blastmailの評判・料金は?APIや開封率測定もできるメール配信ツール

blastmail(ブラストメール)とは?3つの特徴

ブラストメールとは
HPより

ブラストメールは、誰でも簡単にメール配信をおこなうことができるメール配信システムで、多彩の機能があります。ここでは、その特徴について解説します。

誰でも簡単にデザイン性の高いメールを配信できる

ブラストメールは、HTMLの作成エディタが標準搭載されています。専門的な知識がなくても直感的に操作でき、文字の色やサイズの変更や画像の挿入などを簡単におこなうことが可能です。また、メール配信で「本当に使えるレイアウト」が用意されており、迷わずにメールを作成することができます。

開封率など、さまざまな指標で効果測定

ブラストメールでは、配信したメールの開封率などを測定することができるため、マーケティングツールとしても活用できます。開封率の計測では、読まれやすい件名や時間帯などを分析することができます。クリック測定では、メール内のURLをクリックしたユーザーの情報や日時などの情報を取得することが可能です。

API連携で自社システムとの連携が可能

ブラストメールはAPI連携が可能なため、自社のシステムやデータベースとの連携をおこなうことが可能です。顧客データの連携や配信予約、配信結果の連携により、効果的なメール配信をおこなうことができます。

blastmailの使い方は?魅力的な機能を解説!

ブラストメールにはさまざまな機能があります。そのなかでも特徴的な機能について詳しく解説します。

誰でも簡単にメール作成|HTMLメール・デコメール

HTMLメール・デコメール画面
HPより

ブラストメールでは、HTMLエディタが標準搭載されており、HTMLの知識が無くても、直感的な操作で誰でも簡単にメールを作成することが可能です。「マルチパート配信」に対応しており、受信者の環境に応じてテキスト表示ができるため、表示崩れを起こす心配もありません。
また、携帯向けのデコメールを配信することもでき、画像や文字の装飾をしたカラフルなメールが配信可能です。

迷惑メール誤判定を防止できる|DKIM署名

DKIM署名の仕組み
HPより

ブラストメールでは、送信したメールが迷惑メールと誤判定されることを防止する「DKIM署名」が可能です。「DKIM署名」とは送信ドメイン認証技術のひとつで、正しい発行元から送信された改ざんのないメールであることを証明します。DKIM署名を用いることで信頼性を保ち、迷惑メール判定を防止します。

開封率やクリック率を測定|効果測定ツール

ブラストメールでは、さまざまな指標で効果測定をおこなうことが可能です。配信したメールの配信結果のほか、配信したHTMLメールの開封率や開封したユーザー、時間を測定することも可能です。クリック測定することもでき、測定用のURLでクリック数やクリックしたユーザー、時間をリアルタイムで測定します。また、エラー回数をカウントすることもでき、宛先を配信対象から除外することも可能です。

blastmailの料金

blastmailの料金は、登録アドレス数に応じて決まります。登録アドレス数3,000件、月額費用3,000円から利用することが可能です。なお、初回のみ初期費用として別途10,000円が必要です。

項目料金
初期費用10,000円
月額費用3,000円~
詳細
登録アドレス数月額費用
3,000件3,000円
5,000件4,000円
7,000件5,000円
10,000件6,000円
13,000件8,000円
15,000件9,000円
20,000件12,000円
25,000件15,000円
30,000件18,000円
40,000件24,000円
50,000件30,000円

blastmailの評判は?導入事例を紹介

ここまで、ブラストメールの機能や料金について解説してきました。実際にブラストメールを導入すると、どんな効果があるのでしょうか。ここでは、ブラストメールの導入事例をご紹介します

誰でも簡単にメール配信ができるように|東急社

東急社では、通販サイトのメールマガジンを配信しています。通販サイトの立ち上げ当時、社内にHTMLに詳しい人材がいなかったため、メール配信の効率の低さが課題となっていました。そこで、導入されたのがブラストメールでした。誰でも簡単に使えるシンプルさが導入の決め手となったそうです。
ブラストメールの導入により、誰でも簡単に画像の挿入やテキストの入力が簡単にできるようになり、メール配信の効率を向上させることができました。

参考:誰でもかんたんにHTMLメールを送れるようになりました!|blastmail

抜群の費用対効果。大規模配信でも安心|DeNA

ディー・エヌ・エー社では、ショッピングサイトでメルマガ配信をおこなっています。毎日100万件規模の配信を送るため、配信前のチェックに多くの作業コストがかかっていました。
ブラストメールの導入によって配信前のチェックが簡単にできるようになり、事故もなく安心して配信することができています。配信数や頻度が多いため、シンプルさや到達率の高さが大きな導入メリットになったようです。

参考:作業コストの費用対策効果が抜群! 大規模配信でも安心の到達率!|blastmail

企業情報

企業名ラクスライトクラウド
資本金18,000,000円
代表者名浅野史彦
従業員数10~49名
設立年2001年
上場区分非上場

blastmailを導入して、効率的なメール配信をしよう!

ブラストメールは、誰でも簡単に操作でき、高い到達率でメール配信をおこなうことができるメール配信システムです。もっと簡単にメール配信をしたい、メルマガ配信の効果を高めたいという方には、ブラストメールがおすすめです。

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. InfAjastの特徴・価格・機能を紹介!

  2. AI-FAQボットの機能・価格・評判を紹介!

  3. 電子契約サービスとは?仕組みや導入手順、おすすめのサービスも紹介!

  4. InCircleの特徴・価格・機能を紹介!

  5. Keiyaku.Aiの特徴・価格・機能を紹介!

  6. SFAの導入目的とは|効果や導入事例、失敗しないための導入支援も紹介!

  7. 名刺管理の方法を徹底紹介!おすすめアプリやエクセルでの管理もあわせて解説

  8. ビジネスチャットのマナーとは?注意点や円滑なやりとりのコツを解説!

  9. kinconeの機能・価格・評判を紹介!

  10. 無料のCTIシステム7つを比較|顧客管理機能付きなど