DXに必要なスキルとは?資格やマインドセットについても解説

2021年5月12日にデジタル改革関連法が成立し、新たにデジタル庁が創設されるなど、DX(デジタルトランスフォーメーション)に向けた動きが日本全体で加速しました。民間企業もDXを推進するため、最先端のITの導入や、デジタル技術を用いたビジネスモデルの変革に取り組んでいます。しかし、企業の課題となっているのが、DXを推進するための「DX人材」の不足です。経済産業省によると、2018年の時点でIT系人材の需給ギャップはマイナス22万人に達し、2030年にはおよそ45万人の人材不足が発生すると予測されています。(※1)DX人材を確保するには、DX人材に必要なスキルや資格を知り、早い段階からDX人材の育成に取り組むことが大切です。この記事では、DX人材に必要なスキルマップやマインドセット、DX人材のスキルアップの方法をわかりやすく解説します。

(※1)経済産業省:IT人材需給に関する調査(概要)

DX人材に必要なスキルや資格とは

経済産業省によると、DXの推進にあたって確保すべき「DX人材」とは、次の2つの条件を満たす人材を指します。(※2)

  • DX推進部門におけるデジタル技術やデータ活用に精通した人材
  • 各事業部門において、業務内容に精通しつつ、デジタルで何ができるかを理解し、DXの取組をリードする人材、その実行を担っていく人材

つまりDXスキルとは、デジタル技術を使いこなす「デジタル知見」だけでなく、デジタル技術をビジネスに活かす「ビジネス知見」も含む概念です。三菱総合研究所によると、DX人材に必要なスキルや資格は次の3点です。(※3)

データサイエンス・エンジニアリングITやデータサイエンスといったデジタル技術を駆使し、サービスやアプリケーションの設計から実装までおこなうスキル
ビジネス・サービス設計ビジネスモデルを構築するスキルや、ユーザーへの深い理解に基づいてUX/CXを設計するスキル
組織・プロジェクト管理DX推進に向けて、リーダーシップを発揮しながら組織をマネジメントしていくスキル

ただし、DX人材がこうしたスキル全てを獲得しなければならないわけではありません。社内のDX人材が持つ多様なスキルセットを組み合わせ、DX推進にむけてチーム全体として機能させていくことが求められます。

(※2)経済産業省:デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX推進ガイドライン)Ver. 1.0

(※3)三菱総合研究所:DX成功のカギはデジタル人材の育成(第3回:DX人材に求められるスキルとマインドセット)

DX人材に必要とされる7つの役割

情報処理推進機構(IPA)は、デジタルビジネス推進企業へのアンケートに基づき、DX人材に求められる役割を7つに分けています。(※4)

プロダクトマネージャーDXやデジタルビジネスの実現を主導するリーダー格の人材
ビジネスデザイナーDXやデジタルビジネス(マーケティング含む)の企画・立案・推進等を担う人材
テックリード(エンジニアリングマネージャー、アーキテクト)DXやデジタルビジネスに関するシステムの設計から実装ができる人材
データサイエンティスト事業・業務に精通したデータ解析・分析ができる人材
先端技術エンジニア機械学習、ブロックチェーンなどの先進的なデジタル技術を担う人材
UI/UXデザイナーDXやデジタルビジネスに関するシステムのユーザー向けデザインを担当する人材
エンジニア/プログラマシステムの実装やインフラ構築・保守等を担う人材


DX人材のなかでも、とくに重要な役割が「プロジェクトマネージャー」「ビジネスデザイナー」です。IT企業、ユーザー企業いずれを対象としたアンケート調査でも、70%以上の企業が重要度が高いと回答しています。(※4)プロジェクトマネージャーには、管理職クラスの人材や社内のエース格の人材を任命し、DX推進に向けてチーム全体を引っ張っていくことが求められます。また、ビジネスデザイナーはデジタルビジネスやマーケティングの観点からチームをサポートしていく必要があるため、ビジネスへの造詣が深い人材を任命するのが一般的です。

