DXログ|DX推進のためクラウドサービス比較サイト

あなたの企業のDX推進室

サービス掲載について

  • カテゴリから探す
  • 記事から探す
  • DXログとは

VPNとは?専用線との違いや接続の仕組みを詳しく解説

Web会議システム

2023.05.31

2023.05.31

近年、テレワークやWebミーティング、オンライン商談など、インターネットを通じてビジネスのやりとりをする機会が増えています。 これに伴いVPNと呼ばれる通信技術が注目されています。 しかし、VPNがどのような通信技術なのか、専用線とどのような違いがあるのかなどを把握していない人もいるでしょう。 この記事では、VPNの仕組みやメリット、デメリットについてわかりやすく解説します。

VPNは拠点間を安全につなぐ通信技術のこと

VPNとはVirtual Private Networkの略で、遠く離れた拠点間を安全につなぐための通信技術です。一般的なVPNでは、ほかのユーザーと共有のインターネット上に、仮想化されたプライベートネットワーク(専用線)を構築することで、安全なデータのやりとりを実現しています。

そのため、日本語では仮想専用線と呼ばれています。街中にある無料Wi-Fiでも、VPNを利用すれば安全に拠点間接続をおこなうことも可能です。

また、VPNには第三者からの不正アクセスや、機密情報の窃取を防ぐため、トンネリング(Tunneling)という技術が使われています。

VPNの安全性を守るトンネリング

トンネリングとは、VPNでデータをやりとりする際に、データを第三者に盗み見られないようにするための技術のことです。

データを小さく分けた単位のことをパケットと呼びます。トンネリング技術では、このパケットに特定のヘッダを付与し、「カプセル化(Encapsulation)」をおこないます。カプセル化とは手紙を封筒に入れるような工程で、受け取り手だけがパケットの中身を把握できます。

カプセル化されたデータやパケットは、ヘッダの情報に基づいて全て特定の行き先に送られるため、外部からは中がどうなっているか分からないトンネルのように、ほかの通信から区別され、不正侵入を防ぎます。また、個々のカプセルは暗号化されるため、万が一、プライベートネットワークに侵入されても、第三者が情報を盗み見ることはできません。

VPNと専用線の違いは複数の拠点と通信可能かどうか

VPNは1990年代から使われはじめた技術ですが、それ以前は安全なデータ通信のため、主に専用線が使用されていました。VPNと専用線にはどんな違いがあるのでしょうか。

VPNがほかのユーザーと共有のインターネットを利用するのに対し、専用線は専用の物理的な通信回線を引くのが特徴です。専用の通信回線は、通信速度や安全性の点で優れていますが、導入にあたって高額なコストがかかります。そのため、専用線は1社に1本導入し、本社と支社など1対1の通信に使用するのがメインでした。

一方、VPNは一般的なインターネット回線をそのまま利用できるため、専用線よりもコストがかかりません。支社と支社、あるいは本社と複数の拠点をつなぐなど、複数の拠点間で通信が可能なのが特徴です。

以下でVPNと専用線の違いを表にして整理しました。

- VPN 専用線
コスト 安価 高価
通信品質 使用する回線による 安定している
安全性 高い 極めて高い
運用管理 容易 専門的な知識が必要


VPNと専用線の違いを把握して、自社のニーズにあったものを選びましょう。

VPN接続の仕組みは?4種類の接続方法を解説

前項では、一般的なVPNには、安全なやりとりのためにトンネリングなどの技術が使われていると解説しました。しかし、VPNの接続方法によって、通信の仕組みが多少異なります。

ここでは、VPNをインターネットVPNとエントリーVPN、IP-VPN、広域イーサネットの4種類に分類し、それぞれの特徴や仕組みを解説します。

1. インターネットVPN

インターネットVPNは、VPNのなかでもっとも手軽に利用できる接続方法です。ほかのユーザーと共用のインターネット回線を仮想化し、プライベートネットワーク(専用線)として利用します。

利用端末にVPNクライアントソフトがインストールされていれば、外出先で無料のWi-Fiスポットを利用し、カプセル化と暗号化を担う装置であるVPNゲートウェイを通じて社内LANに接続することも可能です。ただし、通信速度や安定性は利用するインターネット回線に依存するという特徴があります。

2. IP-VPN(閉域網)

IP-VPN(閉域網)とは、VPN接続専用のインターネット回線を契約し、閉じたネットワークとして利用する接続方法です。ほかのユーザーとインターネット回線が共用ではないため、より安全度の高い接続方法です。コストがやや高額になるものの、物理的な通信回線を引く専用線と比べると安価な接続方法です。

