年末調整は自分でできる?確定申告との違い、確定申告が必要なケースを解説!

年末調整は、一年の給与に対する所得税額(復興特別所得税を含む)を確定するための重要な手続きです。また、年末調整では、さまざまな控除を受けられるため、納税額を軽減できます。そのため、自分で正しい情報を収集することも大切です。当記事では、年末調整

更新日:2022.9.7

年末調整は、一年の給与に対する所得税額(復興特別所得税を含む)を確定するための重要な手続きです。また、年末調整では、さまざまな控除を受けられるため、納税額を軽減できます。そのため、自分で正しい情報を収集することも大切です。

当記事では、年末調整は自分でできるのかどうかや、年末調整と確定申告の違いについてわかりやすく解説します。年末調整や確定申告に関する知識を深めたい方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

年末調整は自分ではできない

年末調整は、給与の支払者である雇用主が実施するものであり、自分だけで実施することはできません。また、所得税法により、年末調整は雇用主の義務とされており、適切に年末調整を実施しないと、罰則が課されることもあります。そのため、従業員を雇用している企業は、年末調整の対象となる人がいる限り、原則として年末調整をおこなわなければなりません。

ただし、従業員によっては、年末調整の対象外のケースに該当し、自分で確定申告をおこなわなければならないこともあります。確定申告の場合は、自分で確定申告書を作成して、所轄の税務署に提出をおこないます。

このように、年末調整は自分で実施できませんが、確定申告は自分で実施することが可能です。

そもそも年末調整とは?

年末調整とは、毎月(毎日)の給与や賞与などを支払うときに源泉徴収をおこなった税額の合計と、本来納めるべき年税額を比べて、その差額を年末に精算する手続きのことです。

所得税の源泉徴収は、年間を通して毎月の給与が変動しないように作成された源泉徴収税額表をもとに実施されます。また、年の中途で控除対象扶養親族の人数が増減したり、年末調整時に控除を適用したりするため、納税額の過不足が生じ、年末調整で精算する必要があります。

そして、年末調整をおこなうことで、多くの従業員は納税額が確定するため、自分で確定申告をする必要がなくなり、従業員の負担を軽減できます。

年末調整と確定申告の違い

年末調整と確定申告は、両者ともに納税に関する手続きという共通点があります。ただし、年末調整は「先払い」した所得税を勤務先を介して年末に精算する仕組みです。一方、確定申告は年間の収入金額や所得金額、各種控除などを自分で税務署に申告して所得税を「後払い」する仕組みです。

また、申告をおこなう時期が異なります。年末調整は年末に申告するのに対して、確定申告は原則として翌年の2月16日から3月15日までの間に申告します。

そして、年末調整の対象外に該当するケースもあるため、一年中会社に勤めていたとしても自分で確定申告をおこなわければならないこともあります。また、控除の種類によっては、年末調整ではなく、確定申告でないと適用できないものもあります。

自分で確定申告をする必要があるケース

ここでは、自分で確定申告をしなければならない(したほうがよい)ケースについて詳しく紹介します。

会社の年末調整が間に合わなかった場合

会社の年末調整が期限(翌年の1月31日)までに間に合わなかった場合は、自分で確定申告をしなければなりません。

また、年末調整の期限が過ぎた後に、手続きの間違いやミスが見つかったときには、確定申告で訂正・修正できます。なお、年末調整と確定申告を両方を実施して内容が重複した場合には、確定申告の情報が優先される仕組みとなっています。

年収が2000万円を超える場合

一年間の主たる給与収入が2,000万円を超える場合は、年末調整の対象外に該当するため、自分で確定申告をおこなう必要があります。会社に勤めていたとしても、配偶者控除や扶養控除、小規模企業共済等掛金控除などの控除を自分で確認して申告しなければなりません。

そのため、これまでに確定申告をおこなった経験のない方は、手続きに負担がかかる可能性もあるため注意が必要です。

副業などによる収入がある場合

副業などにより、2カ所以上の給与の支払いを受けている方は、合算して所得税を計算し、正しく納税するために確定申告をおこなわければなりません。

2カ所以上の会社から給与をもらっている場合には、「主たる給与」と「従たる給与」のどちらにあたるかを確認することが大切です。なお「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出できるのは、1社のみと定められているため、「主たる給与」をもらっている会社で年末調整をおこないます。

そして、「従たる給与」が年間で20万円以下の場合には、確定申告を実施する必要はありません。ただし、年末調整で受けられない控除を適用したい場合などは、自分で確定申告をする必要があります。

