Dojoの機能・価格・評判を紹介!

Dojoとは

Dojoとは、累計導入企業2,600社以上を誇る革新的な自動マニュアル作成ソフトです。「業務効率化」「マニュアル作成工数大幅削減」「習得度の高いシステム操作教育の実現」「品質統一」といった導入効果を、業種業界を問わず、多くのお客様に実感頂いているDojoは『マニュアル』にとどまらない業務効率化ソリューションを提供します。

1. マニュアル作成ソフト「Dojo」で教育のお悩みを解決します!

マニュアル自動作成ツール「Dojo」では、以下の課題解決が可能です。

  • マニュアル作成に時間がかかる
  • せっかくマニュアルを作ったのに読みづらい、作成した人ごとに作り方がバラバラ
  • 手元に紙のマニュアルも置いておきたいが、説明動画も作りたい
  • 教育コストを削減したい

マニュアルの作成工数削減

PC上の操作を記録し、自動でマニュアル化できるので、マニュアル作成工数を大幅に削減します。

品質統一

Dojoでマニュアルを作れば、フォーマットが統一され、分かりやすいマニュアルを誰でも作ることができます。

豊富な出力形式!Excel・Word・PowerPoint・MP4・HTML5など

Dojoで一度操作を記録すれば、1つのデータからさまざまな形式に出力可能です。Excel・Word・PowerPointなどの紙のマニュアルだけではなく、MP4形式の動画マニュアルも作ることができます。

教育コストの削減

DojoならHTML5形式のシミュレーションできるeラーニングコンテンツも作成できます。マニュアルとして業務内容をまとめるだけでなく、操作を疑似体験できるため、習熟度の向上・社内問い合わせの減少が期待できます。

Dojoの仕組み

機能一覧

キャプチャー機能マニュアル化したい操作を記録できます
編集機能記録した操作を1つの手順ごとに編集できます

価格・料金プラン

Dojoの料金プランは以下の通りです。月額の基本プランに加え、追加オプションで自動音声合成やマニュアルエディタのライセンスを利用することが可能です。

項目料金
初期費用
月額費用1ライセンス:74,800円(税込)
詳細最低利用期間:3カ月

導入実績

活用方法が多岐にわたることから、中堅・大手企業様を中心に累計2,600社以上に導入されています。また、導入企業の業種も情報通信業・製造業、小売業、サービス業とさまざまです。

企業情報

企業名テンダ
資本金100,000,000円
代表者名中村繁貴
従業員数100~299名
設立年1995年
上場区分上場

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. CRM「Vtiger」の評判や機能、料金は?日本語版のインストールも!

  2. IP Messengerの特徴・価格・機能を紹介!

  3. コールセンターのマニュアル作成方法や活用ポイントを徹底解説

  4. ネオ・クイックコールの特徴・価格・機能を紹介!

  5. コールセンターにおけるスクリプトの必要性と作り方を紹介!

  6. SOBA meetingの機能・価格・評判を紹介!

  7. DXの必要性とは?やらないとどうなる?DXに取り組む理由を解説

  8. 電子印鑑GMOサイン(旧:GMO電子印鑑Agree)とは?人気の電子契約サービスを紹介

  9. enjoy.CRMⅢの機能・価格・評判を紹介!

  10. ジンジャー経費の機能・価格・評判を紹介!