産休中の年末調整はどうする?還付金や受けられる控除、扶養控除の書き方を解説!

あり、基本的に一人ひとりの従業員に対して実施する必要があります。しかし、産休中の従業員の年末調整の手続き方法は、一般的な従業員と異なることもあります。当記事では、産休中の従業員の年末調整の必要性や手続き方法などについてわかりやすく解説します。産休中の年末調整の扱い方について知りたい方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

更新日:2022.9.7

年末調整は、雇用主の義務であり、基本的に一人ひとりの従業員に対して実施する必要があります。しかし、産休中の従業員の年末調整の手続き方法は、一般的な従業員と異なることもあります。当記事では、産休中の従業員の年末調整の必要性や手続き方法などについてわかりやすく解説します。産休中の年末調整の扱い方について知りたい方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

産休中の社員の年末調整は必要?

産休中の従業員の年末調整は、原則として必要です。一年を通じて勤務している人は年末調整の対象になるため、会社は産休中の従業員に対しても年末調整をおこなう義務があります。年末調整を受けるには、「扶養控除等(異動)申告書」などの書類が必要になるため、産休中の従業員から期限に間に合うように提出してもらいましょう。

ただし、下記のような場合には、年末調整の対象外となるため、年末調整をおこなう必要はありません。

  • 年収が2000万円を超える人
  • 2カ所以上から給与の支払いを受けている人
  • 災害減免法の規定により、その年の給与に対する源泉徴収の猶予や還付を受けた人
  • 非居住者

産休中でも年末調整をおこなうべき理由

年末調整では、その年の1月1日から12月31日までの納めるべき所得税(復興特別所得税を含む)の総額を計算し、それまでに源泉徴収をおこなっていた税額の合計と比べて、過不足金額がある場合には精算をおこないます。

たとえば、その年の途中に従業員が産休に入り、前年よりも収入が減少した場合には、源泉徴収により税金が多く徴収されているという可能性があります。年末調整を実施することで、実際に納めるべき税額と既に支払った税額との差額が還付されます。

また、年末調整では、扶養控除や配偶者控除など、さまざまな控除を受けられます。そのため、控除を適用することで、納税額を減らすことが可能です。

このように、産休中の従業員は、還付や控除を受けられる場合などには、年末調整をおこなうべきといえます。

産休中に年末調整で受けられる控除

ここでは、産休中に年末調整で受けられる主な控除について詳しく紹介します。

配偶者控除・配偶者特別控除

配偶者控除や配偶者特別控除は、所得税法上の控除対象配偶者がいる場合に、年末調整で一定金額の所得控除を受けられます。

ただし、控除を受ける従業員の合計所得金額が1,000万円以下である必要があります。また、配偶者は控除を受ける従業員と生計を一つにしていることが条件です。さらに、配偶者の合計所得金額は一定以下である必要があります。そして、配偶者は、青色事業専従者としてその年に給与の支払いを受けていないことや、白色申告者の事業専従者ではないことも条件になります。

住宅ローン控除(2回目以降)

住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)は、マイホームの取得や増改築等住宅の購入などをおこなう際に、ローンを組み、返済をおこなっている場合に、一定の要件を満たせば、受けられる控除です。なお、住宅ローン控除では、2年目以降は年末調整で対応できます。

産休中でも、住宅ローン控除の対象者であれば、場合によっては控除を受けて、節税をおこなうことが可能です。

保険料控除

保険料控除は、生命保険や地震保険などに加入している場合に、支払った保険料に応じて一定額まで受けられる控除です。

なお、生命保険料控除では、平成23年12月31日以前に契約した場合(旧契約)と、それより後に契約した場合(新契約)で控除額は変わるため、注意する必要があります。

保険料控除は、産休中でも年末調整により受けられるため、節税効果が期待できる場合には、利用しましょう。

産休中の手当ては年末調整の対象になる?

ここでは、産休中の手当ては、年末調整の対象になるのかどうかについて詳しく紹介します。

育児休業給付金

育児休業給付金には、所得税がかからないため、年末調整の対象にはなりません。

育児休業給付金は、雇用保険の被保険者であり、1歳(一定の要件を満たす場合には1歳2カ月、1歳6カ月、もしくは2歳)に満たない子どもを養育するために育児休業を取得し、給与の低下など、一定の要件を満たすことで、受け取れます。

なお、育児休業給付金を受け取るには、育児休業を開始する前の2年間に、就業日(賃金支払基礎日数)が11日以上ある月が12カ月以上あることも条件の一つです。

出産手当金

出産手当金には、所得税がかからないため、年末調整の対象にはなりません。

出産手当金は、健康保険の被保険者であり、出産のために会社を休み、その期間に給与の支払いがなかった場合に、出産日以前の42日間(多胎妊娠の場合には98日間)から出産の翌日以後の56日間までの範囲で支給されます。

