DXログ|DX推進のためのクラウドサービス比較サイト

あなたの企業のDX推進室

サービス掲載について

  • カテゴリから探す
  • 記事から探す
  • DXログとは

ランサムウェアの感染経路は?侵入されやすい機器や手口を詳しく解説

ウイルス対策・不正アクセス対策

2023.05.25

2023.05.25

ランサムウェアは、ネットワークや身近な機器など、さまざまな経路で侵入してくるマルウェアです。しっかりと対策をしておかなければ簡単に侵入されてしまい、暗号化や情報漏洩などの被害を受けるため注意しなければなりません。 この記事では、ランサムウェアに侵入されやすい機器や、感染を防ぐための対策について詳しく解説します。 被害を受けないよう、しっかりとチェックしておきましょう。

ランサムウェアとは?

ランサムウェアとは、PCなどの機器を利用できない状態にしたうえで、元の状態に戻すために金銭を要求するマルウェアのことです。ランサム(ransom=身代金)という言葉のとおり、仮想通貨や金銭を要求されるケースが多いですが、支払っても元の状態に戻る保証はありません。

システムの脆弱性を解消する、ウイルス対策ソフトを導入するなど、事前に適切な対応をおこない、ランサムウェアの感染を防ぐことが大切です。

ランサムウェアの手口

ランサムウェアは、さまざまな手口で攻撃を仕掛けてきます。 代表的な手口は、暗号化型と画面ロック型です。暗号化型のランサムウェアは、PC内のファイルやデータを暗号化して、正常にアクセスできない状態にします。そして、元の状態に戻すために身代金を要求されるケースが多いでしょう。

画面ロック型のランサムウェアは、システムや画面の動きをロックして使用できない状態にします。ロックを解除するために、身代金を要求されるのが一般的です。

ランサムウェアに感染した場合の被害

ランサムウェアによる被害は、金銭的なものだけではありません。たとえば、ランサムウェアを排除したあとも、システム上の被害が残ってしまうケースもあります。 データが破損したり、暗号化されたままになったりする可能性もあるため注意しましょう。

また、情報漏洩の被害が発生することもあります。社内の機密データが漏洩すると、大きな損害につながる可能性もあるでしょう。 企業から個人情報の流出が発生すると社会的な信用を失ってしまうため、注意しなければなりません。

ランサムウェアの感染経路や侵入経路

ランサムウェアの感染経路としては、VPN機器やリモートデスクトップ、メールやUSBメモリなどが挙げられます。それぞれの感染経路について詳しくみていきましょう。

VPN機器

VPN機器は、ランサムウェアに狙われやすい侵入経路の一つです。VPN(Virtual Private Network)とは、インターネット上に仮想的なプライベートネットワークを設置して、データを送受信する技術を意味します。 社内にVPN機能付きのルーターなどを設置しておくことで、社外から社内ネットワークにアクセスすることが可能です。

便利な仕組みですが、設定が間違っていたり脆弱な部分があったりすると、ランサムウェアの侵入を許してしまうため注意しなければなりません。 1台の機器がランサムウェアに感染すると、ネットワークを介して複数の機器にまで感染が広がってしまうケースもあります。

リモートデスクトップ

リモートデスクトップとは、所有しているPCを使って、離れた場所にあるPCを操作する機能のことです。たとえば、自宅にいながら会社のPCを操作することもできます。 テレワークや在宅ワークの普及により、リモートデスクトップを活用する企業も増えてきました。

リモートデスクトップはテレワークを推進するために役立つ機能ですが、しっかりとセキュリティ対策をおこなわなければ、ランサムウェアに侵入される可能性もあります。 対策として、認証の設定を強化する、公衆Wi-Fiでは使用しないなど、適切な運用ルールを設けることが重要です。

メールの添付ファイル

メールの添付ファイルも、ランサムウェアの感染経路の一つです。メールの添付ファイルにランサムウェアが仕込まれており、開封することで感染してしまうケースがあります。 クライアント企業になりすましたメールや「重要なお知らせ」などと開封したくなるようなタイトルが付けられたメールもあるため、注意しなければなりません。心当たりのないメールはむやみに開かず、削除するようにしましょう。

USBメモリやHDD

USBメモリやHDDなど、外部記録媒体によるランサムウェア感染にも注意が必要です。USBメモリや外付けHDDにランサムウェアが仕込まれており、PCに接続した際に感染してしまうといった事例が確認されています。 通販サイトや懸賞サイトなどを装って、ランサムウェアが仕込まれた外部記録媒体を送りつけるという手口もあるため注意しましょう。知らずにPCに接続すると、社内の複数の機器が感染してしまう可能性もあります。

ランサムウェアの感染対策

ランサムウェアの感染を防止するためには、データのバックアップを取っておく、認証機能を強化する、システムの脆弱性をなくすなどの対策が重要です。以下、対策のポイントを解説します。

