DataClasysの評判や価格は?Boxと連携できるファイル暗号化ソフト

DataClasysとは?国産のファイル暗号化(DRM/IRM)システム

DataClasysのHP
HPより

DataClasysとは、ファイル暗号化(DRM/IRM)によって高度なセキュリティと柔軟な運用性を両立することができるシステムです。DRM/IRMとは、情報そのものを暗号化しつつ、操作制御をかけることができるセキュリティシステムです。万が一にファイルが漏洩した場合にも、第三者がファイルを開いて内容を確認することができないため、厳密な情報漏洩対策が可能です。
また、DataClasysは、異動や組織改変などに左右されることなく権限設定ができるなど、法人や行政での利用を前提に設計されている点も大きな特徴の一つです。

DataClasysの3つの特徴

DataClasysとは、どんなシステムなのでしょうか。ここでは、その特徴をご紹介します。

セキュリティと利便性を両立

DataClasysの大きな特徴は、利便性とセキュリティを両立できる点です。ファイルの暗号化を導入すると、パスワードの管理などの運用の煩雑さが懸念になりますが、DataClasysは導入前と同じように作業することができます。

たとえば、Zipファイル形式を用いる場合、パスワードの入力の手間がありますが、DataClasysでは、暗号化したファイルはダブルクリックで開くことができます。また、ファイルを暗号化してもファイルのアイコンや拡張子が変化しないため、利用者が暗号化を意識することなくスムーズに作業することが可能です。

あらゆる情報を保護できる

DataClasysは、さまざまなファイル形式やアプリケーションに対応しています。動画などの大容量のファイルでも暗号化することができます。また、OfficeやPDFなどのメジャーなアプリケーションだけではなく、3DCADやDTPなどにも対応することができます。さまざまなファイル・アプリケーションに対応しているため、さまざまな暗号化システムを使い分ける必要がなく、コストの削減にもつながります。

クラウドストレージとの連携が可能

DataClasysは、クラウドストレージと連携することが可能です。クラウドストレージ「Box」とも連携することができます。

クラウドストレージにファイルを保存する際には、自動で暗号化することができます。クラウドストレージ内でも常に暗号化することで、万が一クラウドストレージからファイルが流出したとしても、中身の漏洩を防止することができます。より強固なセキュリティの実現が可能です。

また、全文検索やプレビューなどのクラウドストレージの機能を保ったまま、ファイルを安全に共有する方法もあります。ダウンロードしたファイルは自動的に暗号化され、アップロードすると復号化します。安全にファイルを共有しながら、クラウドストレージ内で全文検索などの機能を利用することができます。

クラウドストレージとの連携オプションを利用することで、テレワークや社外からの利用でも安全にファイル共有をすることができます。

DataClasysの機能|自動暗号化・復号などさまざまな機能

セキュリティ管理するビジネスパーソン
©Mikko Lemola – shutterstock

ここまで、DataClasysの特徴について紹介してきました。では、DataClasysは具体的にどのような機能があるのでしょうか。次に、DataClasysの機能について解説します。

共有フォルダの自動暗号化

DataClasysでは、自動暗号化フォルダを設定して、簡単に暗号化することが可能です。特別な操作が必要なく、ファイルを作成したりドラッグ&ドロップしたりするだけで自動的に暗号化することができます。移動やコピーなど、自動暗号化フォルダから取り出したとしても、ファイルを暗号化した状態を維持することができるため安心です。

自動復号メールサーバ

DataClasysでは、オプション製品である「MailProxy」を利用することで、メール送信時に暗号化ファイルを自動復号することが可能です。暗号化ファイルをメール送信時に自動復号し、MailProxyや、すでに導入しているメールセキュリティ製品と連携してZipファイルに変換します。自動で復号できるため、煩雑な操作をすることなくメールでファイルを送信することができます。

シンクライアント環境に対応

シンクライアントとは、ユーザーが使用する端末の機能を最小限にとどめ、アプリケーションの実行などをサーバー側でおこなう仕組みのことをいいます。クライアント端末でデータを保持しないため、情報漏洩対策になります。

DataClasysでは、物理環境だけではなく、このシンクライアント環境などの仮想環境でも動作することができます。自社がシンクライアントを導入している場合や、今後シンクライアントに移行した場合にも問題なく運用が可能です。

