DXサービス提供会社の選び方や企業に必要とされる理由とは

近年、日本でもDX(デジタルトランスフォーメーション)に向けたさまざまな取り組みが行われはじめています。しかし、情報処理推進機構(IPA)がまとめたレポートによると、2020年10月の時点で9割以上の企業がDXに未着手か、部分的な実施にとどまることがわかっています。(※1)
DXの実現には、データやデジタル技術の活用だけでなく、経営層が長期的な企業戦略を持ち、企業組織・企業文化を刷新していくことが必要です。自社だけでDXを推進するのが難しい場合は、ITベンダーやコンサルティング企業が提供するDXサービスを利用する方法もあります。この記事では、企業がDXに取り組むべき理由や、DXサービスの選び方、おすすめのDXサービスについて詳しく解説します。

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?経済産業省の定義を解説

そもそもDX(デジタルトランスフォーメーション)とは、どういった取り組みを指すのでしょうか。経済産業省の「DX推進指標」では、DXを次のように定義しています。(※2)

企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること

引用:「DX 推進指標」とそのガイダンス|経済産業省(P1)

つまり、単に「データとデジタル技術を活用」するだけでは、DXは実現できません。データとデジタル技術を起点として、新たな製品・サービスを創出し、ビジネスモデルを変革するのがDXの目標です。また、データとデジタル技術を一部の部門のみで活用するのではなく、全社的・部門横断的に活用する仕組みが必要です。DX推進指標では、最終目標(レベル5)を「グローバル市場におけるデジタル企業」と定義し、変化に強く、市場での競争優位性を発揮できる企業をDXの理想像としています。(※2)

DXが企業に必要とされる2つの理由

なぜDXが企業に必要とされるのでしょうか。企業でDXへの取り組みがはじまった社会背景を解説します。

新たな製品・サービスを創出し、競争優位性を確保するため

「2025年の崖」問題に対処するため

経済産業省が「DXレポート」で警鐘を鳴らしたのが、「2025年の崖」と呼ばれる問題です。2025年の崖とは、企業が老朽化・肥大化した古いシステム(レガシーシステム)を使い続けた場合、競合他社への遅れや、多大な保守運用コストなどにより、2025年以降最大12兆円/年の経済的損失が発生するという予測のことです。(※3)「2025年の崖」問題に対処し、将来的なリスクを抑えるため、DXの実現は今や急務となっています。

関連記事:DXと2025年の崖の関係とは?課題や対策についても解説

DXサービスを選ぶ2つのポイント

とくに中小企業やスタートアップ企業などの場合、自力でDXを推進するのは困難なケースがあります。その場合、ITベンダーやコンサル企業が提供するDXサービスを利用する方法も検討しましょう。DXサービスを選ぶときのポイントを2つ解説します。

まずはITベンダーの得意領域をチェックしよう

日経BP総合研究所の調べによると、企業がDXを実現するためのパートナーを選ぶとき、もっとも重視するのが「コンサルタント/技術者のスキル(75.5%)」であることがわかっています。(※4)
しかし、コンサルタントや技術者のスキルは担当者によって差があります。まずはパートナー候補の企業の得意領域や得意分野をチェックしましょう。パートナーの実績を調査し、事前に得意領域を知ることで、自社に合ったパートナーと出会える可能性が高くなります。

導入事例を調べ、活用イメージをふくらませる

また、パートナー候補の企業の導入事例を調べ、あらかじめ活用イメージをふくらませておくことも大切です。とくに自社とよく似た業種・業態の導入事例を見れば、どのようにDXを進めていくのか、DXのためにどのような技術の導入が必要なのか、予算感・規模感はどうなるのかなど、具体的なDXのイメージを掴めます。DXサービス選びで失敗しないためには事前調査が大切です。

DXの推進のため、DXサービスの利用も検討しよう

刻一刻とビジネスのIT化が進む今、競争優位性を確保するにはIT化のその先にあるDXに取り組む必要があります。コストや人的リソースの面でDXの推進が困難な場合は、「DXサービス」の利用も検討しましょう。DXサービスを選ぶときは、ITベンダーやコンサルティング企業の得意領域をチェックし、導入事例や導入実績を通じて活用イメージをふくらませることが大切です。

(※1)情報処理推進機構(IPA)|デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進に向けた企業とIT人材の実態調査
(※2) 経済産業省|「DX 推進指標」とそのガイダンス
(※3)経済産業省|DXレポート~ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開~(サマリー)
(※4) 日経BP総合研究所|DXで手を組むITベンダー選び、ユーザー企業が重視すること16項目ランキング

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. Goalousの機能・価格・評判を紹介!

  2. ASTERIA Warpの機能・価格・評判を紹介!

  3. Stapleの特徴・価格・機能を紹介!

  4. イーベ!の機能・価格・評判を紹介!

  5. SFAの運用を効果的におこなうには?6つのポイントを解説

  6. 総務業務をDX化する3つのメリットと注意点

  7. リモートトークの特徴・価格・機能を紹介

  8. 中小企業向けのSFA15選!SFA導入メリットや選ぶ際のポイントも紹介!

  9. Salesforceと連携できる名刺管理7選|無料で使えるツールも!

  10. カイクラの特徴・料金・システムを紹介