DX人材に必要なマインドセットを解説

DX人材に求められるのはスキルセットだけではありません。DX人材には現状を変革するため、常に新しい技術を学び、吸収していくマインドセットも必要です。経済産業省のDXレポート2でも、DX人材は「常に新しい技術に敏感になり、学び続けるマインドセットを持つこと」が重要だと述べられています。(※5)また、DX人材に欠かせないのが、「リスクを取り、チャレンジする」「チームの多様な価値観を受け止め、変化を受容する」マインドです。この2点は情報処理推進機構(IPA)の調査において、DXの成果が出ている企業とそれ以外の企業の間でもっとも差が大きく現れたマインドでもあります。(※4)DX人材を育成するときは、スキルセットだけでなく、マインドセットにも目を向けましょう。とくにDX推進チームを引っ張っていくプロジェクトマネージャーやビジネスデザイナーには、チャレンジを恐れず、チームの多様な価値観を受容できるマインドが欠かせません。

(※4)情報処理推進機構:デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進に向けた企業とIT人材の実態調査

(※5)経済産業省:DXレポート2

DX人材を育成・確保する方法

DX推進の中核を担う「プロジェクトマネージャー」や「ビジネスデザイナー」は、中途採用も含め、社内で確保する企業が一般的です。しかし、技術の進歩が速い「先端技術エンジニア」や、サービスやソフトウェアのUI/UXを設計する「UI/UXデザイナー」など、専門的な技術が求められるDX人材は外注を検討する企業も少なくありません。ここでは、DX人材を育成・確保するための方法を2つ紹介します。

DX関連のスキルアップが可能な仕組みをつくる

DX人材を継続的に確保するには、社内でDX関連のスキルアップが可能な仕組みをつくり、人材育成をおこなう必要があります。全社的にDX教育を実施すれば、「常に新しい技術を学び、吸収する」「リスクを取り、チャレンジする」「チームの多様な価値観を受け止め、変化を受容する」といったマインドを社内に定着させ、組織風土の醸成も期待できます。

DX人材を外部から獲得する

「先端技術エンジニア」「UI/UXデザイナー」など、専門的な技術に関わるDX人材の場合、社内育成では大きなコストがかかる可能性があります。そのため、DX人材を社外から獲得したり、外部パートナーに業務委託をおこなったりする方法も効果的です。近年は、DX人材がメインの転職サービスが次々とリリースされるなど、DX人材市場が流動化しています。DX人材が不足している場合は、外部から人材登用をおこなうことも検討しましょう。

DX推進にむけて、スキル・資格・マインドセットを育てよう

DXを推進し、デジタル技術を用いてビジネスモデルを変革するために欠かせないのが「DX人材」です。DX人材に求められるのが、「データサイエンス・エンジニアリング」「ビジネス・サービス設計」「組織・プロジェクト管理」といったスキルです。また、DX人材には変化を恐れず、チームメンバーの多様な価値観を受容するマインドセットも欠かせません。DX人材に必要なスキルや資格、役割、マインドセットを知り、DX人材の育成に取り組みましょう。

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. sMeetingの機能・価格・評判を紹介!

  2. DX投資促進税制とは?わかりやすく解説!

  3. 領収書の訂正方法・訂正印とは|宛名や日付、金額の訂正の仕方を説明

  4. クラウドサイン(Cloud Sign)とは?使い方、料金、評判などを解説

  5. 無料のCRMツール(顧客管理システム)10選|選び方も解説!

  6. カイクラの特徴・料金・システムを紹介

  7. コロナ禍こそ、社内SNSの活用で企業成長に導く|Talknoteの事例に見る #SaaSトレンド

  8. SFA「Oracle Sales Cloud」とは?価格・特徴・評判を紹介!

  9. Ever Callの機能・価格・評判を紹介!

  10. レシートポストの特徴・価格・機能を紹介!