AURAの機能・価格・評判を紹介!

AURAとは

「AURA」は、LINE公式アカウントを使用し、お客様の集客や最適な情報提供を簡単におこなうことができるMAツールです。LINEを活用することで、高い反応率を維持します。

1. LINEで 『新規顧客獲得』と 『リピート率の向上』を 目指すならAURA

こんなお悩み抱えていませんか?

  • オンライン集客ができていない
  • 集客にコストがかかる
  • 顧客とのコミュニケーションが大変
  • 顧客との対応を自動化したい
  • リピート率を上げたい

「AURA」は、LINE公式アカウントを使用することで、お客様の集客や最適な情報提供が簡単にできます。「新規顧客獲得」と「リピート率の向上」を実現します。

AURAの特徴

誰でも効果を出せる導入サポート:専任スタッフにより、サービス導入時には運用フロー設計、導入後には数値改善や運用アドバイスなど、徹底的なサポートをおこないます。通常のサポートは月額利用料でご利用可能です。専任のコンサルタントをつけるプランもあるので、知識がなくても安心して導入することが可能です。

豊富な実績に基づいた運用サポート:コンサルタントをつけるプランでは、配信画像の訴求考案やフローの設計や改善まで行わせて頂きます。マーケティングの知識がない場合でも、安心して成果を出すことが可能です。

豊富な分析機能:AURAではQRコードやURLを複数作成できるため、流入経路ごとにメッセージを出し分けたり、反応率を分析したりすることができます。その他にも開封率の確認やABテストなども簡単に実施可能です。

2. AURAの活用シーン

01.新規顧客の獲得

情報登録なしでリードを増加:ユーザーはカンタンに友だち追加が可能。また、顧客情報のヒアリングを自動で行いダッシュボードに反映。情報入力の手間もかかりません。

広告費をかけずにリードを集めることが可能:自社WebサイトやLP、フライヤー等にQRコードを添付することで無料の顧客獲得チャネルを増やすことができます。

流入経路ごとの費用対効果を可視化:QRコードを分岐させることでコンテンツのクリック数、アンケート回収率、獲得CPAなど様々な数値データの流入経路ごとの費用対効果算出が可能です。

02.既存顧客のリテンション

顧客に最適化したコンテンツ配信:ユーザー属性や行動履歴に応じた、セグメント配信や自動応答が設定可能。顧客に最適化したコンテンツを提供できます。

他媒体と比べて高いアクティブ率:メルマガやWeb、アプリと比べてもLINEは高いアクティブ率・開封率を示しています。既存顧客へ着実に情報を届けることが可能です。

検証・テストを専門知識なしで実施可能:マーケティングの専門知識がなくてもABテストや仮説検証が実施可能。マーケター不在の企業でもデータに基づいたリテンション施策を実行できます。

03.顧客フォローの管理工数削減

LINEアカウント一つで店舗別管理:一つのLINEアカウントをQRコード分岐させることによって、支社・店舗別に管理可能。役職や勤務地での閲覧制限や機能制限ができるため、多数の系列店舗を抱える企業にはぴったり。

複数人運用でも対応漏れゼロ:1to1トーク画面ごとのステータス管理、リアルタイムでの入力者の反映ができるため、複数人の管理体制でも対応漏れや重複を防ぐことができます。

カルテや会話ログも一括管理:カルテの一括管理によって、顧客の属性に応じたセグメント配信が可能に。さらに会話ログから顧客の現状のステータスが一目で把握でき、フォロー改善が実現できます。

AURAの導入で売上向上・費用削減

3. AURAが選ばれる理由

01.手間なくカンタンに使える

設定が不要:面倒な初期設定は担当コンサルが完全サポート。導入の煩わしさがありません。
スマホで使える:顧客とのトークなどはスマホでも対応可能です。PCを開いておく必要はありません。
業務の自動化:あらゆるアクションを自動で行うことが可能です。そのため、運用のハードルを最小化できます。

02.システムの拡張性が高い

CSVインポート/エクスポート:AURA内のデータを外部に出力、または外部のデータをAURAに入力することが可能です。
基幹システムとの連携:セールスフォース等のMAツールとの連携をはじめ、予約システムなど幅広いシステム連携が可能です。
決済/予約機能:AURA内に決済や予約機能を搭載しています。今後、より便利になるシステムを開発していきます。

03.無料で専属のコンサルタントがサポート

どれだけの効果を見込めるのかに関するシミュレーションや運用フローの設計を完全無償でおこないます。さらに定例ミーティングやチャットサポートなど専属のコンサルタントがいつでもAURAの活用をバックアップします。

効果シミュレーション
 ▼
運用フローの設計
 ▼
たった30分で検証開始
 ▼
担当コンサルタントがいつでもサポート

機能一覧

子アカウント作成店舗や担当者ごとに管理アカウントを分岐
ダッシュボード友だち数やブロック数、 LINE内での行動を計測・分析
タグ管理ユーザーの属性や志向性を、ユーザーの行動に合わせて自動でタグ付け
リッチメニュートーク画面下部のリッチメニューを、ユーザーごとにカスタマイズ
セグメント配信ユーザー属性に合ったメッセージ配信
テンプレートよく配信するメッセージ内容をテンプレート登録
自動応答bot機能で顧客フォローを自動化
QRコード分岐流入経路別に配信内容を変更
ユーザー絞り込み自分の担当顧客のみを表示して、対応漏れ防止・工数削減
予約管理ユーザーの予約日程を管理
LINEフォーム自由にカスタマイズできる入力フォームで、ユーザーの情報を蓄積
顧客管理LINE内での回答情報を管理画面に反映

価格・料金プラン

AURAの料金については、資料請求で詳細を知ることができます。

項目料金
初期費用お問い合わせ
月額費用お問い合わせ
詳細お問い合わせ

企業情報

企業名Micoworks
資本金176,500,000円
代表者名山田修
従業員数50~99名
設立年2017年
上場区分非上場

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. eventos(イベントス)の機能・価格・評判を紹介!

  2. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  3. ユー名刺(名刺Sonar)の特徴・価格・機能を紹介

  4. 経費精算の効率化|経理業務を自動化するポイントを紹介

  5. DXソリューションとは?成功事例や各サービスを一覧で紹介

  6. SFA「Oracle Sales Cloud」とは?価格・特徴・評判を紹介!

  7. Zoho Expenseの特徴・価格・機能を紹介!

  8. ジンジャー給与の機能・価格・評判を紹介!

  9. 「会社電話」と「ビジネスチャットツール」の連携から見る #SaaSトレンド

  10. 電子署名とは?電子サインや電子印鑑との違い│効果やリスクも解説