DXログ|DX推進のためのクラウドサービス比較サイト

あなたの企業のDX推進室

サービス掲載について

  • カテゴリから探す
  • 記事から探す
  • DXログとは

リスキリングで何を学ぶべき?人気スキルやおすすめの資格を紹介

DX

2023.12.18

2023.12.18

政府は人材育成のためにリスキリングを推進しようとしており、今後リスキリング制度の導入は増えていくことが予想されます。リスキリングにより何を学ぶかで迷われている人もいるかもしれません。当記事では、リスキリングの意味やメリットを説明したうえで、リスキリングで学ぶのが推奨されるスキルを解説します。また、リスキリングの際に役立つ資格についても紹介します。

▼リスキリングについて詳しく知りたい方はこちらもチェック!

リスキリングとは

リスキリング(Reskilling)とは、社会人の学び直しのことで、業務で必要になるスキルや知識を習得して、働き方の多様化や技術の発展などによる社会環境の変化に柔軟に対応する目的でおこなわれます。リスキリングは、企業が主体であることや、従業員は現職から離れないことが特徴です。

リスキリングで学習される分野は語学や職業資格など多岐にわたりますが、近年はDXに関するスキルの新規取得を目的としてDXリスキリングをリスキリングととらえることも増えています。

現在将来の経済損失を防ぐためにも、経済産業省を中心に企業のDXを推進する動きが強まっています。

企業がDXを進めるにはDX人材が必要となります。

しかし、IT業界の急成長や少子高齢化の影響もあり、ITスキルをもっている人材は不足しているため、企業がDX人材を確保しようとしても、採用コストがかかります。そこで、自社で人材を育成するリスキリングが注目されているのです。

 

リスキリングとは?意味・事例・メリットをわかりやすく解説!

近年では、IT技術の急激な発展の影響もあり、DXを推進したり、DX人材を育成したりするために、注目を集めているのが「リスキリング」です。しかし、リスキリングという用語を聞いたことはあるけれど、具体的な意味はわからないという方は多いのではないのでしょうか。 リスキリングとはどのような意味やメリットがあるのかについて解説します。また、リスキリングを実施する方法も紹介します。

DX 2022.12.12

リスキリングのメリット

リスキリングにより新たな知識やスキルを習得することで、業務効率の向上が期待できます。生産性が上がることにより、他の業務に手をまわす時間を作れたり、残業時間を削減したりできるというメリットがあります。

また、リスキリングでは自社で人材を育成できるため、新たに必要な人材を雇用する必要がなくなります。さらに、社内の風土・文化を理解している従業員に学んでもらうので、新しく身に付けた知識やスキルをスムーズに業務へ生かすことが可能です。

 

リスキリングのメリット・デメリットとは?必要な理由や問題点も解説!

DXを推進するために、リスキリングが注目されています。リスキリングには、人材育成や業務生産性などの観点からさまざまなメリットがあります。 当記事では、リスキリングがなぜ必要かを説明したうえで、リスキリングのメリットやデメリット・問題点、手順・注意点についてわかりやすく解説します。リスキリングのメリットやデメリットを把握したい方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

DX 2023.01.10

リスキリングでは何を学ぶべき?

リスキリングでは、新しく学んだ知識やスキルを実務で生かすことが求められています。

また、リスキリングの成果は、従業員の取り組み方によっても変わってくるため、リスキリングの目的をきちんと理解して学ぶことが大切です。 近年では、DXの推進が急務となっており、DX人材の雇用に注力している企業が多くあります。

たとえば、AIやデータサイエンス、ビッグデータ、クラウドなどの最先端の知識やスキルのある人材が求められています。また、DXを進めるにはコミュニケーションに秀でたリーダーの役割を担う人材が必要です。ITスキルに加えて、経営やマネジメントの知識が業務で求められることもあります。

さらに、グローバル化が進んでいるため、海外で活躍できる人材が欲しい企業も少なくないでしょう。

このような背景に加えて、今後の自社の経営方針や求められている人材を把握し、新たな職種や業務で使えるスキルを学ぶことが重要です。

リスキリングで学びたいスキル

ここでは、DXリスキリングにおすすめのスキルについて詳しく紹介します。

プログラミングスキル

DXを推進するうえで必要となるのがITスキルです。代表的なITスキルとしてプログラミングスキルが挙げられます。 プログラミングを勉強することで、コードの読み書きができるスキルを養えるため、システム開発・運用に関する理解を深めることができます。

