位のカスタマイズ
ドキュメント管理管理項目のカスタマイズ
予実管理レイアウトのカスタマイズ
日報管理フィード・コミュニティ機能
地図機能グループチャット
連絡先・取引先管理個人チャット
見込み客管理プロジェクト管理
活動履歴管理カレンダー機能
検索・フィルター掲示板機能
顧客セグメント・属性分類データインポート
(ローカルファイル)
キャンペーン管理データインポート
(競合システム)
メール配信API連携
Webフォームチャットツール連携
ランディングページCTI・BPX連携
A/BテストSNS連携
アンケート機能SFA連携
名刺管理MA連携
OCR・デジタル化メールアプリ連携
ダッシュボード名刺管理アプリ連携
レポート作成ヘルプデスクシステム連携
リアルタイム更新Web会議ツール連携
予測分析ERP連携
RFM分析経費精算システム連携
デシル分析

提供環境・技術情報

クラウドサービスであるハッスルモンスターは、環境構築の手間と費用がかかりません。インターネットに接続でき、Webブラウザが使えるPCがあれば利用を開始することができます。

また、社外から情報を登録したり閲覧したりする際は、スマートフォンアプリの利用が便利です。OSはiOS、Androidどちらでも利用でき、それぞれApp StoreとGooglePlayでインストールすることができます。

提供形態

  • クラウド

OS

  • macOS
  • Android
  • iOS

ブラウザ

問い合わせ

アプリ

  • スマホ – Android
  • スマホ – iPhone
  • スマホ – iPad

API連携・サービス連携

ハッスルモンスターのAPI連携・サービス連携に関する情報は、現在のところ公開されていません。詳細については、問い合わせとなります。

セキュリティ

ハッスルモンスターのセキュリティ情報は現時点で公開されていません。
しかし、提供元であるリスクモンスター社では、独自の情報セキュリティポリシーを定め、「情報資産に対する適切なセキュリティ対策を実施する」としています。
詳しいセキュリティ対策については、問い合わせをおすすめします。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001
(情報セキュリティ)
BCP対策
ISO/IEC 27017
(クラウドサービスセキュリティ)
SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701
(プライバシー情報)
GDPR
JIS Q 15001
(個人情報保護)
CCPA
CSMS(IEC 6244321)
(制御システムセキュリティ)
ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000
(ITサービス)
データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

ハッスルモンスターのサポート情報は、現在のところ公開されていません。詳細を知りたい場合には、問い合わせが必要です。また、公式サイトではハッスルモンスターのサービスマニュアルが公開されています。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. みんなの電子署名の特徴・価格・機能を紹介!

  2. 経費精算をキャッシュレス化する5つのメリットを徹底解説

  3. 領収書とは?役割をわかりやすく解説!レシートとの違いや書き方、注意点を理解しよう

  4. らくらく旅費経費の特徴・価格・機能を紹介!

  5. Salesforceと連携できる名刺管理7選|無料で使えるツールも!

  6. GoodCallの機能・価格・評判を紹介!

  7. バックオフィスのDX推進が急務!その理由や導入時のポイント

  8. Web会議のコツ|目線や司会進行の方法、営業での工夫も紹介

  9. ネオ・クイックコールの特徴・価格・機能を紹介!

  10. ビジネスチャットとは?機能やメリット、無料で使えるサービスまですべてがわかる