楽楽精算の特徴・価格・機能を紹介!

クラウド型経費精算システムの「楽楽精算」では、申請から承認までを一元管理し、経理業務の手間とコストを削減します。規定違反チェック機能や豊富な外部連携機能、電子帳簿保存法対応など、経理業務効率化を支える機能を紹介します。

楽楽精算とは

楽楽精算とは、ラクス社の提供するクラウド型経費精算システムです。累計導入社数8,000社と豊富な導入実績があるため、業種、業態、事業規模を問わず、安心して利用できるでしょう。

また、クラウド型サービスのため、開発や保守点検に対して費用はかからず、常に最新のサービスを利用できます。

楽楽精算の特徴

楽楽精算は、豊富な外部サービス連携や電子帳簿保存法対応で、各種経費精算にかかる手間を大幅に削減できます。また、入力画面のカスタマイズ機能もあるため、以前から使用していた申請書のフォーマットを再現したり、注意が必要な項目にアラートを設定したり、使いやすさにこだわった設定も可能です。

以下では、楽楽精算の特徴を詳しく紹介します。

領収書の読み取り機能と自動仕訳で手間を削減

楽楽精算では、使った領収書を専用のアプリで撮影すれば、利用日や取引先、金額が自動でデータ化されます。スマートフォンで外出先から簡単に申請できるのはもちろん、手入力が不要になるため、数字の打ち間違いなどの人為的なミスを防止できます。

また、事前に勘定科目や税区分をマスタに登録しておけば、申請の時点で経費を勘定科目ごとに振り分けることも可能です。

営業担当者は会社に戻ってから経費を手入力で申請する必要がないため、営業活動に専念できます。経理担当者は自動読み取り機能や、勘定科目ごとの振り分け機能で、チェックにかかる手間や負担を各段に減らすことが可能となります。

交通系ICカード取り込み機能と乗り換え案内ソフトで間違い防止

楽楽精算では、交通費精算を簡単で正確におこなえる以下3つの機能を搭載しています。

1.交通系ICカード取り込み機能

交通系ICカードを専用のカードリーダーにかざしたり、スマートフォンアプリで読み取ったりするだけで、経路や運賃などの利用履歴を自動でデータ化することができます。また、過去の精算履歴から、訪問先などをAIが自動で入力する補助機能もあり、手入力による間違いを徹底して防止します。

2.乗り換え案内ソフト内蔵

乗り換え案内ソフトを内蔵しているので、乗車、降車の経路を入力するだけで、自動で交通費を算出します。また、選択した経路が、合理的で適正であるかもアイコンで表示されるため、交通費申請のチェック作業を効率化できます。

3.定期区間自動控除機能

社員ごとに事前に定期区間を登録しておけば、申請時に自動で定期区間の料金を控除します。また、定期区間控除済みの申請はアイコンで表示し、交通費の過払いや不足を防止します。

以上の機能のほかに、タクシー代やバス代も、領収書読み取り機能を使って手間なく処理できます。

日当自動計算、仮払金対応、為替レート登録で効率化

出張費精算では、役職や泊数に応じた日当を事前に登録できるため、手計算による間違いを防止できます。
仮払金処理機能を使えば、精算額との差分を自動で計算し、仕訳まで対応しています。仮払金を廃止したい場合には、クレジットカードやプリペイドカードとの連携機能があるため、より簡単に出張費精算が可能となるでしょう。

海外出張のある企業では、為替レートをマスタに登録すれば、外貨計算も自動でおこないます。

ほかにも、下記の法人向けサービスと連携が可能です。これらの機能で、出張精算をとことん自動化できるでしょう。

  • じゃらんコーポレートサービス
  • Racco
  • AI Travel

稟議や捺印申請も、汎用ワークフローで電子化できる

経費精算だけでなく、稟議書や捺印申請書など、そのほかの申請と承認も楽楽精算上でおこなえます。あらゆる書類を電子化し、一元管理できるため、書類を紛失する心配もありません。ペーパーレス化を進めることは、コスト削減だけでなく、テレワークの推進にも効果的です。