プログラミングを勉強していると、OSやサーバー、ネットワーク、データベースなどの理解が必要になる場合もあり、さまざまなIT知識を一緒に養うことが可能です。

ITエンジニアの業務ができるようになるために、プログラミングから勉強を始めてみるのもおすすめです。

マーケティングスキル

近年では、マーケティングスキルのなかでも特に、インターネットやIT技術などを活用したデジタルマーケティングが注目されています。デジタルマーケティングは、PCやスマホ、タブレットなど、さまざまな端末が普及し、SNSやECサイトなども発展を遂げている現代において重要なマーケティング手法として位置づけられています。

デジタルマーケティングのスキルを学習することで、ユーザーの行動を数値化して分析し、活用できるスキルを身に付けることができます。

また、デジタルマーケティングを学ぶことで、従来のテレビCMや新聞広告、テレアポなどのマーケティングとの違いに関する知識を深め、ターゲット層にあわせて使い分けるスキルを習得することも可能です。

データ分析・統計解析スキル

近年ではビッグデータを活用した事業施策が多く見受けられ、データを基に経営課題などを解決できるデータ分析・統計解析スキルのある人材は企業で重宝されています。 データ分析・統計解析を学ぶことで、データを用いてさまざまなアプローチで現状を分析し、今後の予想を役立てるスキルを身に付けることができます。

また、データ分析の分野では、データの見せ方や読み取り方も学習するため、正しくデータを扱う方法を習得することが可能です。

業務効率化のためのITスキル

少子高齢化の影響もあり、人材の獲得に課題を感じている企業は少なくないでしょう。限られた人材で業務を遂行できれば、採用コストや人件費を抑えながら生産性を高めることができます。

そのために必要になるのが業務効率化スキルです。たとえば、下記のスキルを身に付けると業務の効率化につなげることができます。

  • PCのショートカットキーの活用
  • ExcelやWordなどの定型業務の自動化
  • タスク管理ツールやスケジュール管理ツールなどのITツールの操作

業務の効率化を目的にリスキリングを導入する場合、自社の業務にあわせて学ぶ内容を決めることが大切です。

マネジメントスキル

経営やプロジェクトの成功の鍵を握るのがマネジメントスキルを保有している経営層や管理職の人たちです。

プロジェクトを先導するリーダー的な存在が不足している場合、リスキリングにより自社の従業員にマネジメントスキルを身に付けてもらうのも一つの手です。

マネジメントスキルをリスキリングの学習内容として設定する場合、適切な対象者を選定することが大切です。

コミュニケーションスキル

良好な人間関係を構築したり、プロジェクトを円滑に進めたりするためには、コミュニケーションが重要になります。

近年ではテレワークやハイブリッドワークといった新しい働き方が推進されており、コミュニケーションの取り方に変化がみられています。そこで、リスキリングにより現代にあったコミュニケーションスキルを教育するのもおすすめです。

英語などの語学スキル

国内だけでなく、海外に支社を設立し、事業を拡大しようとしている企業は少なくないでしょう。

研究職やエンジニア職などに携わる方の場合、日本語ではない他の言語で記載された文献を読む機会もあるかもしれません。

海外など幅広い領域で活躍したり、他国の知見を取り入れたりするためには、英語や中国語などの語学スキルを身に付ける必要があります。

リスキリングで取得したい資格

ここでは、リスキリングを通して取得するとキャリアアップに役立つ可能性のある資格を紹介します。

Python3エンジニア認定基礎試験

Python3エンジニア認定基礎試験とは、Pythonエンジニア育成推進協会が主催している資格試験です。

PythonはAIや人工知能といった先端技術開発に使用されており、需要や将来性の高いプログラミング言語です。文法がシンプルなため、プログラミング未経験者でも習得しやすいのが特徴です。

Python3エンジニア認定基礎試験を受験することで、Pythonに関する知識やスキルを向上させることができます。今後ITエンジニアとしての業務を担当する機会がある人などは、Python3エンジニア認定基礎試験の取得を目標にしてみるのもおすすめです。

ITパスポート

ITパスポートとは、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が主催している資格試験です。ITパスポートは情報処理技術者試験のなかでは、最もレベルが易しい資格試験であり、ITを利活用する機会のあるすべての社会人におすすめの資格です。

ITパスポートを取得することで、情報処理技術の体系的な基礎知識を身に付けることができます。

また、企業コンプライアンスや経営に関する基礎知識を習得することも可能です。

情報セキュリティマネジメント試験

情報セキュリティマネジメント試験とは、IPAが主催している資格試験です。

情報処理セキュリティマネジメント試験は、ITパスポートよりも上位の資格であり、情報システムの部署に携わるなど、情報セキュリティに関する知識を深めたい方におすすめの資格です。

