Zoho Expenseの特徴・価格・機能を紹介!

「Zoho Expense」はアメリカに本社があるZoho社が手掛ける経費管理・申請システムで、リーズナブルな価格と機能性の高さから、世界中に数多くのユーザーがいます。今回はそんな世界中で人気のZoho Expenseの魅力や機能を紹介します。

Zoho Expenseとは

Zoho Expenseは仕事で発生する経費の管理・申請の手間を軽減し、レポート分析をおこなう経費管理・申請システムです。Zoho社によって提供されており、すでに世界中で5千万人を超えるユーザーを獲得しています。

規模が大きな企業だけでなく、中小企業や個人事業主など人数が少ない企業でも利用しやすい、リーズナブルな料金プランも魅力です。

Zoho Expenseの特徴

Zoho Expenseは、ほかの経費管理・申請システムにはない敷居の低さや、機能性の高さ、他ソフトウェアとの連携のしやすさが特徴です。ここではZoho Expenseの特徴のうち、特筆すべきものを紹介します。

リーズナブルな価格で導入しやすい

Zoho Expenseは最小で月額0円、最大で1,440円とリーズナブルな価格でサービスを提供しています。プランをアップグレードすると使える機能も増えるので、自分に必要なプランを自由に選択できるのもポイントです。
また、契約年数を月間から年間に切り替えれば、さらに安く利用できます。

レシート自動スキャンやカードの利用履歴取り込みなど手間を最小限に

Zoho Expenseにはレシートの自動スキャン機能や、カード取引履歴を自動で取り込む機能が搭載されています。
レシートのスキャンは約10言語に対応しており、複数の通貨を扱えるので、海外出張の経費申請にも便利です。
また、経費を申請する従業員の手間が省けるため、業務の効率化が図れます。

各種外部ソフトウェアとの連携が可能

Zoho Expenseは連携できる外部ソフトウェアの多さも特徴の一つです。
Zoho社がリリースしているZoho請求書、Zoho People、Zoho Projectなど各種業務改善ツールとも連携できます。
また、作成した書類はドキュメントとしては、以下のサービスで出力可能です。

  • Dropbox
  • Google Drive
  • Evernote
  • OneDrive

システム外でもPDFまたは書類としての保存がより簡単におこなえるようになっています。

価格・料金プラン

Zoho Expenseの料金プランは非常にシンプルで、実際にZoho Expenseを使用して経費を登録するユーザーの人数に合わせて4つのプランから選べます。

無料プランでは最大3ユーザーまで利用可能で、保管ストレージは5GBです。
その他複数通貨対応や交通費精算、会計ソフトの連携などの機能が提供されます。

プランをアップグレードすると、法人カードの登録や現金での前払い、承認のフロー化、アクセス権の委託、ログ管理の機能が追加されます。

一番人気のプレミアムプランでは、レシートの自動スキャンや自動承認、日当の自動化、出張申請ができるようになります。
詳細なカスタマイズもプレミアムプランから設定可能です。

一番高額なエンタープライズプランでは、予約システムやERPとの連携、シングルサインオンなどが利用できます。

エンタープライズプランでも月額費用は1,440円で、計算しても年間でおよそ17,000円と手ごろな価格で経費管理・申請が簡略化できます。

料金プランは以下の通りです。(※税抜価格)

プラン名 無料 スタンダード プレミアム エンタープライズ
初期費用
月額費用0円600円/ユーザー960円/ユーザー1,440円/ユーザー
補足年間契約の場合:360円/月/ユーザー年間契約の場合:600円/月/ユーザー年間契約の場合:960円/月/ユーザー

機能一覧

領収書読み取り自動仕訳
振込データ(FBデータ)作成ファイル添付
定期区間の自動控除タクシー代対応
駐車場代対応ガソリン代対応
乗換案内機能パターン登録
日当・手当算出仮払金対応
海外出張対応単価計算
フォーム設定ワークフロー設定
ログ管理データインポート(ローカルファイル)
OCR・AI-OCR交通系ICカード取込
クレジットカードプリペイドカード
Amazonビジネス自動仕訳
支払先マスタ定額支払マスタ
源泉徴収経費管理・分析
予算管理組織管理
電子帳簿保存法対応入力画面カスタマイズ
規定違反チェック通知・催促アラート
承認状況の確認API連携
会計ソフト連携送金システム連携
乗換案内サービス連携BTM連携– 
購買システム連携

提供環境・技術情報

Zoho Expenseはクラウドアプリケーションなので、Webブラウザが利用可能であれば、あらゆる環境で利用できます。以下で紹介しているブラウザは、いずれも最新バージョンを推奨しています。

また、スマートフォンでアクセスする際は、便利なスマートフォン専用アプリも提供されています。

提供形態

  • クラウド

OS

問い合わせ

ブラウザ

  • Microsoft Edge
  • Google Chrome
  • Firefox
  • Safari

アプリ

  • スマホ – Android
  • スマホ – iPhone

API連携・サービス連携

Zoho Expenseの魅力は連携できるサービス数の多さにもあります。
作成した経費申請書は各種ドキュメントに出力できるので、システム外でも保存可能です。

  • Evernote
  • Google Drive
  • Dropbox
  • OneDrive
  • amazon business
  • Slack
  • Office365
  • アメリカンエクスプレス
  • VISA
  • mastercard

セキュリティ

Zoho Expenseは充実したセキュリティ内容も魅力の一つです。ハッキング対策や不正アクセスの対策だけでなく、システムの冗長化を図っているため、万が一の事態があっても安心してデータを預けられます。

経費管理・申請システムでは珍しいシングルサインオンや多要素認証があるのもポイントです。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 6244321)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

Zoho Expenseのサポートは基本的に問い合わせフォームを通したメールのやりとりでおこなわれます。また、有料プラン購入者専用の問い合わせ窓口も設置されています。

ほかにもユーザーコミュニティサイト「ZOHO Community」もあるので、問い合わせたい内容に合わせてこちらを利用するのも良いでしょう。基本的な使い方に関しては動画のマニュアルが用意されているので、基本的な使い方はマニュアルの参照がおすすめです。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. クラウド経費精算freee(フリー)を紹介|料金や評判、使い方など

  2. ビジネスチャットのシェアと市場規模は?主要サービスの機能・料金一覧表あり

  3. やずや通販CRM基幹システムの特徴・価格・機能を紹介!

  4. AURAの機能・価格・評判を紹介!

  5. InfiniTalkの特徴・価格・機能を紹介!

  6. GrooForce for Businessの特徴・価格・機能を紹介!

  7. Workplace from Facebookの特徴・価格・機能を紹介!

  8. クラウドSFA比較12選|選び方やメリットも解説!

  9. Keiyaku.Aiの特徴・価格・機能を紹介!

  10. メイシーの特徴・価格・機能を紹介!