また、稟議が下りた後は、申請番号を経費申請と紐づけられるため、決裁後に精算しなければいけない申請を、誤って処理するようなミスも防止できるでしょう。

ほかにも、ファイル添付機能があるため、稟議にかかわる書類をすべてデータをまとめて残すことが可能です。後から見直す際も必要な書類が画面上ですべて確認できます。

入力画面カスタマイズで慣れ親しんだ申請書を再現

楽楽精算では、自社の申請書フォーマットを再現できる、入力画面カスタマイズ機能があります。
紙やExcelで使い慣れたフォーマットを再現できるので、現場からの「使い方が分からない」「前の申請書の方が使いやすい」などの不安や不満を解消できるでしょう。

入力項目の名前や必須項目も設定でき、入力方法もプルダウンや選択式などから選べるので、紙やExcel以上にわかりやすく、申請ミスを防止する画面の制作も可能です。画面のカスタマイズも、プログラミングのような専門知識は不要で、マウス操作のみでおこなえます。万が一、分からない場合は、サポート体制も整っているので安心です。

規定違反チェック機能で差し戻しや修正の手間を削減

楽楽精算には、経費精算の規定に違反する申請に対し、警告を表示したり、申請不可にしたり、さまざまな設定をおこなえます。
ルールを守っていない申請には受付自体を拒否できるため、チェックや差し戻しを大幅に削減できるでしょう。

また、申請者に対して、どこが間違っているか、アラートのほかにメッセージで表示できるため、正しい経費処理の理解にもつながります。メッセージの内容は、担当者が自由に設定できます。

正しい経費精算の運用を徹底することは、経理担当者の業務効率化だけでなく、会社全体のコンプライアンス意識を高めることにもつながるでしょう。

通知・催促アラート機能でコミュニケーション負荷を軽減

経費の申請・承認に対するアラート機能を搭載し、担当者への確認や電話連絡などの、コミュニケーション負荷を軽減します。システム上で一斉に通知を送信し、申請期限を遵守できます。

また、差し戻しや再申請があった際は、担当者に通知されるため、見落としてしまい、いつまでも処理が進まないなどの事態も避けられるでしょう。
申請者は楽楽精算の画面上から、申請依頼の処理状況や、経費の支払日が確認できるので、振り込み日が分からないというストレスも軽減できます。

経理担当者も、各社員から支払い状況の問い合わせが減ることで業務に専念できるでしょう。声がけや電話なども不要となるため、テレワーク時も、スムーズな経費処理が可能となります。

支払依頼機能で、取引先への支払いも効率化できる

自社の経費精算だけでなく、取引先への支払い業務の効率化も可能です。
取引先からの請求書を楽楽精算にアップデートすると、会社名や金額、振込先などを自動でデータ化します。また、費用計上先を複数設定したり、按分設定したりすることも可能です。

毎月支払いが必要な項目は「定額支払いマスタ」に登録すれば、漏れなく支払いできます。
いつも利用する銀行は「支払先マスタ」に登録すれば、支払いの都度、銀行名や口座名を入力する必要がありません。

源泉徴収機能も搭載しているため、報酬の支払い時の税額計算も簡単に完了できます。
銀行振り込みに必要なFBデータの作成までできるため、請求書処理にかかる手間の削減につながるでしょう。

電子帳簿保存法対応でペーパーレス化を促進

楽楽精算は、電子帳簿保存法対応ソフトとして、JIIMAの承認を受けています。
電子帳簿保存法要件を満たすためには、「可視性の確保」と「真実性の確保」が必要となります。

楽楽精算では、アップロードした領収書などのデータを日付や金額などから検索が可能です。一括検証機能では、スキャンした内容に改ざんなどがないか確認できます。

また、楽楽精算では、アップロードしたデータに自動でハッシュ値と時刻情報を刻印する、「タイムスタンプ機能」を標準搭載しています。データの改ざんを防ぎ、「真実性の確保」を担保します。

スキャナーで読み取った領収書を電子データとして保存すれば、原本は7年間の保管が不要となり、定期監査後は処分が可能となります。また、クレジットカードや電子マネーで支払った経費については、利用明細のデータを経費精算システム上で保管すれば、紙の領収書が不要となります。

これらの機能を活用すれば、経理業務のペーパーレス化を推進できるでしょう。

クレジットカード・プリペイドカード連携機能で精算時のミスを軽減

楽楽精算では、クレジットカードやプリペイドカードとの連携機能があります。
クレジットカードは、利用データが自動反映されるため、詳細を手入力する必要がありません。

また、金額など重要な項目は修正できないため、不正も防止できます。さらに、利用上限金額を超過した場合にはアラートで警告できるため、私費利用のリスクも抑えることができるでしょう。