情報セキュリティマネジメント試験を取得することで、情報セキュリティが確保されている状況を実現し、維持・改善するスキルを保有していることを証明することができます。

近年では、セキュリティに関するトラブルは多く、手口は多様化してきています。そのため、情報セキュリティに関するスキルをもっている人材は重宝されます。

MOS

MOSとは、「Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)」の略称であり、オデッセイ コミュニケーションズ社が運営する資格試験です。

MOSには一般レベルと上級レベル(エキスパート)の2種類の難易度があり、パソコンの操作スキルを向上させたい人や、既存業務を効率化させたい人におすすめの資格です。

MOSを取得することで、ExcelやWord、PowerPointなどのオフィス製品の操作スキルを証明することができます。オフィス製品のスキルが高まれば、定型業務などの効率を上げ、仕事の成果を向上させることが可能です。

ビジネスマネージャー検定

ビジネスマネージャー検定とは、東京商工会議所が主催する資格試験です。ビジネスマネジャー検定は、将来的に管理者として活躍されることが見込まれる社会人におすすめの資格です。

ビジネスマネージャー検定を取得することで、マネジメントの土台となる基礎スキルを身に付けることができます。また、費用は受験料と教材代のみであるので、効率よくマネジメントスキルの基礎を習得することが可能です。

コミュニケーション検定

コミュニケーション検定とは、サーティファイ社が主催する資格試験です。コミュニケーション検定は、自身のコミュニケーションスキルを客観的に把握したい人におすすめの資格です。

コミュニケーション検定を受けることで、コミュニケーション能力を可視化することができます。また、プライベート・ビジネスを問わずに役立つコミュニケーション技法を習得することができます。

TOEIC

TOEICとは、一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)が運営している資格試験です。TOEICでは合否でなく、得点として結果が通知されます。そのため、TOEICは自身の英語力を客観的に把握したい人におすすめの資格です。

TOEICを受験することで、ビジネスや日常生活での会話や文章でのやり取りにおける英語能力を細かく測定することができます。海外で活躍できる人材を育成したいと考えている企業は、TOEICを採用してみるのもおすすめです。

 

リスキリングにおすすめの資格7選!導入メリットや研修・教育ポイントも解説

DXを推進させるためにも、リスキリングが注目されています。リスキリングでどのようなスキルを学ぶかは、企業やその人の置かれている環境によって異なります。 当記事では、リスキリングが注目されている背景を説明したうえで、リスキリングに役立つ資格を解説します。また、資格取得をおこなう際の注意点も紹介します。リスキリングに取り組もうと考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

DX 2023.01.10

リスキリングの具体的な進め方や方法

リスキリングは下記の手順で実施すると、自社にあった進め方でスムーズに導入することができます。

  1. 目標とする人物像やスキルを定義する
  2. 教育プログラムを作成する
  3. 従業員にスキルを習得してもらう
  4. 身に付けたスキルを実際の業務で活かす
  5. 効果測定と改善をおこなう

自社の経営方針から目指す人物像やスキルを明確にすることで、従業員は何を学ぶべきかが具体的になります。教育プログラムを作成する際は、外部機関を活用してみるのもおすすめです。

実際に従業員にスキルを習得してもらったら効果測定をおこない、改善を繰り返すことで、リスキリングの効果を高めることができます。

 

リスキリングの方法とは?進め方のステップや注意点をわかりやすく解説!

少子高齢化による人材不足の解消や、急激なビジネス変化への対応のためにリスキリングが注目されています。リスキリング施策を実施してみても、適切な方法でなければ十分な効果が得られない場合もあります。当記事では、リスキリングの方法や具体的な進め方・手順についてわかりやすく解説します。

