GRIDY SFAの特徴・価格・機能を紹介

現在は営業活動を効率化するSFAシステムと、顧客との関係性をより良くするCRMシステムでさまざまな製品が販売されていますが、「GRIDY SFA」はこの2つの機能が融合した便利なシステムです。今回はそんなGRIDY SFAの特徴や利用料金を紹介します。

GRIDY SFAとは

GRIDY SFAは基本機能を活用することで、営業効率化とよりよい顧客アプローチが実現できるシステムです。また進行中の案件を集計して分析できるので、社員同士で適切な対応が期待できます。また、Google カレンダーに登録したスケジュールを取り込むことで簡単に営業報告が作成できるなど、便利な連携も充実しています。

GRIDY SFAの特徴

GRIDY SFAにはデータ入力の手軽さ、PDCAサイクルの高速化、社員間でも情報共有できるなどの特徴があります。ここではGRIDY SFAの特徴を紹介します。

たった3ステップで営業報告とSFAデータが蓄積できる

GRIDY SFAの特徴として情報入力の手軽さがあります。従来のSFAシステムは入力する情報が多く入力の煩わしさがありましたが、GRIDY SFAはスケジュール、商談、報告先の入力だけで入力が完了します。

また、そのほかの情報は検索機能が付いており、既存のデータを活用して入力することもできます。

PDCAサイクルを高速化できる

連携機能としてリリースされている「GRIDY SmartPhone」を使えば、社外からスマートフォンアプリケーションを通してGRIDY SFAが使用できます。これにより商談前の顧客情報・商談内容の確認、移動時間をした営業報告などが可能になるので、PDCAがより高速化できます。

GRIDY SFAを活用すれば、商談前に情報を確認して計画を練り実行し、帰宅途中にアプリからの評価を受けて、改善がおこなえるようになります。

価格・料金プラン

GRIDY SFAを含む統合ビジネスアプリケーション「Knowledge Suite」には3つのプランがありますが、GRIDY SFAを利用するにはSFAスタンダードかSFAプロフェッショナル、どちらかのプランで契約する必要があるので注意しましょう。

以下は料金プランの表になります。(※税抜価格)

プラン名 グループウエア SFAスタンダード SFAプロフェッショナル
初期費用問い合わせ問い合わせ問い合わせ
月額費用6,000円50,000円80,000円
補足※GRIDY SFAは利用不可ID数:無制限
容量:5GB
(超過1GBあたり8,750円/月)
ID数:無制限
容量:50GB
(超過1GBあたり8,750円/月)

機能一覧

GRIDY SFAには以下のような機能が備わっています。たとえば、商談や案件管理機能を活用すれば、営業の状況をフェーズごとに追うことができ、商談の受注見込みや見込み総額、履歴がひと目で把握できるため、効率的な営業活動につなげられます。

また、顧客管理機能を活用することで、以下のような顧客にかかわる業務が俯瞰的にチェックできます。

  • 商談
  • スケジュール
  • 営業報告
  • ファイル
  • ToDo
パイプライン管理アトリビューション分析
商談・案件管理エリア分析
ユーザー割当・アサイン機能ユーザー管理
見積書・請求書作成組織管理
承認プロセス・ワークフロー任意の管理項目
スケジュール管理自動化・RPA
タスク管理組織単位のカスタマイズ
スコアリング機能個人単位のカスタマイズ
ドキュメント管理管理項目のカスタマイズ
予実管理レイアウトのカスタマイズ
日報管理フィード・コミュニティ機能
地図機能グループチャット
連絡先・取引先管理個人チャット
見込み客管理プロジェクト管理
活動履歴管理カレンダー機能
検索・フィルター掲示板機能
顧客セグメント・属性分類データインポート
(ローカルファイル)
キャンペーン管理データインポート
(競合システム)
メール配信API連携
Webフォームチャットツール連携
ランディングページCTI・BPX連携
A/BテストSNS連携
アンケート機能SFA連携
名刺管理MA連携
OCR・デジタル化メールアプリ連携
ダッシュボード名刺管理アプリ連携
レポート作成ヘルプデスクシステム連携
リアルタイム更新Web会議ツール連携
予測分析ERP連携
RFM分析経費精算システム連携
デシル分析

提供環境・技術情報

GRIDY SFAの提供環境や技術情報は以下の通りです。なお、OSはWindows Vista / XPおよびそれ以前のOSでの動作は保証対象外となっています。

OS

  • Windows
  • macOS

ブラウザ

  • Internet Explorer
  • Microsoft Edge
  • Google Chrome
  • Firefox

アプリ

  • スマホ – Android
  • スマホ – iPhone

API連携・サービス連携

GRIDY SFAはGoogle カレンダーと連携することが可能です。同カレンダーに記載されたスケジュールをGRIDY SFAに呼び出すことで営業報告として登録できます。カレンダー、GRIDY SFAへの二重入力を防ぎ円滑に業務を進められます。

セキュリティ

GRIDY SFAは情報セキュリティのマネジメントシステム規格であるISO/IEC 27001を取得しています。ISO/IEC 27001取得システムであることのメリットとして、以下が挙げられます。

  • 情報リスクの低減
  • 社員の情報セキュリティに対する意識やモラルの向上
  • コンプライアンスの推進と社内外からの信頼獲得
暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001
(情報セキュリティ)
BCP対策
ISO/IEC 27017
(クラウドサービスセキュリティ)
SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701
(プライバシー情報)
GDPR
JIS Q 15001
(個人情報保護)
CCPA
CSMS(IEC 6244321)
(制御システムセキュリティ)
ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000
(ITサービス)
データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

GRIDY SFAの導入に伴い、導入支援サービスが利用できます。導入支援サービスを利用するには、フォームからの問い合わせが必要です。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. Talknoteの特徴・価格・機能を紹介!

  2. ユー名刺(名刺Sonar)の特徴・価格・機能を紹介

  3. AI-FAQボットの機能・価格・評判を紹介!

  4. BizForecast FC(連結決算・連結会計ソリューション)の機能・価格・評判を紹介!

  5. 社内SNSのメリットとデメリット|成功させる秘訣も解説!

  6. SugarCRMとは?基本的な機能や料金・使い方をわかりやすく解説

  7. MarkONEシリーズの機能・価格・評判を紹介!

  8. Qastの使い方や料金・評判は?Slack連携もできる情報共有ツール

  9. レシートポストの特徴・価格・機能を紹介!

  10. クラウドコントラクトの特徴・価格・機能を紹介!