e-signの特徴・価格・機能を紹介!

電子契約を利用すると、契約手続きを今までよりもスピーディーかつスマートにおこなうことができます。この記事では、電子契約サービス「e-sign」の特徴や機能・価格などについて、説明します。完全無料で法人利用にも対応しているので、電子契約の導入を検討している企業の人は、ぜひ参考にしてみてください。

e-signとは

e-signは、エストニア発の電子契約サービスです。エストニアは電子契約大国として知られており、日本よりも電子署名による手続きが浸透しています。簡単な手順で契約を完結することができるので、パソコンが苦手な方でもすぐに利用することができるでしょう。

e-signの特徴

e-signの特徴としては、以下の3点が挙げられます。
ここでは、それぞれの特徴について説明します。

  • スマートフォン対応
  • ブロックチェーン技術を活用
  • 完全無料・永久無料

スマートフォン対応

e-signはスマートフォンに対応しているので、時間や場所を問わず契約手続きをおこなうことができます。
従来であれば取引先のオフィスに訪問するなどしなければ、契約手続きをおこなうことはできませんでした。しかしe-signを利用することで、移動の合間など、空いた時間に契約手続きをおこなうことが可能です。

ブロックチェーン技術を活用

e-signにはブロックチェーン技術が活用されているため、契約内容の改ざんなどを確実に防ぐことができます。ブロックチェーン技術は暗号資産にも用いられている技術であり、手続きや取引の履歴が鎖のようにつながることで、その一部に手を加えることを不可能にしています。
オンライン上の簡単な手続きだけで契約が完了することに対して、不安な方でも安心して利用できます。

完全無料・永久無料

電子契約サービスは、利用する頻度に応じてに利用料金が大きくなったり、契約している人数に応じた料金が発生したりするケースが多いです。しかしe-signは、契約する人数に関わらず完全無料で利用することができます。
個人・法人関係なくすべてのユーザーが無料で利用できるので、サービスの利用料金が導入のネックになると感じている人にとっては、非常におすすめです。

価格・料金プラン

上述したように、e-signは完全無料で利用することができます。
契約した後に手数料やオプションの料金などを支払う必要は、一切ありません。

料金プランは以下の通りです。

プラン名
初期費用無料
月額費用無料

機能一覧

e-signには、電子契約をおこなうための基本的な機能が搭載されています。
認定タイムスタンプや長期署名などには現段階では対応していませんが、今後の実装も検討されています。

契約書テンプレート三者間契約
データ取り込み印影登録
契約書レビューメールによる本人認証○ 
コメント機能電子認証局による本人認証
ファイル添付手書きサイン
一括作成ダッシュボード
検索・絞り込み通知・催促アラート
契約更新通知承認状況の確認
閲覧制限グループ管理
文書エクスポートAPI連携
電子帳簿保存法対応ATS(採用管理システム)連携
文書スキャンERP連携
一括承認CRM連携
一括締結SFA連携

提供環境・技術情報

e-signの提供環境と技術情報は、以下の通りです。
公式ホームページには提供環境・技術情報の記載がないため、運営会社に問い合わせましょう。

提供形態

問い合わせ

OS

問い合わせ

ブラウザ

問い合わせ

アプリ

問い合わせ

API連携・サービス連携

e-signのAPI連携やサービス連携への対応の有無は、現時点では公式ホームページ上での記載はありません。自社で利用しているサービスとの連携を検討している方は問い合わせてみるといいでしょう。

セキュリティ

e-signのセキュリティに関する説明は現時点ではホームページ上に記載はありませんが、上述したようにe-signにはブロックチェーン技術が用いられています。そのため、契約内容が改ざんされるリスクは低く、セキュリティ的にも安心して利用することができるでしょう。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001
(情報セキュリティ)
BCP対策
ISO/IEC 27017
(クラウドサービスセキュリティ)
SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701
(プライバシー情報)
GDPR
JIS Q 15001
(個人情報保護)
CCPA
CSMS(IEC 6244321)
(制御システムセキュリティ)
ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000
(ITサービス)
データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

e-signでは、ホームページ上でFAQを公開しているので、そちらを確認することである程度の悩みは解決するでしょう。
FAQでも解決しない悩みや問題に関しては、ホームページ上に設けられている問い合わせフォームから送信することもできます。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. FlexCRMの特徴・価格・機能を紹介!

  2. WowTalkの特徴・価格・機能を紹介!

  3. コールセンターでのAI(人工知能)活躍シーン6つを詳しく紹介

  4. Web会議の仕組みとは?テレビ会議の仕組みとの違いやシステムの選定ポイントをご紹介

  5. コールセンターで必要なCTIとは?連携できるシステムも紹介

  6. Stapleの特徴・価格・機能を紹介!

  7. Lite FreshVoice(ライトフレッシュボイス)の機能・価格・評判を紹介!

  8. directの機能・価格・評判を紹介!

  9. アウトバウンド・プロの特徴・価格・機能を紹介!

  10. ALLIGATE(アリゲイト)の機能・価格・評判を紹介!