TableCheckの機能・価格・評判を紹介!

TableCheckとは

『TableCheck』は、株式会社TableCheckが開発・提供する飲食店向け予約・顧客管理システム。国内外26カ国・地域の約5000店舗(2020年9月末時点)で利用され、その機能性の高さからミシュラン掲載店や人気店、ホテルレストランの多くが導入しているシステムです。

1. 最高水準の機能性の予約・顧客管理システム「TableCheck」

『TableCheck』は、株式会社TableCheckが開発・提供する飲食店向け予約・顧客管理システム。国内外26カ国・地域の約5000店舗(2020年9月末時点)で利用され、その機能性の高さからミシュラン掲載店や人気店、ホテルレストランの多くが導入しているシステムです。

「Dining Connected ~世界中のレストランとカスタマーをつなぐプラットフォーム」をミッションに掲げるTableCheckの予約・顧客管理システムは、飲食店の現場オペレーションやコストを最小限に抑え、予約や売上を最大化することを目的に設計されており、直観的で素早い操作性、詳細で多様なデータ活用が可能です。

また、外部サービスとの連携も多数おこなっており、「Googleで予約」や「Instagram」との連携では、多方面からの予約に対してオウンドメディアを最大限活用することを推進します。。さらに、業界最多のPOSレジサービス連携実績を誇り、データ活用支援にも注力しているのもポイントです。

TableCheckの主な特徴は次の4つです。

  1. 国内唯一の「無断キャンセル被害ゼロ」機能
  2. 送客手数料0円!グルメサイトも電話予約もすべて一元管理
  3. 一歩進んだデータ活用で、リピーター獲得や顧客満足向上サポート
  4. 業界最多18か国語対応
TableCheckの使用イメージ

2. 国内唯一の「無断キャンセル被害ゼロ」対策

年間の被害総額は約2000億円とも言われる「無断キャンセル被害」。2日前キャンセルも含めるとその被害総額は1.6兆円にものぼるといいます(※1)。TableCheckでは、その被害をゼロにする「キャンセルプロテクション」機能を業界唯一実装しています。ユーザーに予約時クレジットカード情報を入力してもらうことで、万が一キャンセルが発生しても、提示しているキャンセルポリシーに沿ったキャンセル料の請求ができる仕組みです。これにより、無断キャンセルによる被害を実質ゼロにすることが可能です。

「キャンセルプロテクション」機能は、各店舗に合わせて柔軟に設定できるのも魅力です。
事前決済型、デポジット型、与信枠押さえ型などがあり、それらを、メニュー単位、人数ごと、国ごとなど自由自在に設定できます。

現在約1,700店舗が同機能を利用中(2020年9月末時点)。海外からの団体予約が多い店舗では、月100件の無断キャンセルが発生していたが、同機能導入後、ほぼゼロになったという事例もあります。


団体客予約や高額コースの予約が増える年末年始の繁忙期、無断キャンセル被害を最小限におさえるために最も有効な対策の一つといえます。

※1:経済産業省「No show(飲食店における無断キャンセル)対策レポート」より

3. 送客手数料0円!グルメサイトも電話予約もすべて一元管理

TableCheckなら、24時間365日リアルタイムの空席情報にもとづいた即予約の受付が、送客手数料なしで可能です。これにより、グルメサイト経由の予約で発生する送客手数料を大幅に減らすことができます。さらに自動予約取り込み機能により、これまで予約管理にかかっていた業務負担も軽減することができます。

電話予約でも端末上で簡単な操作で予約作成や配席ができるほか、電話自動応答で予約を受付ける「みせばん」機能(特許取得済)などもオプションで設置が可能です。定休日や営業時間外の予約取りこぼしを防げたり、営業中の電話対応で人手をとられず接客や料理に集中できたりといったメリットがあります。

機能一覧

機能 詳細
予約・顧客管理 飲食店などのあらゆる予約の管理を自動化し、予約情報や顧客情報などを一元管理。
キャンセルプロテクション 予約時にクレジットカード情報を入力してもらうことで、万が一のキャンセル発生時にも対応。
みせばん 営業中や定休日に予約電話がかかってきても、予約受付を自動化して取りこぼしゼロに。
コンタクトレス決済 予約時のカード情報入力により、店頭での会計を不要にするコロナ時代のニューノーマルな決済サービス
CTI連携 お客様からの着信と同時に顧客情報を表示することで、一歩進んだ電話対応を。
Insight(インサイト) 飲食店経営に関するあらゆる数値を瞬時に可視化し、より正しい経営分析、判断に導く飲食店のためのデータ分析ツール

価格・料金プラン

項目 料金
初期費用 40,000円~
月額費用 13,000円~
詳細 席数などによって異なります

導入実績

ヒルトンやハイアットなどのグローバルホテルチェーンのレストランや、ミシュラン星付き店や人気店を中心に国内外25カ国・地域の約5000店舗の飲食店が導入。高級食パン専門店や人気スイーツ店など行列課題を抱える店でも利用が広がっています。

企業情報

企業名 TableCheck
資本金 100,000,000円
代表者名 谷口優
従業員数 100~299名
設立年 2011年
上場区分 非上場

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. PrimeMeetingの特徴・価格・機能を紹介

  2. ホットプロファイルの特徴・価格・機能を紹介!

  3. eセールスマネージャーRemix MSの特徴・価格・機能を紹介!

  4. BizForecast FC(連結決算・連結会計ソリューション)の機能・価格・評判を紹介!

  5. Workplace from Facebookの特徴・価格・機能を紹介!

  6. SFA「サスケ」の機能、料金、評判は?事例も紹介!

  7. Amazon Connectの特徴・価格・機能を紹介!

  8. Tetraの特徴・価格・機能を紹介!

  9. 【法務DX】電子契約推進のカギは組織横断的コミュニケーションにあり #SaaS導入ストーリー(クラウドサイン×ウォンテッドリー)

  10. Call Hackerの機能・価格・評判を紹介!