年の途中に退職し、年末調整の時期に再就職していない場合

年の途中で退職し、年末調整の時期までに再就職しない場合には、確定申告をおこなったほうがよいケースもあります。

たとえば、退職した会社で毎月(毎日)源泉徴収されていた所得税の合計が、本来納めるべき年税額より大きいという可能性があります。

確定申告をおこなうことで、納め過ぎた所得税の還付を受けることが可能です。そのため、確定申告を実施するために、退職した後は、きちんと源泉徴収票を保管しておくことが重要といえます。

年末調整で受けられない控除を申告したい場合

確定申告では、年末調整では受けられない控除を申告できるため、確定申告をしたほうがよいケースもあります。

年末調整では受けられない控除は、下記の通りです。

  • 医療費控除
  • 寄付金控除
  • 雑損控除
  • 住宅ローン控除(1年目)

なお、ふるさと納税は、寄付金控除に該当しますが、ワンストップ特例制度を利用すれば、確定申告は不要です。また、住宅ローン控除の2年目以降は、年末調整で対応することが可能です。

ふるさと納税のワンストップ特例制度が利用できない場合

ふるさと納税のワンストップ特例制度とは、一年間の寄付先が5自治体までであれば、確定申告が不要で、ふるさと納税の寄付金控除を受けられる制度のことです。

ワンストップ特例制度を利用する場合、寄付した翌年の1月10日までに申請書が寄付先の自治体に必着という条件があり、間に合わない場合には、自分で確定申告をする必要があります。なお、確定申告をおこなう場合は、ワンストップ特例制度による申請は無効となります。

このように、一年間の寄付先が5自治体を超える場合や、期限内に申請書が寄付先の自治体に到着しない場合は、確定申告をおこなうことで、ふるさと納税の寄付金控除を受けられます。

確定申告をおこなう方法

確定申告をおこなう場合には、その年の1月1日から12月31日までの収入を正しく把握して、年間の所得金額を計算しましょう。また、自分が該当する控除を計算して、確定申告書に記載します。控除を適用する場合には、証拠となる書類を用意しなければならないこともあります。

確定申告書の作成方法には、下記のようにさまざまなやり方があり、自分にあった方法を採用するのがおすすめです。

  • 手書きでおこなう
  • 確定申告書等作成コーナー(国税庁が提供)を利用する
  • 確定申告に対応した会計ソフトを利用する

確定申告書の作成が完了したら、各種提出物を持参して、所轄の税務署に提出をおこないましょう。

年末調整の際に自分で用意する必要がある書類

ここでは、年末調整のときに、自分で用意すべき書類について詳しく紹介します。

源泉徴収票

年の途中で転職した場合、転職先で年末調整をおこなうには、前職の源泉徴収票が必要です。そのため、前職の源泉徴収票を受け取ったら、きちんと保管しておくことが大切です。

また、前職の源泉徴収票が年末調整の期限までに送付されない場合には、自分で確定申告する必要があります。とくに、年末に転職した場合は、必要な書類が揃わず、年末調整を受けられない可能性もあります。

保険料控除申告書

年末調整では、生命保険料控除や地震保険料控除などの保険料控除を受けられます。ただし、保険料控除を受けるには、保険料控除申告書と各種証明書類を自分で用意する必要があります。

年末調整の手続きのときには、保険会社から送付される控除証明書をもとに、保険料控除申告書に記載して、控除証明書とともに勤務先に提出します。

住宅借⼊⾦等特別控除申告書

住宅借⼊⾦等特別控除(住宅ローン控除)を受けるには、1年目は自分で確定申告をする必要があります。2年目以降は、年末調整で控除を受けられます。

年末調整で、住宅ローン控除を受けるには、住宅借⼊⾦等特別控除申告書と、住宅借入金等特別控除証明書を自分で用意して、勤務先に提出する必要があります。

年末調整を正しく理解して、適切な申告をおこなおう!

年末調整は雇用主の義務であり、自分で実施することができません。ただし、確定申告は自分でおこなうことができます。その場合は、自分で収入金額や所得金額、各種控除を計算して、所轄の税務署に申告書を提出する必要があります。

また、会社の年末調整が間に合わない場合や、年収が2,000万円を超える場合などは、確定申告をおこなわければなりません。また、医療費控除や寄付金控除を受けたい場合などは、確定申告を実施したほうがよいケースもあります。

年末調整と確定申告に関する正しい知識を身に付けて、適切な申告をできるようにすることが大切です。

カテゴリから記事を探す

記事を絞りこむ

サイト制作・運営

RPA・アウトソーシング

セキュリティ・アクセス管理