クラウドコントラクトの特徴・価格・機能を紹介!

在宅勤務が推奨されている近年、電子契約は最適な契約方法といえます。電子契約サービス「クラウドコントラクト」は簡単に登録できるうえ、無料トライアルも利用可能であるため、電子契約サービスの導入を考えている企業にとっては導入しやすいサービスといえるでしょう。この記事では、クラウドコントラクトの特徴や機能、価格などを紹介します。

クラウドコントラクトとは

クラウドコントラクトは、クラウドコントラクト社から提供されている電子契約サービスです。自社で登録していれば契約相手は登録不要です。また、中小企業や個人事業主の方に必要な機能が一通り揃っているので、導入後はそのまま業務に活用することができます。
建設業や結婚相談所、芸能プロダクションなどあらゆる組織で導入実績があり、オンライン対応やコスト削減などに対応できます。

また、ホームページ上で利用方法を確認することもできるため、初めて電子契約サービスを利用する企業も安心です。
本格的に導入する前に2週間の無料トライアルで使用感を確かめることも可能で、導入に至るまでのハードルは比較的低いサービスといえるでしょう。

クラウドコントラクトの特徴

クラウドコントラクトの特徴としては、以下のようなことが挙げられます。
ここでは、それぞれの特徴について、説明します。

  • 契約書を保管することができる
  • 契約状況を確認することができる
  • 電子署名やタイムスタンプが利用できる
  • スマートフォンやタブレットにも対応している

契約書を保管することができる

クラウドコントラクトで締結した契約書は、クラウド上の管理画面に自動で保存されます。ダウンロードすることもできるので、デスクトップ上で保存することもできます。また、検索機能も搭載されているので、契約書が探しやすく便利に利用できます。
なお、顧客が同意を示す操作をした際は「締結済み」フォルダに自動的に保存され、送信者と受信者の双方が契約書データをダウンロードすることが可能です。

契約状況を確認することができる

現在相手に契約書を送っている状態で、まだ締結がされていない契約書の一覧を表示することができます。状況確認や再連絡リストとして活用することで、業務をより効率的におこなうことができるでしょう。
また、契約終了日を設定し、アラートを設定することも可能です。それぞれの契約書の契約終了日とアラート日時を設定しておけば、契約更新の連絡漏れなどを防ぐことができます。

電子署名やタイムスタンプが利用できる

電子契約をおこなう際、電子署名を付与することで不正な改ざんを防ぐことができ、タイムスタンプを付与することで法的な安全性を高めることができます。
電子署名には世界的にもシェア率の高い電子認証局である「デジサート(DigiCert)」を、タイムスタンプには時刻認証業務認定事業者であるアマノ社の「アマノタイムスタンプサービス」を採用しています。

スマートフォンやタブレットにも対応している

クラウドサービスなので、インターネットに接続してメールを確認できる環境であれば、PCだけでなくスマートフォンやタブレットからでも契約書を確認することができます。
時間や場所を選ばずに契約書の確認や合意締結、却下をおこなうことができるのは、大きなメリットです。

価格・料金プラン

クラウドコントラクトの料金プランには、「ライトプラン」と「スタンダードプラン」の2種類があります。契約締結可能数やアカウント作成可能数に違いがあるので、業務の実情と照らし合わせたうえで、どちらのプランを利用するかを決めるとよいでしょう。

料金プランは以下の通りです。(※税抜価格)

プラン名 ライトプラン スタンダードプラン
初期費用無料無料
月額費用3,980円〜(※1年契約の場合)7,480円〜(※1年契約の場合)
年額費用47,760円〜89,760円〜
補足月50件、5アカウントまで月100件、10アカウントまで

機能一覧

クラウドコントラクトには、上述した契約書の保管機能や契約状況の確認機能といった、便利な機能が多数搭載されています。タイムスタンプや電子署名にも対応しているので、契約業務に幅広く利用することができます。

契約書テンプレート三者間契約
データ取り込み印影登録
契約書レビューメールによる本人認証
コメント機能電子認証局による本人認証
ファイル添付手書きサイン
一括作成ダッシュボード
検索・絞り込み通知・催促アラート
契約更新通知承認状況の確認
閲覧制限グループ管理
文書エクスポートAPI連携
電子帳簿保存法対応ATS(採用管理システム)連携
文書スキャンERP連携
一括承認CRM連携
一括締結SFA連携

提供環境・技術情報

クラウドコントラクトの提供環境と技術情報は、以下の通りです。

提供形態

  • クラウド

OS

問い合わせ

ブラウザ

問い合わせ

アプリ

  • PC – Windows
  • PC – Mac
  • スマホ – Android
  • スマホ – iPhone
  • スマホ – iPad

API連携・サービス連携

クラウドコントラクトではAPI連携やサービス連携に関する情報は現時点では公開されていません。
自社で利用しているサービスと連携させることで、サービスがより使いやすくなることも多いので、この点はクラウドコントラクトを利用するにあたっての懸念事項といえるかもしれません。API連携やサービス連携をおこないたいと考えている方は問い合わせてみるとよいでしょう。

セキュリティ

クラウドコントラクトのセキュリティに関する説明は、現時点でホームページ上に記載はありません。詳細を確認したい場合には、ベンダーに問い合わせるとよいでしょう。
なお、クラウドコントラクトのサービスにはブロックチェーン技術が用いられています。ブロックチェーン技術は暗号資産にも用いられている技術であり、契約内容が改ざんされるリスクを防ぐことができるため、セキュリティ的にも安心して利用することができるでしょう。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 6244321)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

クラウドコントラクトでは、ホームページ上で「よくある質問」を公開しているので、そちらを確認することで初歩的な悩みであれば解決するでしょう。
電話やメールでの問い合わせにも対応しているので、「よくある質問」で悩みが解決しなかった場合は、電話やメールでサポートをおこなってもらうとよいでしょう。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. コールセンターの応対品質管理や向上のためのポイントを解説

  2. B-Roomの料金・機能は?インストール不要のオンライン商談ツールを解説!

  3. ジョブカン経費精算の特徴・価格・機能を紹介!

  4. F-RevoCRMの特徴・価格・機能を紹介!

  5. クラウドスタンプの特徴・価格・機能を紹介!

  6. GeAIne(ジーン)の機能・価格・評判を紹介!

  7. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  8. cyzenの特徴・価格・機能を紹介!

  9. Web会議中に起きるハウリングの原因とその対処法を詳しく解説

  10. CallTreeの特徴や魅力、料金プラン、機能一覧をご紹介