データのバックアップを取っておく

重要なデータについては、バックアップを取っておきましょう。バックアップを取っておけば、万が一、ランサムウェアに感染してデータが暗号化された場合でも、業務を継続することができます。 バックアップを取る場合は、ネットワークから切り離した場所に保存しておくことが大切です。PC本体だけではなく、ネットワークを介してバックアップデータまで攻撃するランサムウェアもあるため注意しましょう。

認証機能を強化する

認証機能を強化することも、ランサムウェアの侵入を防止するうえで有効です。業務で使うPCにパスワードを設定するのはもちろん、ネットワーク上に保存しているデータへのアクセス権を設定するなど、できる限りの対策をしておきましょう。 顔認証や指紋認証など、複数の認証機能を組み合わせるのもよい方法です。多要素認証にすることで、ランサムウェアへの感染リスクを減らせます。

システムの脆弱性をなくす

ランサムウェア感染を防ぐためには、システムの脆弱性についても注意しなければなりません。ランサムウェアは、アプリケーションやソフトウェアの脆弱な部分を探して侵入を試みます。 定期的にシステムのアップデートをおこない、最新の状態をキープしましょう。

アプリケーションやソフトウェアの脆弱性が見つかったときは、開発者から補強するためのプログラムが配布されるケースもあります。 ランサムウェアの侵入を防ぐためにも、すぐに手に入れてインストールしておきましょう。

ウイルス対策ソフトを導入する

ウイルス対策ソフトを導入することも、ランサムウェア感染を防止する手段の一つです。ウイルス対策ソフトを導入しておけば、怪しいメールやWebサイトを検出して、感染する前にブロックできるケースもあります。 会社内で使用するPCはもちろん、テレワークの場合は自宅のPCにもインストールしておくことが大切です。

ランサムウェアの感染経路を把握して適切な対策を講じよう

ランサムウェアは、VPN機器やリモートデスクトップ、USBメモリなど、さまざまな経路で侵入してきます。ランサムウェアに感染すると、金銭的な被害を受けるだけではなく、データが暗号化されて業務が進まなくなったり、情報漏洩により企業の信用が低下したりする可能性もあります。

認証機能を強化する、ウイルス対策ソフトをインストールするなど、適切な対策を講じてランサムウェアの侵入を防止しましょう。

サービス資料
ダウンロードリスト

    選択中の資料 0

    無料で資料を

    ダウンロードいただけます。

    このカテゴリに関連するサービス

    編集部おすすめ記事

    • eラーニングとは?必要性やメリットとデメリットをわかりやすく解説 eラーニングシステム
      2024.02.19
    • スマホ対応のeラーニングシステムのメリットと選び方のポイント eラーニングシステム
      2024.02.19
    • 教育DXとは?エドテックや文部科学省のGIGAスクール構想もわかりやすく紹介 DX
      2024.02.16
    • 残業代単価の計算方法とは?計算の具体例や注意点をわかりやすく解説 給与計算ソフト
      2024.02.14
    • 『デジタルは感性の数値化』組織をマネジメントするためのデジタル思考とは|Conference X in 東京2023 イベントレポート DX
      2024.02.09
    • DX推進の落とし穴~DXの主役はデジタルではなく人である~|DX Action Summit 2023 講演④イベントレポート DX
      2024.02.05
    • シフト管理とRPAで人手不足を解消!京都の日本酒専門飲食店「伏水酒蔵小路」から学ぶ飲食店DXの成功のポイントとは? DX
      2024.02.01
    • タイムカードの手書きは違法?書き方や修正・訂正方法も解説! 勤怠管理システム
      2024.01.29
    • 労働時間とは?計算方法や上限規制、残業・休憩・休日の定義もわかりやすく解説! 勤怠管理システム
      2024.01.25
    • 賃金規定は就業規則に必要?記載項目や作成上のポイントをわかりやすく解説 労務管理システム
      2024.01.25

    企業のみなさまへ

    あなたもDXログにサービスを掲載しませんか?

    あなたもDXログに

    サービスを掲載しませんか?

    今なら無料でサービスを掲載いただけます

    サービス資料をダウンロード

    入力いただいたメールアドレス宛てに、資料のダウンロードURLをお送りいたします。

    • 氏名

      必須

      任意

        • 会社名

          必須

          任意

            • メールアドレス

              必須

              任意

                • 部署

                  必須

                  任意

                    • 役職

                      必須

                      任意

                        • 従業員規模

                          必須

                          任意

                            個人情報の取り扱いについて 利用規約 に同意する

                            サービス掲載企業向け
                            DXログ媒体資料

                            DXログにサービスの掲載を
                            ご検討者様向けの資料です。
                            ご登録いただいたメールアドレスに資料を
                            お送りいたします。

                            • メールアドレス

                              必須

                              任意

                                • 名前

                                  必須

                                  任意

                                    • 会社名

                                      必須

                                      任意

                                        • 電話番号(ハイフンあり)

                                          必須

                                          任意

                                            個人情報の取り扱いについてに同意する