法人向けプリペイドカードも、利用明細を自動で反映できるため、経費精算の効率化につながります。クレジットカードよりも使える機能は少ないものの、信用審査不要で、必要な金額のみチャージして利用できるため、小口現金の縮小や仮払金の廃止にも有効な方法です。

スマートフォンでは交通系ICカードの読み取りも可能

楽楽精算は、PCとスマートフォン、どちらからも利用できるため、社外から経費申請や承認作業がおこなえます。スマートフォンでは、「楽楽精算」専用アプリをインストールすると、領収書の読み取りが可能となります。

また、「ICカードリーダー」アプリもあるため、スマートフォンさえあれば、専用のカードリーダーを用意しなくても、交通系ICカードの読み取りもできます。
PCだけでなく、スマートフォンとあわせて利用すると、より経費精算が効率化できるでしょう。

価格・料金プラン

楽楽精算の基本プラン料金は下表の通りです。
ただし、月額費用はユーザー数により変動するため、詳しい内容は公式サイトから料金シミュレーションの依頼が必要となります。

プラン名 基本プラン
初期費用100,000円
月額費用30,000円〜

機能一覧

下表の機能以外にも、社内質問のチャットボット対応や、マスタデータのCSV一括取り込み機能、豊富な外部連携などを搭載し、経理業務を効率化します。

領収書読み取り自動仕訳
振込データ(FBデータ)作成ファイル添付
定期区間の自動控除タクシー代対応
駐車場代対応ガソリン代対応
乗換案内機能パターン登録
日当・手当算出仮払金対応
海外出張対応単価計算
フォーム設定ワークフロー設定
ログ管理データインポート(ローカルファイル)
OCR・AI-OCR交通系ICカード取込
クレジットカードプリペイドカード
Amazonビジネス自動仕訳
支払先マスタ定額支払マスタ
源泉徴収経費管理・分析
予算管理組織管理
電子帳簿保存法対応入力画面カスタマイズ
規定違反チェック通知・催促アラート
承認状況の確認API連携
会計ソフト連携送金システム連携
乗換案内サービス連携BTM連携
購買システム連携

提供環境・技術情報

楽楽精算は、以下の環境で利用できます。
また、ブラウザは最新のバージョンを利用してください。

提供形態

  • クラウド

OS

  • Windows
  • Android
  • iOS

ブラウザ

  • Internet Explorer
  • Microsoft Edge
  • Google Chrome
  • Safari

アプリ

  • スマホ – Android
  • スマホ – iPhone

API連携・サービス連携

楽楽精算では下記の通り、さまざまなパートナー企業のサービスと連携が可能です。

  • RPA
  • API
  • BPO
  • 電帳法対応・コンサルティング
  • 送金サービス
  • コーポレートカード
  • 法人向けプリペイドカード

また、各種会計ソフトとの連携や、Amazonビジネスとも連携ができます。
各サービスの利用料金、会計ソフトの詳細などについては、楽楽精算の問い合わせ画面より確認が必要です。

セキュリティ

セキュリティについては、下表の通りとなります。また、ラクス社はプライバシーマークを取得しているため、個人情報保護についても安心して利用できるでしょう。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)
SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 6244321)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

各企業に、専任の担当者が付き、電話とメールでサポートします。また、マニュアルなどをまとめたサポートサイトも利用できます。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. 領収書に印鑑は必要ない?個人事業主はシャチハタでもいいのか?印鑑の押し方も解説!

  2. INNOVERA Outboundの機能・価格・評判を紹介

  3. sincloの機能・価格・評判を紹介!

  4. 経費精算とは?その流れや方法など押さえておくべき基礎知識

  5. EGGの機能・価格・評判を紹介!

  6. 自分で機能が選べて組み合わせられるSFA「Ecrea」の特徴や機能、料金は?

  7. コールセンターで必要なCTIとは?連携できるシステムも紹介

  8. Customa!の特徴・価格・機能を紹介!

  9. ジンジャー勤怠の機能・価格・評判を紹介!

  10. コールセンターにおけるアウトバウンドとは?成功のコツも紹介!