PhantomIIの機能・価格・評判を紹介!

テレアポ業務に欠かせないCTIは、PCと電話を連動させるシステムです。CTIシステムは多くの種類があり、機能やサービスに違いがあります。この記事では「Phantom Ⅱ」について紹介します。Phantom Ⅱはスマートフォンをオペレーター用の端末に使うユニークなCTIシステムです。拠点ごとにシステムを構築する手間が省くことができます。「在宅ワークを進めたいけど大げさなシステム構築はしたくない」などと悩んでいる人は、ぜひ検討してみてください。

Phantom Ⅱとは

Phantom Ⅱはスマートフォンをオペレーター用端末として利用するCTIです。「スマートフォンがメインだとほかのサービスと比べて機能が劣るのではないか」と思うかもしれませんが、Phantom Ⅱは、端末からでもCRMにアクセス可能で、オートコールや全通話録音といった一通りの機能を備えています。

Phantom Ⅱの特徴

Phantom Ⅱの特徴として、スマートフォンをオペレーター用端末として使っていることやランニングコストの削減、シンプルでも十分な機能の管理ソフトといった点が挙げられます。それぞれの特徴を詳しく説明していきます。

スマートフォンを使うから在宅ワークに最適

Phantom Ⅱはスマートフォンをオペレーター用端末として使います。専用アプリを入れたスマートフォンがあれば環境構築もほとんど不要なので、在宅ワークに最適です。

機能も十分で、自社でセットした顧客リストに基づいて架電するため、PCを使ったCTIと比べても引けを取りません。架電先が出ないときに自動でスキップして次の番号へ架電するオートコール機能や通話の自動録音機能も備えています。

端末自体が小型なスマートフォンは、紛失や盗難による顧客情報などの漏洩が心配という人もいるでしょう。しかし、Phantom ⅡはQRコードを使った認証をおこなっており、情報漏洩の防止にも注意が払われています。

ランニングコストの削減

IP電話を使ったシステムは、1オペレーターにつき2万円から4万円程度かかってしまうこともあります。しかし、携帯電話を使ったシステムのPhantom Ⅱは、通話料金が1オペレーターあたり月額2,700円と非常に低額です。かけ放題の定額制で通話時間を気にする必要もないため、ランニングコストを削減することができます。

シンプルでも充分な機能の管理ソフト

Phantom Ⅱの管理ソフト「Phantom Ⅱマネージャー」には複数業者対応、商品管理、スタッフ管理などの機能があります。在宅ワークで働いているスタッフも容易に管理できるのが特徴です。オペレーターごとの個別コール状況などが把握できるうえ、自動で録音された通話を管理側からダウンロードすることもできます。また、勤怠管理によって給与計算などの負担を軽減できる点もメリットです。

価格・料金プラン

Phantom Ⅱの価格と料金プランは以下の通りです。

プラン名
月額費用通話料:2,700円/1オペレーター
補足6,980円/台

機能一覧

Phantom Ⅱの機能一覧は、次の通りです。

IVR(自動音声応答)プレディクティブコール
コールキューイング(待ち呼)通話スコアリング
通話振り分け機能文字起こし
着信履歴機能自動録音
ポップアップ機能ダッシュボード
モニタリング機能SFA連携
ささやき機能CRM連携
ワンクリック発信チャット連携

提供環境・技術情報

Phantom Ⅱの提供環境と技術情報は以下の通りです。管理アプリはGoogle Chromeに対応しています。アプリはAndroidで利用できます。

提供形態

  • クラウド

OS

問い合わせ

ブラウザ

  • Google Chrome

アプリ

  • スマホ – Android

API連携・サービス連携

Phantom ⅡのAPI連携やサービス連携については、情報が公開されていません。詳しくは問い合わせが必要です。

セキュリティ

Phantom Ⅱのセキュリティ情報は公開されていません。詳しくは問い合わせが必要です。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001
(情報セキュリティ)
BCP対策
ISO/IEC 27017
(クラウドサービスセキュリティ)
SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701
(プライバシー情報)
GDPR
JIS Q 15001
(個人情報保護)
CCPA
CSMS(IEC 6244321)
(制御システムセキュリティ)
ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000
(ITサービス)
データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

Phantom Ⅱはオンラインマニュアルが用意されているほか、営業時間内は電話テクニカルサポートが開設されています。営業時間外も24時間受付のメールサポートを受けられます。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. EyeVision(アイビジョン) NEOの機能・価格・評判を紹介!

  2. U メッセンジャーの特徴・価格・機能を紹介!

  3. AURAの機能・価格・評判を紹介!

  4. 経費精算ワークフローの意味やシステム化するメリットを解説

  5. 名刺de商売繁盛の特徴・価格・機能を紹介

  6. GrooForce for Businessの特徴・価格・機能を紹介!

  7. SFAの運用を効果的におこなうには?6つのポイントを解説

  8. MORA Video Conference(モーラビデオカンファレンス)の機能・価格・評判を紹介!

  9. 「クラウドサイン」とIDを統合管理する「KDDI Business ID」のシステム連携から読み解く #SaaSトレンド

  10. MarkONEシリーズの機能・価格・評判を紹介!