CRM「SAP Customer Experience」とは?機能・料金・評判を紹介!

SAP Customer Experienceとは

SAP Customer Experience

SAP Customer Experience(SAP C/4 HANA)は、ヨーロッパ最大級のシステムベンダーであるSAP社が提供しているCRMサービスです。2018年7月25日にSAP Hybrisからアップデートされ、大幅な機能追加のうえでリリースされました。

SAP社は基幹業務システム(ERP)のトップシェアを誇る企業で、CRMサービスであるSAP Customer Experienceは、ERPサービスのSAP S/4HANAをバックエンドとして動いています。そのため、自社製品だけでCRMとERPをスムーズに連携でき、CRMの顧客データと、在庫管理や入出庫管理、生産管理といったERPの業務データを結びつけることができます。

また、SAP Customer Experienceだけで、それぞれの分野に特化したSales Cloud、Marketing Cloud、Service Cloud、Commerce Cloud、Customer Data Cloudの5つのアプリケーションを利用でき、見込み顧客の獲得から優良顧客の育成までの全てのマーケティングプロセスを効率化できます。

【関連記事】【かんたん図解】CRMとは?CRMの基本をわかりやすく解説

SAP Customer Experienceの特徴|ポイントを押さえて解説

ほかのCRMサービスと比較して、SAP Customer Experienceにはどんな特徴があるのでしょうか。ここでは、SAP Customer Experienceの魅力を3つ解説します。

1.パーソナライズ化された顧客体験を実現

SAP Customer Experienceは、膨大な顧客データを分析し、顧客一人ひとりにパーソナライズされた顧客体験を提供できるCRMサービスです。

見込み顧客をロイヤルティの高い優良顧客に転換するためには、顧客を動かす目に見えないインサイトを把握し、具体的な購買行動につなげる必要があります。SAP Customer Experienceは、顧客データをリアルタイムに活用する顧客分析と、顧客の将来の購買行動を分析する予測分析の2つの機能によって、顧客への洞察をさまざまな角度から深め、顧客一人ひとりからのエンゲージメントを強化できます。

2.1つのプラットフォームでデータを一元管理

SAP Customer Experienceは、すべての顧客データを1つのプラットフォームで一元管理できます。eコマース、セールス、カスタマーサービス、ソーシャルメディア管理など、さまざまな部門や業務で発生する顧客データをスムーズに連携し、社内全体で共有できます。

また、バックエンドのSAP S/4HANAを活用し、顧客データと業務データを組み合わせることも可能です。
豊富なデータを活用することで、多角的な経営判断や、スピーディーな戦略立案が実現します。新たにデータベースシステムを導入する必要がなく、コスト削減にもつながります。

3.SAP Business Technology Platformとの連携

SAP Customer Experienceは、SAP社が提供するビジネス統合プラットフォームのSAP Business Technology Platformと連携し、企業の事業価値をさらに高めることができます。

SAP Business Technology Platformは、同社が提唱する「インテリジェントエンタープライズ」の考えに基づき、他社製品とも連携しつつ、データ資産を活かすための強固なビジネス基盤を築くツールです。

SAP Business Technology Platformは、オンプレミスやクラウドの垣根を越えてデータを連携させる機能や、アプリケーション開発機能によって、あらゆる場所のデータを統合管理するデータプラットフォームの構築をサポートします。

SAP Customer Experienceの機能や使い方

SAP Customer Experienceには、5つのアプリケーションが存在します。ここでは、それぞれのアプリケーションの機能や使い方を解説します。

1.SAP Sales Cloud|販売プロセスの自動化で売上向上に貢献

SAP Sales Cloudは、販売プロセスを自動化し、売上向上に貢献できるアプリケーションです。SAP Sales Cloudには、次の3つの機能があります。

セールスオートメーション 営業活動のデジタル化を進め、顧客情報や営業コストを見える化し、成約率を向上させる
販売実績管理 精度の高い販売実績の分析に基づき、スピーディーな戦略立案を実現する
見積作成 見積り作成を合理化し、取引スピードを上げる

これらの機能により、顧客とのつながりを深め、成約率の向上や販売プロセスのスピードアップを実現したい場合に役立てることができます。

2.SAP Marketing Cloud|収益を適切に管理

SAP Marketing Cloudは、顧客の行動を把握し、顧客一人ひとりに最適化された顧客体験を提供できるアプリケーションです。
SAP Marketing Cloudには、さまざまな部署や業務の顧客データを1つに集約し、顧客プロファイルを作成する機能があります。作成した顧客プロファイルに基づき、顧客の欲求や行動といった根拠に基づくマーケティング戦略を仕掛けることで、成長促進や収益拡大につながります。
顧客のプロファイリングや、データに基づくマーケティング計画やキャンペーン計画を組み立てたい企業に向いているツールです。

3.SAP Sevice Cloud|顧客に近い現場のサービスエクスペリエンスを改善

SAP Sevice Cloudは、カスタマーサービスの質を高め、ロイヤルティの高い優良顧客を生み出すためのアプリケーションです。SAP Sevice Cloudには、電話、メール、ソーシャルメディア(SNS)、チャットボットなどのさまざまなコミュニケーション手段を1つの管理画面で運用できる「オムニチャネルサービス」があります。

顧客からの問い合わせの際に顧客情報をポップアップする機能や、顧客からの入電を最適な担当者につなぐ「インテリジェントルーティング」により、現場のサービス体験を改善し、顧客満足度を高められます。