DataClasysの評判は?導入事例を紹介

握手するビジネスパーソン
©OPOLJA – shutterstock

ここまで、DataClasysの特徴や機能について紹介してきました。DataClasysを導入すると、実際にどのような課題を解決することができ、どのような効果を得ることができるのでしょうか。ここでは、DataClasysを導入した企業の事例を紹介します。

金融機関A社|業務効率を保ちながらセキュリティ強化

金融機関A社では、DataClasysの導入前からファイル暗号化システムを利用していましたが、暗号化の処理や復号したファイルの操作が煩雑なため、従業員の負担が大きいという課題がありました。また、金融機関であるA社は個人情報を大量に扱うため、年々巧妙化するサイバー攻撃に対してセキュリティ対策をより厳密におこなう必要性が高まっていました。

これらの課題を解決するために導入されたのが、DataClasysでした。DataClasysを用いることで、自動的に暗号化・復号ができるため、現場の従業員がひとつひとつ暗号化処理・復号処理をおこなう必要がなくなりました。また、暗号化したファイルのアイコンがほとんど変わらないため、普段と同じ使い勝手のままで暗号化ファイルを使うことができました。

このように、セキュリティと利便性を両立できる機能性のおかげで、業務で使用するファイルの暗号化のルールを厳しく設定しても、業務効率を落とすことなく運用できているといいます。

サービス・小売業B社|社外との情報共有を高セキュリティかつ便利に実現

サービス・小売業B社では、DataClasysの導入前、ECサイトのオープンに際して、情報漏洩対策に注力していました。B社では、ECサイトから得た顧客の個人情報を社外のパートナー企業とやりとりする必要があったため、情報漏洩を防止しつつ、社外とのファイル共有ができる仕組みが必要でした。

このような課題に対して、導入されたのがDataClasysでした。DataClasysは万が一にファイルが第三者に漏洩しても、その内容が漏洩することがないため、社外に安心して情報共有ができる点、またITリテラシーが高くなくても暗号化ファイルを使うことができるという点が導入のポイントになりました。

また、クラウドストレージ「Box」と連携することができる点も、大きな利点でした。Boxを用いることでファイルの共有が容易になるほか、Boxからファイルがダウンロードされる際に自動的にDataClasysで暗号化できるため、社外に共有されたファイルの情報漏洩対策もおこなうことができます。また、ユーザーの権限設定や機能制御できるため、ガバナンスの強化にも役立ちました。

このように、社内の情報漏洩防止だけではなく、社外の取引相手との情報共有におけるセキュリティ対策ができた点が、DataClasys導入の大きなメリットといえるでしょう。

DataClasysの料金

DataClasysの詳細な料金は、資料請求で紹介されています。DataClasysの料金を知りたいという方は、問い合わせが必要です。

項目料金
初期費用問い合わせ
月額費用問い合わせ
詳細問い合わせ

企業情報

企業名DataClasys
資本金10,000,000円
代表者名曽我祐二郎
従業員数10~49名
設立年2018年
上場区分非上場

DataClasysを導入して、情報漏洩対策を強化しよう!

DataClasysは、利便性を保ちながら高度なセキュリティを実現できる暗号化システムです。ファイルの暗号化をもっと簡単にしたい、セキュリティを強化したいという方は、DataClasysの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

DataClasysについてもっと詳しく知りたいという方は、こちらのボタンからサービスの詳細をチェックしてみてください。

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. 営業のDXとは?DX化が求められる理由やポイントを解説

  2. AQStage IPコールセンタサービスの機能・価格・評判を紹介

  3. 社内SNSの失敗事例と成功事例を紹介!導入のポイントも解説!

  4. 【徹底比較】チャットとメールの違いは?メリットや使い分け方も

  5. 大人数での利用におすすめのWeb会議システム比較7選

  6. BIG顧客管理Neoの特徴・価格・機能を紹介!

  7. アルテマブルーの特徴・価格・機能を紹介

  8. THE 名刺管理 Businessの特徴・価格・機能を紹介

  9. WEBCAS CRMの特徴・価格・機能を紹介!

  10. SFAとは?機能やメリットなどを徹底解説!システム比較も!