3. エントリーVPN

エントリーVPNも、インターネットVPNのように一般的なブロードバンド回線を利用する接続方法です。ただ、ブロードバンド回線を自社専用の閉域網として利用する点が違います。

そのため、IP-VPNと遜色ない安全性、通信の安定性がありながら、より安価に導入できるという特徴があります。ただし、閉域網と違って通信回線の帯域保証がないため、夜間や休日に利用者が一時的に増えてしまうと、ブロードバンド回線が混みあうので、通信速度が低下する恐れがあります。

4. 広域イーサネット

広域イーサネットは、通信事業者の広域LANを通じてVPN接続をおこなう方法で、ネットワーク構築の柔軟性という点で優れています。

たとえば、複数の拠点を同一の拠点のようにLANでつなぐなど、特殊なネットワーク運用をおこなう場合には広域イーサネットの導入がおすすめです。ただし、導入コストが高額なほか、ネットワーク構築の際に専門的な知識が求められます。

VPNの4つのメリット

VPNの登場により、拠点間通信をより安全に安価に利用できるようになりました。VPNを導入するメリットは4つあります。

テレワークの導入を検討している人は、VPNを通じてリモートデスクトップを利用することで、社内の端末を在宅から安全に閲覧、操作できます。また、VPNはスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末からも接続できるため、外出先であっても安全に業務を進められます。

1. 複数の拠点と安全にやりとりできる

インターネットVPNなどのVPNには、暗号化やトンネリングをはじめとした技術が使われているため、安全な拠点間接続が可能です。VPNを導入すれば、拠点間の会議やミーティング、テレワークなど、遠隔地とやりとりする際も安心です。

より通信の安全性を求める場合は、VPN接続専用のインターネット回線を契約するIP-VPN(閉域網)や、一般的なブロードバンド回線を閉域網のように使うエントリーVPNを導入するといった選択肢もあります。

2. 専用線よりも低コストで導入できる

専用線は通信速度や安全性の点で優れていますが、導入にあたって専用の物理的な通信回線を引く必要があり、コストがかかるというデメリットがありました。VPNなら、専用線よりも低コストで拠点間接続を実現できます。

専用線と違い、拠点間が遠く離れていても、距離に応じて料金が加算されることはありません。VPNなら、日本とアメリカなど、自社と海外拠点を安全かつ安価に結びつけることが可能です。

3. テレワークを推進できる

新型コロナウイルスの感染予防対策のため、テレワークを導入する企業が増えています。

東京都の調べによると、2021年7月時点で、都内企業(従業員30人以上)の61.9%がテレワークを実施していることがわかっています。そのうち、週3日以上テレワークを実施している企業は47.6%と、テレワークは身近な存在となりました。[注1]

テレワークでは、社員が自宅やカフェ、コワーキングスペースなどさまざまな場所から社内のみのネットワークである社内LANに接続するため、エンドポイント(ネットワークの末端)の範囲が大きく広がります。各社員がVPNを通じて接続するように社内ルールを整備することで、テレワーク環境でも安全に社内LANに接続することが可能です。

4. モバイル端末からも接続できる

VPNのメリットとして、さまざまな端末から接続できるという点も挙げられます。最近は、スマートフォンやノートPCなどのモバイル端末からも利用できるVPNアプリやVPNクライアントソフトが登場しています。あらかじめ、VPNゲートウェイ側で設定をおこなう必要はありますが、VPNならモバイル端末から安全に社内LANに接続することが可能です。

出先や外出先で社内の端末に接続する必要があるときも、VPNを導入していればセキュリティリスクを抑え、安全に社内LANへアクセスできます。

VPNの3つのデメリット

一方、VPNを導入する際に注意しておかねばならない点もいくつかあります。たとえば、専用の通信回線を引く専用線と違い、VPNは通信の安定性が使用するインターネット回線に依存するという特徴があります。

また、VPNをより安全に運用するためには、ルーターの定期的なアップデートといった基本的なセキュリティ意識の徹底や、VPNに接続する端末が紛失や盗難に遭った際の対策が必要です。

1. 通信の安定性が使用する回線に依存する

VPN接続を快適に利用するためには、利用するインターネット回線の選定が重要です。VPNの通信の安定性は、利用する回線に大きく依存します。そのため、コストカットのためと、安価なインターネット回線を契約すると、通信速度や通信の安定性が要件を満たさず、社員の満足度を低下させることにもなりかねません。

また、インターネットVPNやエントリーVPNなど、一般的なブロードバンド回線を利用する接続方式の場合、時間帯によって利用者が一時的に増加し、通信速度が低下するリスクもあります。

