教育におけるDXとは?GIGAスクール構想やEdTechの事例を紹介

DX(デジタルトランスフォーメーション)が推進されるようになり、社会の至るところでデジタル化が進んでいます。教育の現場でもDXは必要とされていますが、知識がなければ対応するのも難しいでしょう。この記事では、教育におけるDXの必要性や事例について解説します。DXがわからなくてもイメージが掴めるようわかりやすく説明しているので、DXについて知りたい方はぜひ本記事を読んでみてください。

DXとは

DXとは、デジタル技術を導入することで人々の生活を改善し、変革させることです。2004年にスウェーデンのウメオ大学で教授をしていたエリック・ストルターマン氏によって提唱されたのが、DXの始まりであると言われています。

日本でDXが浸透しはじめたきっかけは、2018年からおこなわれている経済産業省のDX推進です。経済産業省が取りまとめたDXレポートでは、ビジネス企業が2025年までに間にDXを実現しなければ年間12兆円の経済損失が発生する可能性があると呼びかけています。

参考:DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開~ (サマリー)

関連記事:DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?定義やメリットを解説

教育におけるDXとは

オンライン会議やテレワークなどの普及によって生活様式が変化していくことを受け、文部科学省でもデジタル化推進プランとしてDXを推進しています。その目的は、変わりゆく日常に対応できる新たな成長基盤の構築と、国民一人ひとりが得られる幸福感の向上です。DXによってこれまでにない学びの可能性がもたらされることを期待されています。

具体的なDXの例としては、以下のような取り組みが挙げられます。

  • 家庭学習カードのオンライン化
  • 付箋操作のオンライン化
  • 日程希望調査のオンライン化
  • 職員会議のペーパーレス化

上記例のように日常的なDXだけでなく、教育システムを根本的に変革させる計画も検討および実施が進んでいます。

教育DX|「GIGAスクール構想」とは

GIGAスクール構想とは、デジタル技術が進化し続けるIT社会のなかで、すべての子どもたちが各々にとって最適な学びを得ることができる環境を整備する計画です。この構想を実現するために、ハード面、ソフト面、人材面の3方向から環境を見直しています。

ハード面では、児童生徒の1人1端末所持や高速通信ネットワークの用意が進められています。ソフト面でおこなっている施策には、デジタル教材の導入や新しい学習指導要領の実施などが挙げられます。人材面については「GIGA StuDX推進チーム」が結成され、研修動画や情報の配信などが実施されています。

これら3つの面が一体となって整備が推進されることで学びの充実化が促進され、生徒や教師の力を最大限に引き出すことが、GIGAスクール構想によって実現しようとしている目標です。

教育DX|「EdTech」とは

EdTech(エドテック)とは、Education(教育)とTechnology(技術)を組み合わせた言葉で、IT技術によって教育分野を変革することをいいます。EdTechの例として、生徒一人ひとりが取り組める学習ソフトや、教師が生徒の学習進捗を確認できる管理システムが挙げられます。生徒一人ひとりに対する指導を最適化し、質の高い教育を受けられる環境を実現することが、EdTechの目標です。

経済産業省が提供しているEdTechライブラリーでは、GIGAスクール構想を視野に入れた取り組みである「未来の教室」の実証事業で使用されたEdTechの実例が掲載されています。2022年2月時点で12件の事例を確認することが可能です。

参考:未来の教室 EdTechライブラリー

教育DX|「STEAM教育」とは

STEAM教育とは、文系や理系といった教科の枠組みにとらわれない学習によって、課題を発見したり解決したりする能力を育成する教育方針です。STEAM教育のSTEAMは、以下の言葉の頭文字をとっています。

  • Science(科学)
  • Technology(技術)
  • Engineering(工学)
  • Art(芸術)
  • Mathematics(数学)

STEM教育に芸術のAを加えることで、論理的な問題では育てるのが難しいアイディア力や感性の成長を促します。

経済産業省が提供している未来の教室ページのSTEAMライブラリーでは、90を超える多様なテーマの教材が配信されています。テーマごとに複数のレクチャーが含まれており、動画や資料をダウンロードして閲覧することも可能です。

参考:未来の教室 STEAMライブラリー

プログラミング学習

学研プラスが提供する学習ソフト「Music Blocks」は、小学校に導入されているSTEAM教材の一つです。

Music Blocksはアメリカで生まれたソフトで、音楽と算数とプログラミングを同時に学習できます。音の高さや楽器の種類を表すブロックを組み合わせて音楽を作ることができます。ブロックの組み合わせ方でプログラミングに必要な論理的思考を、音の長さやスピードを数値によって指定することで分数などの算数的な要素を、それぞれ学ぶことが可能です。苦手な分野があったとしても、ほかの要素で楽しみながら学べるでしょう。

横浜市立梅林小学校などの学校や、岐阜県岐阜市の自治体などで導入されています。

参考:Music Blocks公式サイト

教育のDXはこれから注目の分野

ビジネス企業に比べて、教育業界はDXの導入事例がまだまだ少ないです。しかし、GIGAスクール構想の実現が進み、導入の成功例が増えていけば、これからDXが加速していく可能性が高いでしょう。そのため、今後この分野が注目されると予想されます。生徒や教師のためにも、DXの推進をできるところから検討してみてください。

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. コールセンターのクレーム対応で大切な4つの心構え

  2. directの機能・価格・評判を紹介!

  3. ジョブカン経費精算の特徴・価格・機能を紹介!

  4. コールセンター業務でチャットボットの導入がおすすめな9つの理由

  5. PASELLYの特徴・価格・機能を紹介!

  6. TIS CTI Cloudの特徴・価格・機能を紹介!

  7. 社内SNSとは?導入する4つのメリットもあわせて解説!

  8. LINC Bizの特徴・価格・機能を紹介!

  9. 無料で使える経費精算システム6選|無料トライアルができるシステムも紹介!

  10. Blue Beanの特徴や料金を紹介