DX 2023.01.10

リスキリングを実施する際の注意点

ここでは、リスキリングを実施する際の注意点について詳しく紹介します。

従業員が取り組みやすい環境を整備する

リスキリングでは通常の業務と並行して新たな知識やスキルの習得を目指します。そのため、従業員への負担が大きくなり、会社に対する不満につながる可能性があります。

まずは従業員にリスキリングの目的やメリットを周知し、理解を得ることから始めましょう。また、従業員のニーズにあった学習環境やコンテンツを提供することも大切です。

リスキリングの導入にあわせて、人事評価制度の改善やインセンティブ制度の構築なども実施してみると、従業員のモチベーション向上が期待できます。

知識やスキルを活かせる場を用意する

リスキリングで新たな知識やスキルを従業員に習得してもらっても、実際に活かせる場がなければ意味がなくなってしまいます。

また、企業にとっては機会損失になります。そのため、リスキリングを実施するにあたって、あらかじめ習得したスキルを発揮できる場を用意しておくことが大切です。

今いる部署でスキルを活かせる機会がない場合には、他の部署に異動したり、外部企業に出向したりする方法を採用してみるのも一つの手です。

リスキリングの目的に応じて何を学ぶべきかを決定しよう

リスキリングでは、ただ新しい知識やスキルを身に付けるだけではなく、それらを実際に仕事で活用することが求められます。

そのため、リスキリングで何を学ぶのかを決めるにあたって、企業の今後の方針や求める人物像にあわせて、学習するスキルを選定することが大切です。

近年ではDXの推進が課題となっており、リスキリングにおいてプログラミングやマーケティング、データ分析・統計解析などのスキルの人気が高いです。

また、コミュニケーションスキルや語学スキルがあると、業務の幅を広げることができます。リスキリングで効率よくスキルを身につけるためには、資格取得を目標にかかげるのがおすすめです。

 

リスキリング支援の補助金一覧!個人で申請できる助成金や給付金も紹介!

近年ではDXを推進するためにも、リスキリングが注目されています。リスキリング制度を導入・運用するには、予算やリソースが必要になります。リスキリングを推進するために、国や自治体は補助金や給付金などの制度を用意しています。 当記事では、リスキリングの意味を説明したうえで、厚生労働省や東京都が実施している補助金・助成金、給付金の制度を解説します。また、補助金と助成金、給付金の違いについても紹介します。

DX 2023.01.10
▼リスキリングについて詳しく知りたい方はこちらもチェック!

サービス資料
ダウンロードリスト

    選択中の資料 0

    無料で資料を

    ダウンロードいただけます。

    お役立ち資料

    • 【入門編】DX推進ガイドブック
    • 【企業担当者向け】リスキリング実践ガイド

    このカテゴリに関連するサービス

    編集部おすすめ記事

    • eラーニングとは?必要性やメリットとデメリットをわかりやすく解説 eラーニングシステム
      2024.02.19
    • スマホ対応のeラーニングシステムのメリットと選び方のポイント eラーニングシステム
      2024.02.19
    • 教育DXとは?エドテックや文部科学省のGIGAスクール構想もわかりやすく紹介 DX
      2024.02.16
    • 残業代単価の計算方法とは?計算の具体例や注意点をわかりやすく解説 給与計算ソフト
      2024.02.14
    • 『デジタルは感性の数値化』組織をマネジメントするためのデジタル思考とは|Conference X in 東京2023 イベントレポート DX
      2024.02.09
    • DX推進の落とし穴~DXの主役はデジタルではなく人である~|DX Action Summit 2023 講演④イベントレポート DX
      2024.02.05
    • シフト管理とRPAで人手不足を解消!京都の日本酒専門飲食店「伏水酒蔵小路」から学ぶ飲食店DXの成功のポイントとは? DX
      2024.02.01
    • タイムカードの手書きは違法?書き方や修正・訂正方法も解説! 勤怠管理システム
      2024.01.29
    • 労働時間とは?計算方法や上限規制、残業・休憩・休日の定義もわかりやすく解説! 勤怠管理システム
      2024.01.25
    • 賃金規定は就業規則に必要?記載項目や作成上のポイントをわかりやすく解説 労務管理システム
      2024.01.25

    企業のみなさまへ

    あなたもDXログにサービスを掲載しませんか?

    あなたもDXログに

    サービスを掲載しませんか?

    今なら無料でサービスを掲載いただけます

    サービス資料をダウンロード

    入力いただいたメールアドレス宛てに、資料のダウンロードURLをお送りいたします。

    • 氏名

      必須

      任意

        • 会社名

          必須

          任意

            • メールアドレス

              必須

              任意

                • 部署

                  必須

                  任意

                    • 役職

                      必須

                      任意

                        • 従業員規模

                          必須

                          任意

                            個人情報の取り扱いについて 利用規約 に同意する

                            サービス掲載企業向け
                            DXログ媒体資料

                            DXログにサービスの掲載を
                            ご検討者様向けの資料です。
                            ご登録いただいたメールアドレスに資料を
                            お送りいたします。

                            • メールアドレス

                              必須

                              任意

                                • 名前

                                  必須

                                  任意

                                    • 会社名

                                      必須

                                      任意

                                        • 電話番号(ハイフンあり)

                                          必須

                                          任意

                                            個人情報の取り扱いについてに同意する