VPNを導入するときは、社員の視点に立ち、パフォーマンス面もきちんと考慮することが大切です。

2. 安全な運用のため、セキュリティ意識の徹底が必要

VPNには暗号化技術やトンネリング技術などの安全対策がおこなわれていますが、セキュリティリスクはゼロではありません。たとえば、近年ルーター機器やVPNゲートウェイの脆弱性を利用した不正アクセスの事例が発生しています。

「VPNゲートウェイが正しく設定されているかどうか確認する」「ルーター機器のファームウェアのアップデートを定期的に確認する」など、日常的なセキュリティ意識の徹底が必要です。また、VPNの導入がはじめての場合は、従業員に情報セキュリティ教育を実施するなど、日頃の安全対策の必要性を周知徹底しましょう。

3. 端末が紛失や盗難に遭った際の対策を

VPNのセキュリティリスクとしてもう一つ考えられるのが、VPNに接続していた端末が紛失や盗難に遭うケースです。とくにテレワークでは、多くの社員がオフィスの外から社内LANにアクセスするため、VPNを通じて得た情報を外部に流出させない仕組みが必要になります。

もし、利用端末に個人情報や機密情報が保管されている場合、情報漏洩につながる恐れがあります。たとえば、仮想デスクトップ環境に特化し、情報を端末内に保存しないシンクライアント端末を導入するなど、利用端末の紛失や盗難を想定したセキュリティ対策を実施しましょう。

VPNなら安全かつ安価に拠点間通信を実現できる

新型コロナウイルスがきっかけで、テレワークなどの場所にとらわれない働き方が普及した結果、安全な拠点間接続のためにVPNを導入する企業が増えています。VPNにはインターネットVPN、エントリーVPN、IP-VPN、広域イーサネットの4種類があるため、導入目的や社内課題に合ったものを選びましょう。

VPNには、安全かつ安価に拠点間接続を実現できるというメリットがあります。しかし、通信の安定性が使用する回線に依存する点などのデメリットもいくつかあります。VPNを導入するときはエンドユーザーの意見にも耳を傾け、快適な通信環境を実現することが大切です。

[注1] テレワーク実施率調査結果をお知らせします!7月の調査結|東京都産業労働局

サービス資料
ダウンロードリスト

    選択中の資料 0

    個人情報の入力不要で

    ダウンロードいただけます。

    このカテゴリに関連するサービス

    編集部おすすめ記事

    • 領収書の郵送にまつわるマナーや注意点とは?郵送方法や送付状のポイントを解説 経費精算システム
      2023.12.06
    • 請求書に送付状は必要?文例テンプレートやマナーを徹底解説 請求書発行システム
      2023.12.06
    • 請求書の郵送方法は?郵送マナーや封筒・送付状の書き方を紹介! 請求書発行システム
      2023.12.06
    • 領収書の送付状(添え状)の書き方!郵送、メール等の文例やテンプレートも紹介 経費精算システム
      2023.12.06
    • 請求書の電子化とは?電子請求書のメリット・デメリットや法律上の注意点を解説 請求書発行システム
      2023.12.05
    • 請求書の宛名は「御中」と「様」どちらの書き方が正しい? 請求書発行システム
      2023.12.05
    • 請求書のメール送付は可能?文例や注意点・ルールを紹介! 請求書発行システム
      2023.12.05
    • 法定休日と所定休日の違いは?割増賃金のルールや注意点を解説 勤怠管理システム
      2023.12.05
    • 所定労働時間とは?法定労働時間との違いや計算方法を詳しく解説 勤怠管理システム
      2023.12.05
    • 年末調整は自分でできる?確定申告との違いや確定申告が必要なケースを解説! 労務管理システム
      2023.12.04

    企業のみなさまへ

    あなたもDXログにサービスを掲載しませんか?

    あなたもDXログに

    サービスを掲載しませんか?

    今なら無料でサービスを掲載いただけます

    サービス資料をダウンロード

    入力いただいたメールアドレスあてにダウンロードURLをお送りします。
    企業から営業の連絡がくることはありません。

    • 必須

      任意

        個人情報の取り扱いについて 利用規約 に同意する

        サービス掲載企業向け
        DXログ媒体資料

        DXログにサービスの掲載を
        ご検討者様向けの資料です。
        ご登録いただいたメールアドレスに資料を
        お送りいたします。

        • メールアドレス

          必須

          任意

            • 名前

              必須

              任意

                • 会社名

                  必須

                  任意

                    • 電話番号(ハイフンあり)

                      必須

                      任意

                        個人情報の取り扱いについてに同意する