DXの必要性とは?やらないとどうなる?DXに取り組む理由を解説

近年「DX」の必要性が叫ばれていますが、DXはなぜ必要なのでしょうか。また、DXをやらないとどのようなことが起こるのでしょうか?この記事では、DXが必要とされる理由と、企業がDXを実行するのに必要なポイントを解説します。

更新日:2022.5.25

DXとは

近年、DXの必要性が高まってきています。DXとは、デジタルトランスフォーメーションの略で、広義には、デジタル技術の活用によって生活や社会をよりよくすることを指します。企業におけるDXは、経済産業省のDXレポートによれば、デジタル技術によって企業文化やビジネスモデルを変革し、企業の競争優位性を高めることを言います。

関連記事:DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?定義やメリットを解説

DXはなぜ必要?やらないとどうなるの?

近年注目を浴びている「DX」ですが、なぜその必要性が叫ばれるようになったのでしょうか。次に、DXが必要とされる理由について解説します。

古いシステムを刷新し、業務プロセスを効率化するため

DXが必要とされる一つめの理由は、古いシステムの刷新です。経済産業省のレポートによれば、2025年には多くの企業の基幹システムが老朽化し、経済損失が発生すると予想されています。このようなリスクを回避し、経済損失を生まないために、DXは必要とされています。
また、古いシステムを刷新することは、経済損失を防ぐだけではなく、業務プロセスを効率化することにもつながります。新しいシステムを導入・構築することで、従来のシステムでは実現できなかった業務の効率化や、ビジネスモデルの実現も可能です。また、柔軟性の高い新システムを導入すれば、今後の急激な市場の変化にも柔軟に対応することも可能になります。

事業の継続可能性を高めるため

DXが必要とされる二つめの理由が事業の継続可能性を高めることです。感染症の拡大や災害などが発生した場合など、従来の業務プロセスのままでは企業が生産活動を続けられない可能性があります。そのような事態に陥らないよう、企業は事前に緊急時にも事業を継続できるよう計画し、環境を構築することが求められます。
たとえば、ITツールの活用やテレワーク環境の整備、データのバックアップ体制の構築などが、事業継続性を保つ施策として挙げられます。

ビジネスモデルを変革し、顧客価値を高めるため

DXが必要とされるもう一つの理由がビジネスモデルを変革し、顧客への価値を高めることです。この理由がDXの最も大きな理由といっても過言ではないかもしれません。

先ほどDXの定義でも紹介したように、企業におけるDXの目的とは、企業の競争優位性を向上させることです。そのため、DXの取り組みは業務プロセスの効率化や企業文化の変革がゴールではなく、それによって顧客に対する価値を向上させることが求められます。

関連記事:dxのメリット・デメリットとは?

DXを成功させるために必要なこととは

ここまで、DXの必要性について解説してきました。これから企業が生き残っていくうえで必要なDXを成功させるためにはどんなことをおこなえばよいのでしょうか。ここからはDXを成功させるために必要なポイントについて紹介します。

DXの目的と戦略を明確にする

DXをおこなううえでまず必要なのは、DXの目的と戦略を明確にすることです。

DXの取り組みは企業によってさまざまです。自社のビジネスモデルや経営戦略に応じて適切な方法を選ぶ必要があります。そしてそのためには、DXをなぜおこなうのか、何のためにおこなうのか、その目的を明確にすることが重要です。
目的を明確にしたら、次にその目的に合う手法やITツールを選びます。DXを実現するための戦略を策定し、その戦略や推進計画に沿ってDXを実行しましょう。

関連記事:DX戦略が注目される理由とは?成功させるためのポイントを解説

DXを推進する組織体制を構築する

DXを実行するには、DXを推進する組織を構築することが必要です。DX推進室など、主体的にDXをおこなう組織をつくりましょう。また、DX推進を担う人材を確保することが重要です。
これからDXをおこなう企業であれば、DXについての知識を持つ人材が不足していることが多いでしょう。DXの知識を持つ人材を採用したり、外部のコンサルティング企業などに依頼したりすることが必要です。また、DXは長期的に取り組むことが必要であるため、既存の社員がDXの知識を得て、DX推進に参加できるように、社内研修をおこなうことも重要です。

関連記事:DX推進組織の編成タイプや作り方のポイント・成功事例

必要性を理解したうえでDX推進をおこなおう!

DXへの取り組みはこれから企業が生き残っていくのに必要不可欠です。DXの必要性を理解し、その推進のために必要なポイントを踏まえて、DXをおこなっていきましょう。

カテゴリから記事を探す

記事を絞りこむ

サイト制作・運営

RPA・アウトソーシング

セキュリティ・アクセス管理