なお、実際の出産が予定日より後の場合には、出産予定日を基準とします。また、出産予定日より遅れた場合には、その遅れた期間についても、出産手当金が支給されます。

出産育児一時金

出産育児一時金には、所得税がかからないため、年末調整の対象にはなりません。

出産育児一時金は、健康保険の被保険者もしくは、その被扶養者が出産したときに、出産にかかる費用に充てるために、1児につき42万円が支給されます。ただし、産科医療補償制度に加入していない医療機関などで出産する場合、支給額は40.8万円です。

確定申告が必要となる控除

ここでは、確定申告をおこなければ適用できない控除について詳しく紹介します。

医療費控除

医療費控除を受けたい場合には、年末調整では対応できないため、自分で確定申告をおこなう必要があります。

医療費控除は、その年の1月1日から12月31日までに、自己または自己と生計を一にする配偶者やその他親族のために医療費を支払った場合、医療費が一定金額を超えるときに受けられます。なお、医療費控除を受ける代わりに、セルフメディケーション税制を受けることも可能です。

ふるさと納税などの寄付金控除

寄付金控除を受けたい場合には、年末調整では対応できないため、自分で確定申告をおこなう必要があります。ただし、ふるさと納税をおこなう場合、ワンストップ特例制度を利用すれば、確定申告をしなくても、ふるさと納税の控除を受けられます。

寄付金控除は、国や地方公共団体、特定公益増進法人などに、寄附をおこなった場合に受けられます。

住宅ローン控除(初回)

住宅ローン控除を初めて受ける場合には、年末調整では対応できないため、自分で確定申告をおこなう必要があります。なお、2回目以降は、年末調整で控除を受けられます。

住宅ローン控除を受けるには、所得が3,000万円以下であることや、返済期間が10年以上など、さまざまな要件があるため、注意が必要です。

産休中に収入がなくても年末調整はできる?

産休中に収入がなくても、「扶養控除等(異動)申告書」などの必要書類を勤務先に提出すれば、年末調整をおこなうことができます。

産休中でその年に収入がない場合には、給与所得や源泉所得税額といった欄には0(ゼロ)が記載されて、源泉徴収票が作成・交付されます。

また、その年に収入がない場合には、所得税の精算は不要です。しかし、「扶養控除等(異動)申告書」を勤務先へ提出すれば、翌年の源泉徴収がおこなわれるときに、扶養控除の内容が反映されます。

産休中の年末調整の手続き方法

産休中の従業員は、基本的にほかの一般従業員と同様の方法や期間で、年末調整をおこないます。

ここでは、産休中の従業員の年末調整において必要な手続きについて詳しく紹介します。

配偶者の扶養に入る場合の対応

配偶者の扶養に入ったときでも、企業に在籍している場合、産休中でも年末調整をおこなったほうがよいケースがあります。たとえば、産休によりその年の収入が減少した場合には、配偶者の扶養に入ることで、配偶者(特別)控除を受けられるかもしれません。

この場合、配偶者(特別)控除は、扶養者である配偶者の年末調整で申告できます。一方、被扶養者である産休中の従業員の年末調整では申告できないことになります。

子どもが生まれた場合の対応

子どもが生まれたとしても、その年の年末調整の扶養控除を受けられません。控除対象扶養親族は、扶養親族のうち、その年の12月31日時点の年齢が16歳以上の人です。

生まれたばかりの子どもは16未満であり、控除対象扶養親族に該当しないため、扶養控除を適用できません。ただし、扶養控除は受けられないとしても、「扶養控除等(異動)申告書」の「16歳未満の扶養親族」の欄への記載は忘れないようにしましょう。

産休中の年末調整を理解して手続きを正しくおこなおう!

産休中の従業員の年末調整は、対象外になる場合を除いて必要です。産休中に年末調整をおこなうことで、場合によっては、各種控除や納め過ぎた所得税の還付を受けることができます。

なお、産休中には、育児休業給付金や出産手当金、出産育児一時金といった手当てが支給されることがありますが、いずれも所得税がかからないため、年末調整での申告は不要です。

産休中の従業員は、ほかの一般的な従業員と年末調整の手続きはほとんど変わりません。ただし、配偶者の扶養に入る場合や、子どもが生まれた場合には、手続き方法において注意点があるため、正しい知識を身に付けることが大切です。

カテゴリから記事を探す

記事を絞りこむ

サイト制作・運営

RPA・アウトソーシング

セキュリティ・アクセス管理