イースタンプの特徴・価格・機能を紹介!

イースタンプは、E-STAMP社が提供する電子契約サービスです。電子契約に欠かせない機能をしっかりと網羅していて、サポート体制が非常に手厚い点が特徴です。実績が豊富で丁寧なサポートを受けることができるイースタンプは、初めて電子契約を導入する企業に最適です。また、すでに他社のシステムを導入していて不便さを感じることがある企業は、イースタンプの検討をおすすめします。

イースタンプとは

イースタンプは、電子契約サービスの業界最大手「電子印鑑GMOサイン」を基盤として構築されているサービスです。PDFで取り込んだ契約書データを取引先に送付して双方が電子署名をおこなうだけで、スムーズに契約を締結できます。電子印鑑GMOサインにはない独自の機能が豊富に搭載されており、導入することで契約にかかる工数を大幅に削減してくれます。

イースタンプの特徴は、他社に比べて機能が豊富で手厚いサポート体制が整っている点です。さらにセキュリティ対策も万全であるため、安心して機密書類の管理をおこなうこともできます。

イースタンプの特徴

イースタンプの特徴は、シーンに合わせて2種類の電子署名を使い分けることが可能で、なおかつ機能性とサポートが充実しています。
初めての導入でも安心なワンパッケージ提供が魅力であるイースタンプの特徴を、詳しく紹介します。

2つの電子署名タイプに対応した電子契約サービス

イースタンプは、利便性が高い「認印タイプ」と本人の担保性が高い「実印タイプ」の両方に対応した電子契約サービスです。

認印タイプはメール認証で本人性を担保し、実印スタンプは認証局による本人確認で本人性を担保します。実印タイプのほうが効力は強いですが、どちらもタイムスタンプが付与されて改ざんを防止することができます。また、裁判上の効力もしっかりと持たせることが可能です。

企業のコンプライアンスやシーンにあわせて、スタンプの種類を使い分けることができる点が、イースタンプの大きな特徴です。

電子契約に必要な便利機能を網羅

イースタンプは、電子契約に必要な機能や導入後のサポートサービス、身分証明書添付機能や契約書の保管機能まで、さまざまな機能を網羅している点が特徴です。ワンパッケージで提供してくれるため、長く快適に使い続けることができます。 イースタンプで利用できる機能の一例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 2種類の電子契約
  • 手書きサインによる契約
  • 契約の承認機能
  • 運転免許証の添付機能
  • ユーザーの権限設定
  • 紙の契約書のインポート機能
  • ベーシックサポート

初めて電子契約を導入する際は、「どのような機能があればいいのか」がわかりにくいものです。イースタンプでは基本機能からサポートまですべてパッケージ化されているため、導入後に「機能が足りなくて不便に感じる」というリスクをなくせるでしょう。

徹底したサポート

徹底したサポート体制が整っている点も、イースタンプの特徴です。イースタンプのパッケージには「ベーシックサポート」が含まれており、メールや電話、オンラインで操作方法についての相談ができます。
また、電子契約を交わす取引先に対してサポートを提供することも可能です。告知書面の雛形提供や、契約書を受信した側へのマニュアル提供、取引先の相談窓口も用意されています。
導入企業はもちろん、取引先の企業もサポートが受けることができる点は大きなメリットでしょう。

取引先や社員に対する説明の代行サービス

前項でイースタンプは取引先に対するサポートも手厚いと紹介しました。しかしイースタンプは、取引先がよりスムーズに電子契約に対応できるよう、電子契約の説明会をおこなってくれるプランを用意しています。

イースタンプのパッケージに含まれている「プラチナサポートパック」では、取引先に対する説明会の代行や、取引先に説明するときの資料の雛形を提供してくれます。そのため、初めて電子契約を利用する取引先がある場合も、安心して運用をスタートできます。
さらに、契約書面を電子契約用に加工したり、社内従業員に向けて説明会を代行してもらったりすることも可能です。電子契約の導入は、取引先と社内の理解が欠かせないので、こういったサポートをおこなってもらえるのは非常に大きなメリットでしょう。

