COLLABOS PHONEの機能・価格・評判を紹介!

「できるだけ早くコールセンターを開設したい」「予算は少ないけれど、コールセンター運営に必要な基本的な機能が欲しい」などの要望がある企業ににおすすめしたいのが、短期間・低コストで導入できるCTIシステム「COLABBOS PHONE」です。今回はCOLLABOS PHONEの機能・価格・評判についてご紹介します。

COLLABOS PHONEとは

COLLABOS PHONEは、パソコンとインターネット環境があれば低価格・短期間で手軽に導入できるクラウド型コールセンター向けCTIシステムです。

業務負担を軽減するだけでなく、働き方改革による在宅勤務やテレワークへの対応を目的とした導入例もあり、現在では業界や業種問わず多くの企業に利用されるサービスとなっています。

COLLABOS PHONEの特徴

COLLABOS PHONEの特徴として、次の3つが挙げられます。
これらの特徴を一つひとつ詳しく解説します。

  • 秒単位の課金でコストダウンが可能
  • 発注から最短3週間でスピーディーに導入可能
  • コールセンター運営に伴う機能をオールインワンで提供

1. 秒単位の課金でコストダウンが可能

従来のCTIシステムでは3分単位の課金設定が主流でした。しかし、この設定ではもし1分しか話さなかった場合でも3分間の料金が発生してしまいます。一方、COLLABOS PHONEでは以下のように、1秒単位で課金する料金プランが設定されています。

固定電話での発信0.06円/1秒
携帯電話での発信0.25円/1秒

通話しなかった時間分の料金は削減することが可能です。1分間の通話料金を従来のCTIシステムと比較してみましょう。

従来のCTIシステム COLLABOS PHONEの秒課金プラン
通話料金7.8円/3分間0.06円/1秒間
1分間の通話料金7.8円0.06円×60秒=3.6円

両者の間には4.2円ものコスト差が生まれます。このように短時間の通話が多い企業であれば、コストを大きく削減できる可能性があるのです。

2. 発注から最短3週間でスピーディーに導入可能

サーバーやネットワークを自社で保有する「オンプレミス型」のCTIシステムは、設計・プログラミングなど各工程に時間がかかり、導入までに半年以上かかってしまうことが珍しくありません。
しかし、クラウド型CTIシステムであるCOLLABOS PHONEなら、サーバー設定はExcelファイルに必要事項を記入して返送するだけなので簡単です。発注から最短3週間で利用開始できます。

導入にあたって用意する必要があるのは、次の4点です。

  • 固定IPアドレス
  • インターネット回線
  • オペレーターのPC
  • ヘッドセット

CTIシステム導入の初期投資にかかる費用も最小限に抑えられます。また、複雑な調整が不要なため、サーバーの運用・保守に必要なランニングコストも削減できます。

3. コールセンター運営に伴う機能をオールインワンで提供

COLLABOS PHONEでは低コスト・短期間での導入が可能であり、機能面も充実しています。コールセンター運営に伴う機能がオールインワンで搭載されています。

【ソフトフォン】
発信・応答・保留・転送など電話としての基本機能はもちろん、以下の機能も利用することができます。

  • 最大5人まで同時通話できる「会議」
  • オペレーターとお客様の通話をモニターできる「モニタリング」
  • モニタリング時にオペレーターに指示できる「コーチング」
  • オペレーターごとの稼働状況を閲覧できる「プレゼンス」
  • 業務ごとの顧客の待ち状況を確認できる「待ち呼」

【レポート機能】
コールセンターやオペレーターの状況をリアルタイムで確認できる「リアルタイムレポート」や、過去のコールセンターの統計を閲覧・検索できる「ヒストリカルレポート」、入電・架電の履歴、1通話ごとの結果を確認できる「コールレコード」を利用できます。

【録音機能】
通話や留守電を録音します。過去の録音の検索・再生も可能です。

【コールフロー機能】
管理画面から自由に設定を変更でき、使いやすい形にカスタマイズすることが可能です。以下の機能が利用できます。

  • 着信振り分け機能(ACD)
  • 音声自動応答(IVR)
  • トークスクリプト設定:発着信時にトークスクリプトをポップアップ
  • CTI連携:CRM(顧客情報管理)とのURL連携により、着信時に顧客情報を自動検索してポップアップ

価格・料金プラン

COLLABOS PHONEの料金は以下の通りです。詳細な通話料金については公式サイトに問い合わせて確認することをおすすめします。

初期費用200,000円〜
月額費用4,000円/Ch~

機能一覧

COLLABOS PHONEには、コールセンター運営に必要となる機能がオールインワンで搭載されています。

IVR(自動音声応答)プレディクティブコール
コールキューイング(待ち呼)通話スコアリング
通話振り分け機能文字起こし
着信履歴機能自動録音
ポップアップ機能ダッシュボード
モニタリング機能SFA連携
ささやき機能CRM連携
ワンクリック発信チャット連携

提供環境・技術情報

COLLABOS PHONEの提供環境と技術情報は以下の通りです。詳細を確認したい場合には、問い合わせることをおすすめします。

提供形態

  •  クラウド

OS

問い合わせ

ブラウザ

問い合わせ

アプリ

問い合わせ

API連携・サービス連携

COLLABOS PHONEは、CRMとの連携が可能です。CRMとは顧客情報の整理・管理をおこなうシステムのことです。自社サービスである「COLLABOS CRM」をはじめ、CRMサービスと連携することで、着信時に顧客情報を自動検索してポップアップしてくれます。

セキュリティ

COLLABOS PHONEのセキュリティは以下の通りです。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 6244321)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間356日監視AD連携

サポート

COLLABOS PHONEの導入後は、運用保守サポートを利用できます。緊急時サポートに対応しているので、急なトラブルが発生したときにもすぐに連絡できます。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. 経費精算をエクセルで効率化!無料の経費精算表テンプレートあり

  2. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  3. CRM導入のメリット・デメリットやSFAとの違いを徹底解説!

  4. PrimeMeetingの特徴・価格・機能を紹介

  5. COLLABOS PHONEの機能・価格・評判を紹介!

  6. LINC Bizの特徴・価格・機能を紹介!

  7. DXの必要性とは?やらないとどうなる?DXに取り組む理由を解説

  8. ちきゅうの特徴・価格・機能を紹介!

  9. 経費精算をアウトソーシングする理由やメリット|おすすめの代行会社の選び方とは

  10. AQStage IPコールセンタサービスの機能・価格・評判を紹介