また、クロスセルとアップセルの最適なタイミングを分析する「エージェントデスクトップ」によって、顧客単価を高め、事業収入を拡大することも可能です。

4.SAP Commerce Cloud|顧客に最適な体験を

SAP Commerce Cloudは、eコマースを最適化するためのアプリケーションで、Gガートナー社の「Magic Quadrant for Digital Commerce 2020」で、高く評価されました。消費者へ直接商品やサービスを販売するBtoC、企業間で取引をおこなうBtoB、他社のBtoC事業をサポートするBtoBtoCなど、さまざまな販売形態に対応し、顧客に最適なエクスペリエンスを提供できます。

また、旅行、メディア、金融サービス、官公庁など、さまざまな業種に役立つ固有の機能も搭載されており、業種や業界を選ばず活用できるのがSAP Commerce Cloudの強みです。

5.SAP Customer Data Cloud|顧客データからインサイトを収集

SAP Customer Data Cloudは、顧客データを統合管理し、SAP Marketing CloudやSAP Sevice Cloudなど、ほかのアプリケーションのベースとなる機能です。SAP Customer Data Cloudがあれば、ECサイトへのアクセスやリアル店舗への訪問など、さまざまな顧客接点から得られた顧客データを収集し、顧客のインサイトを収集できます。

個人情報の収集および利用の際、事前に顧客の同意やオプトアウト(※1)の意思を確認できるため、顧客の信頼を失う心配がありません。顧客データを活用する基盤がない企業は、まずSAP Customer Data Cloudを導入しましょう。

※1:メールマガジンなどの宣伝広告をユーザーが拒否すること。

【関連記事】CRMの機能一覧|職種別に基本機能を徹底解説!

SAP Customer Experienceの価格

SAP Customer Experienceを構成する5つのアプリケーションは、いずれも無料トライアルが用意されていて、30日間無償で利用することができます。

無料トライアルが終了した後は、予算や利用人数に合わせ、各プランを選ぶ必要があります。いずれも利用料金は問い合わせる必要がありますが、SAP Commerce CloudにはStandard editionとProfessional edition、SAP Marketing Cloudの場合はさらにEnterprise editionと、複数の価格オプションが用意されています。

導入を検討されている方は、SAP Customer Experienceのホームページから見積りをリクエストしましょう。

SAP Customer Experienceの評判

導入の際に気になるのが、SAP Customer Experienceの評判です。
ここでは、SAP Customer Experienceの活用事例を3つ紹介し、導入効果を解説します。

eコマースの基盤を強化|Frucor Suntory社

Frucor Suntory社は、50年以上の業歴がある老舗飲料メーカーで、オーストラリアとニュージーランドの両地域で飲料品販売を行っています。同社はSAP Customer Experienceを導入し、eコマースの基盤を強化した結果、3,000社以上の顧客が24時間365日商品をオンライン購入できるプラットフォームの構築に成功しました。

また、SAP Sales CloudとSAP Commerce Cloudを組み合わせ、受注から入金までの販売プロセスの効率化を実現しました。

参考:Frucor Suntory – オンラインでの飲料品販売によって成長を促進し、1 対1 のカスタマーエクスペリエンスを向上させる

アフターサービスの高度化を実現|川崎重工業社

船舶海洋・車両など、幅広く事業を展開している川崎重工業社では、CRMの情報とIoT/M2MデータをSAPのシステムによって分析し、不具合の洗い出しに活用しました。

設計部門・サービス部門へ適切なフィードバックを行うことで、製品自体の高度化に役立てており、保守サービスや苦情対応、アフターサービスなどの質の向上を実現しています。

参考:顧客事例|川崎重工業株式会社様

キャンペーンの実行を1カ月から1時間に短縮|Robert Bosch社

世界60カ国に消費財や工業機械を展開するRobert Bosch社は、SAP Customer Experienceを導入し、セールス部門とマーケティング部門の業務を効率化させることに成功しました。

とくにSAP Marketing Cloudの導入で、従来はキャンペーンの実行に約30日かかっていたところ、わずか1時間に実行時間を短縮させることができました。顧客をセグメントに分け、適切なアプローチを仕掛けることで、顧客単価の向上にも成功しています。

参考:Robert Bosch – 従来のプロセスに風穴を開け、カスタマーエクスペリエンスを改善

【関連記事】CRMの事例集|EC・通販業界・スポーツ業界での導入効果はいかに

SAP Customer Experienceを導入してマーケティング活動を成功させよう!

ここまで、SAP Customer Experienceを構成する5つのアプリケーションの機能や、利用料金について解説しました。SAP Customer Experienceを導入すれば、膨大な顧客データから顧客のインサイトを発見し、顧客一人ひとりにパーソナライズされたサービスを提供できます。

CRMサービスを導入するときは、複数の製品を比較することが大切です。あらかじめ経営課題を分析したうえで、自社に合うサービスを選びましょう。

【関連記事】【最新版】CRMツール26選を徹底比較!料金・特徴・メリットなど

【関連記事】クラウドCRMサービスを比較!無料など安い順に紹介

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. 経費精算幕僚の特徴・価格・機能を紹介!

  2. ジンジャー人事の機能・価格・評判を紹介!

  3. 名刺ファイリングCLOUDの特徴・価格・機能を紹介

  4. JUST.SFAの特徴・価格・機能を紹介!

  5. RemoteMeetingの機能・価格・評判を紹介!

  6. バックオフィスのDX推進が急務!その理由や導入時のポイント

  7. 電子契約の浸透率は?2020年に浸透したビジネスシーンの電子化 #SaaSトレンド

  8. 政府のDX推進施策とは?DXに関わる法律や制度を解説!

  9. BtoBプラットフォーム 契約書の機能・価格・評判を紹介!

  10. 領収書と領収証の違い│国税庁による定義や使い分けも解説