コスト削減効果のシミュレーション

電子契約の導入時に気になるのが、「どれほどコストを削減できるのか」というポイントです。いくら契約締結の工数が減るとはいえ、料金が高くてコストが増えてしまう場合は、電子契約の導入を慎重に検討する必要があります。
イースタンプの公式サイトでは、誰でも使える導入シミュレーションが利用可能です。コストはもちろん、削減できる時間までシミュレーションできるため、電子契約の導入により見込まれる効果を手軽に確認できます。電子契約の導入を検討する際の良い判断材料となるでしょう。

価格・料金プラン

イースタンプの料金プランは、導入する企業の規模や利用状況によって異なります。詳しい料金を知りたい企業は、個別に問い合わせる必要があります。

プラン名
初期費用問い合わせ
月額費用問い合わせ

機能一覧

イースタンプは、電子契約に必要な機能をしっかりと網羅しているところが魅力です。
まず、シーンに合わせて使い分けることができる2種類の電子署名機能や、手書きサイン機能を搭載しています。さらに、契約書を適切に管理できるようにフォルダ管理機能や検索機能、閲覧制限機能なども搭載されているため、契約書を安全に一元管理することができます。電子帳簿保存法にも対応しているため、コンプライアンスを徹底した契約業務がおこなえます。

契約書テンプレート三者間契約
データ取り込み印影登録
契約書レビューメールによる本人認証
コメント機能電子認証局による本人認証
ファイル添付手書きサイン
一括作成ダッシュボード
検索・絞り込み通知・催促アラート
契約更新通知承認状況の確認
閲覧制限グループ管理
文書エクスポートAPI連携
電子帳簿保存法対応ATS(採用管理システム)連携
文書スキャンERP連携
一括承認CRM連携
一括締結SFA連携

提供環境・技術情報

イースタンプは、WindowsとMacの両方で利用可能です。また、AndroidやiPhoneといったスマートフォンでも動作することが確認されています。

ブラウザはInternet Explorerをはじめ、ChromeやSafari、FireFoxやOperaに対応しています。幅広いデバイスとブラウザで利用できるため、ほとんどの企業が問題なく導入できるでしょう。

提供形態

問い合わせ

OS

  • Windows
  • macOS
  • Android
  • iOS

ブラウザ

  • Internet Explorer
  • Microsoft Edge
  • Google Chrome
  • Firefox
  • Safari
  • Opera

アプリ

問い合わせ

API連携・サービス連携

イースタンプの公式サイトには、API連携やサービス連携といった機能の記載はありません。とはいえ、企業ごとに適したパッケージを作成してくれるため、連携の希望がある場合は問い合わせてみると良いでしょう。

セキュリティ

イースタンプで取り扱うデータは、強固なセキュリティで保護されています。ファイルや通信の暗号化はもちろん、堅牢な環境による署名鍵の保管、外部の専門業者によるセキュリティ診断やファイアーウォールを搭載しています。さらに操作ログの追跡も可能です。

2006年にはISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/
IEC27001:2005」ならびに「JIS Q 27001:2006」を取得しています。

このように、イースタンプのセキュリティ対策については心配不要です。自社や取引先の機密情報も、安心して任せることができるでしょう。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 6244321)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

イースタンプにはベーシックサポートが完備されており、どの企業もメールや電話、オンラインや遠隔操作のサポートが利用できます。取引先や社内に対する説明も任せることができるため、初めての電子契約導入でも安心です。

さらに、専門家一括見積もりサービスである「SHARES」と連携しており、労務や法務、税務などの相談ができるエキスパート探しもサポートしてくれます。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. アプリ対応のSFA6選|営業活動をさらに効率化しよう!

  2. MarkONEシリーズの機能・価格・評判を紹介!

  3. Bitrix24の特徴・価格・機能を紹介!

  4. カイクラの特徴・料金・システムを紹介

  5. ビジネスチャットのメリット・デメリットとは?導入の利点を紹介!

  6. Web会議システム「Microsoft Teams」の特徴や口コミ評判を詳しく紹介

  7. DX戦略におけるフレームワークの重要性や5つの活用ポイント

  8. 業務改善からビジネスモデル変革を見据えた電子契約システム導入ストーリー(BtoBプラットフォーム 契約書×玉野総合コンサルタント)

  9. ビジネスチャットとは?機能やメリット、無料で使えるサービスまですべてがわかる

  10. 「会社電話」と「ビジネスチャットツール」の連携から見る #SaaSトレンド