CECTRUST-Lightの特徴・価格・機能を紹介!

電子契約サービスにはさまざまなアプリケーションがありますが、社内外の機密書類を扱う以上、セキュリティがしっかりと確立されているものがおすすめです。今回は20年の運用実績がある「CECTRUST-Light」の特徴や魅力、サービス内容を紹介します。

CECTRUST-Lightとは

CECTRUST-Lightは運用実績20年、導入企業数4,000社を誇る、ロングセラーの電子契約サービスです。2002年からサービスを開始しており、各契約書のノウハウが蓄積されているのが魅力です。

電子契約書の基本的な機能と、最小限の便利な機能を備えたシンプルなシステムとなっており、電子証明書の発行や署名を簡略化しており、電子契約の恩恵を十分に感じられます。

また、サポート内容も充実しているため、電子契約サービスを初めて導入する方でも安心して利用できるでしょう。国土交通省から技術的基準が認められており、信頼姓の高いサービスともいえます。

CECTRUST-Lightの特徴

ここでは、CECTRUST-Lightの特徴を5つ紹介します。

長年にわたる運用実績と蓄積されたノウハウがある

CECTRUST-Lightは運用開始から20年、4,000社を超える企業から導入された実績があります。さまざまな企業に電子契約サービスを提供したノウハウがあるので、使いやすさだけでなく、サポート体制も整っているのが特徴です。

また、CECTRUST-Lightは建設産業で紙の契約書に代わる電子契約書として、国土交通省から正式に認可を受けているため、建設業法の技術面でも安心して利用できます。

作成した契約書にワークフローが設定できる

CECTRUST-Lightでは「ワークフロー」として、取引先に契約書を送信する前に社内で複数の承認者を設定できます。これにより契約書をワークフローの順番通りに回覧できるので、回覧に伴うやりとりの手間が軽減されます。

また複数人で確認してから送信できるので、契約書の誤りも未然に防ぐことができます。業務内容の改善とミスの防止を同時に実現できる機能です。

電子署名が手軽にできる

電子証明書を発行するには手続きが必要ですが、CECTRUST-Lightでは電子証明書の手続きを簡略化しており、公的書類の準備なしに電子証明書が発行できます。

また、電子証明書はサーバーに保管されるため、アプリをダウンロードせずにブラウザ上で署名が完了します。電子証明書を準備する必要がないので、手軽に電子署名をおこなうことが可能です。

紙の書類も登録でき文書管理がラクに

CECTRUST-Lightではすでに書面上で契約が完了した、紙の契約書も取り込み可能です。途中から電子契約に切り替えた場合でも、紙の契約書と別々に管理する必要がありません。

また、契約書だけでなく、見積書、納品書、検収書などの関連文書も登録できます。CECTRUST-Lightの利用によって、紙の書類を管理する手間が減るのも特徴の一つです。

PC1台で簡単にサービスが利用できる

CECTRUST-Lightはブラウザ上で動作するため、複雑なインストールやセットアップ、プログラミングの手間がかかりません。必要なのはインターネットに接続できるPCのみです。Webブラウザとして、Google ChromeやMicrosoft Edgeが使用できれば、簡単にサービスを利用開始できます。

また、すでに利用しているアプリケーションとの連携(API連携)も可能なため、問い合わせてみると良いでしょう。

価格・料金プラン

CECTRUST-Lightには「片方課金プラン」「取引先専用プラン」「双方課金プラン」という3つの料金プランがあり、使い方によって自由に選択できます。

片方課金プランは発注業務が多い企業向けのプランで、電子契約書を送付する取引先企業の料金負担はありません。
また、取引先専用プランは、すでにCECTRUST-Lightを利用している企業と電子契約書をやりとりする際のプランです。後からCECTRUST-Lightを利用する企業はメールから利用の申請ができるので、CECTRUST-Lightに関して利用開始の手間が少なく済みます。
双方課金プランは、自社と取引先企業で料金負担をシェアできるプランで、お互いに電子署名を利用したいという場合におすすめです。

詳細な費用に関しては、運営企業のコンストラクション・イーシー・ドットコム社に問い合わせる必要があります。料金の見積もり後、必要書類の準備や導入説明、取引先企業の登録、電子証明書の発行手続きをおこなって、実際にサービスの利用を開始できます。

プラン名
初期費用問い合わせ
月額費用問い合わせ

機能一覧

CECTRUST-Lightの機能は以下の通りです。詳しくは、運用企業に問い合わせるとよいでしょう。

契約書テンプレート三者間契約
データ取り込み印影登録
契約書レビューメールによる本人認証
コメント機能電子認証局による本人認証
ファイル添付手書きサイン
一括作成ダッシュボード
検索・絞り込み通知・催促アラート
契約更新通知承認状況の確認
閲覧制限グループ管理
文書エクスポートAPI連携
電子帳簿保存法対応ATS(採用管理システム)連携
文書スキャンERP連携
一括承認CRM連携
一括締結SFA連携

提供環境・技術情報

CECTRUST-Lightはブラウザ上で動作するWebアプリケーションなので、Webブラウザが動作するデバイスであれば、OSは問いません。
ただし、対応しているブラウザはMicrosoft EdgeとGoogle Chromeのみなので、FirefoxやInternetExplorerを使用している人は注意が必要です。

提供形態

  • クラウド

OS

問い合わせ

ブラウザ

  • Microsoft Edge
  • Google Chrome

アプリ

問い合わせ

API連携・サービス連携

CECTRUST-LightのAPI連携・サービス連携に関する情報は、現時点ではホームページ上の記載はありません。

セキュリティ

CECTRUST-Lightのセキュリティに関する情報は、現時点では公開されていません。詳細については問い合わせをおすすめします。 

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001
(情報セキュリティ)
BCP対策
ISO/IEC 27017
(クラウドサービスセキュリティ)
SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701
(プライバシー情報)
GDPR
JIS Q 15001
(個人情報保護)
CCPA
CSMS(IEC 6244321)
(制御システムセキュリティ)
ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000
(ITサービス)
データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

CECTRUST-Lightは導入後の運用方法に関して、各種サポートが整っているのも魅力です。とくにマニュアルは基本の操作手順を項目ごと動画で公開しているため、電子署名サービスを初めて使う人でも安心して利用できるでしょう。

また、電話でのサポートを受け付けている専用のヘルプデスクが設置されていたり、セミナーとして社内で導入研修を実施してくれたりなど、対人でのサポート体制も整っています。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. 領収書の郵送にまつわるマナーや注意点とは?郵送方法や送付状のポイントを解説

  2. ジンジャーワークフローの機能・価格・評判を紹介!

  3. corner(コーナー)の機能・価格・評判を紹介!

  4. 今さら聞けないCTIとCRMの違いや基本的な活用方法

  5. Web会議で役立つSkypeの使い方|ほかのサービスとの違いも解説!

  6. COLLABOS PHONEの機能・価格・評判を紹介!

  7. Linkitの特徴・価格・機能を紹介

  8. BIZTELコールセンターの特徴や魅力、料金プラン、機能一覧をご紹介

  9. GRIDY 名刺CRMの特徴・価格・機能を紹介

  10. テレワーク導入におけるDXとは?メリットや課題点を紹介