SFA(営業支援システム)の比較・選び方のポイントを解説!

SFAには、クラウド、アプリ対応など、さまざまなものがあり、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。この記事では、SFA選びのポイントも解説します。

更新日:2022.10.25

SFA(営業支援システム)とは、営業活動を効率化するためのツールです。SFAには、クラウド、アプリ対応など、さまざまなものがあり、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。この記事では、SFA選びのポイントに焦点を当てて解説します。

この記事では、以下の3つのポイントでSFA(営業支援システム)を比較します。

  1. コストパフォーマンスの高さ
  2. アプリに対応しているか
  3. 機能は充実しているか

これらの比較ポイントを踏まえて、自社に最適なSFA(営業支援システム)を選んでください。

▼SFA比較24選はこちら

SFA(営業支援システム)とは

SFA(営業支援システム)とは、「Sales Force Automation」の略で、営業活動を効率化するためのシステムです。SFAの基本的な機能は「顧客管理」や「案件管理」、「行動管理」などです。顧客情報をSFA上で一元管理することで、社内での情報共有を簡単にし、連携や引き継ぎのミスを防止します。また、「案件管理」では、商談履歴や案件の進捗を管理することで、営業活動の属人化を防止し、アプローチの最適化をおこなうことができます。「行動管理」の機能を使えば、コール数や商談数、成約率などの業務プロセスを可視化することもでき、営業担当の行動を管理し、評価に活用することができます。

SFA(営業支援システム)について詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

関連記事:SFAとは?機能やメリットなどを徹底解説!システム比較も!

SFA(営業支援システム)導入のメリット

SFA(営業支援システム)を導入するメリットは、「営業活動の可視化」と「営業プロセスの標準化」「営業活動の効率化」です。
SFAはその名の通り営業活動を支援するための機能が搭載されています。「顧客管理」「案件管理」で営業活動を可視化することで、営業のボトルネックとなる部分を発見し、営業手法の改善に活かすことができます。また、情報をSFA上で管理することで、業務の属人化を防止し、営業のノウハウ・ナレッジを蓄積することができるため、営業担当のスキルアップや営業の標準化につながります。

SFA(営業支援システム)選びのポイント

ここまで、SFA(営業支援システム)の基本知識やSFAのメリットについて紹介してきました。ここからは、SFA(営業支援システム)選びの3つのポイントを紹介します。

コストを抑えるなら、クラウド型のSFAがおすすめ

SFA(営業支援システム)には、クラウド型とオンプレミス型のツールがあります。導入コストを抑えたいなら、クラウド型のSFAを選ぶとよいでしょう。クラウド型のSFAは、ベンダーのサーバーを利用してシステムを使います。そのため、自社にサーバーを設置したり、システムを一から構築する必要がないため、導入や保守のコストをかけずに導入することができます。
クラウド型のSFAが気になる方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

関連記事:クラウド型SFAの特徴や機能を比較!無料サービスも紹介

外出が多いなら、アプリ対応のSFAがおすすめ

営業は、訪問営業や外回りなどで外出が多い場合もあるでしょう。営業担当が外出することが多い場合は、モバイルアプリに対応しているSFAがおすすめです。
アプリに対応しているSFAであれば、顧客への訪問前に顧客情報や商談履歴を確認することができるため、万全の状態で商談に望むことができます。また、アプリで情報を入力することができれば、空いた時間で簡単に活動履歴などを残すことができるため、業務の効率化にもつながります。

関連記事:アプリ対応のSFA6選|営業活動をさらに効率化しよう!

しっかり活用したいなら、機能やカスタマイズ性が高いSFAがおすすめ

SFAには多くの機能があり、システムによって搭載されている機能のレベルはさまざまです。たとえば、「案件管理」や「行動管理」といった基本的な機能に加えて、見積書作成や名刺管理、メール配信、日報管理といった機能が搭載されているSFAがあります。また、ダッシュボードをカスタマイズできるものもあります。

基本的な営業支援の機能だけではなく、さまざまな機能を使ってSFAをフル活用したいと思うなら、追加費用なしですべての機能が使えるSFAや、カスタマイズ性の高いSFAを選ぶとよいでしょう。
SFAは機能が多ければよいというわけではなく、少ない機能で十分なのであれば、それに見合った機能のSFAを選ぶことが重要です。基本機能にプラスして、必要な機能だけをオプションで追加するという手もあります。
さらに、自社の要望に合わせてより柔軟にカスタマイズしたい場合には、クラウド型のSFAよりも、一からシステムを構築するオンプレミス型のSFAのほうが適しているかもしれません。

関連記事:SFAの機能まとめ|主要SFAの機能比較もあり

SFAを比較して自社に合うシステムを導入しよう!

いかがでしたか?実際にSFA(営業支援システム)は多くのサービスがあり機能や料金もサービスによってさまざまです。今回紹介した選び方のポイントを参考に、システムを比較して自社に最適なSFA(営業支援システム)を導入しましょう。

カテゴリから記事を探す

記事を絞りこむ

サイト制作・運営

RPA・アウトソーシング

セキュリティ・アクセス管理