SmartViscaの特徴・価格・機能を紹介!

「SmartVisca」は、顧客管理ツールであるSalesforceと連携可能な名刺管理ツールです。コンサルティング・サービス業や製造業、総合人材サービスなど、幅広い業界で導入されています。
本記事では、SmartViscaの5つの特徴について解説するとともに、Salesforceとの連携に関するサポートの利点なども紹介します。

SmartViscaとは

SmartViscaはサンブリッジ社が提供する名刺管理ツールです。
Salesforceとの連携により、名刺情報をスマートフォンやスキャナーでデータ化し、顧客情報をSalesforceに入力することができます。また、オンライン商談にも対応しているため、オンライン商談時に受け取った名刺についてもデータを保存できます。
社内の営業活動を可視化し、共有する機能によって、営業活動の効率化や売上向上につなげることができるでしょう。

SmartViscaの特徴

SmartViscaには標準的な名刺管理機能だけではなく、ほかの名刺管理ツールにはないSalesforce活用ための機能が搭載されています。それにより、手軽に顧客情報を蓄積することが可能です。
以下、SmartViscaの特徴を5つ紹介します。

1. 名刺をスキャンするだけで取引先と取引先責任者の情報を自動作成

SmartViscaは、スマートフォンやスキャナーを利用して名刺データをデジタル化することができます。名刺をスキャンするだけで、営業活動で出会った取引先やその責任者の情報が自動的に入力される仕組みです。
もちろん、デジタル化された名刺は外出先でも閲覧できるため、紙の名刺を持ち歩くことなく営業活動をおこなうことができます。

2. デジタル化した名刺データの精度はほぼ100%

SmartViscaは、OCR(光学文字認識技術)によるデータ作成後、オペレーターの目視によるチェックが実施される点も魅力です。国内のオペレーターが入力と校正をおこなっているため、ほぼ100%の精度でのデータ蓄積ができます。また、手書きでのメモなども正確にデータへ反映することが可能です。

3. オンライン商談時の名刺情報ももれなく情報蓄積

SmartViscaは、オンライン商談時にも活躍します。オンライン上での名刺交換ができる「オンラインプロフィール交換機能」を利用すると、受信したプロフィールをSalesforce上に自動保存されます。
また、オンライン商談で商談に参加した人全員のプロフィールをまとめて送信・返信できる機能を利用することで、営業活動の時間短縮が可能です。
これらの機能を活用することで、さらなる業務効率化を目指すことができるでしょう。

4. Salesforce連携に関するサポート体制が充実

Salesforceとの連携に対応しているSmartViscaは、サポート体制も充実しています。
SmartViscaの提供元であるサンブリッジ社では、Salesforceの活用や定着化に関する支援を実施しています。具体的には、ユーザーが疑問点や不明点を問い合わせることができるサポートサービス、基本操作を教えてもらうトレーニング、専門コンサルタントと技術者によるSalesforceの活用コンサルティングを利用することが可能です。
もちろん、SmartVisca導入時・導入後のサポートを受けることもできます。

5. 同一企業や人物との接点を社内で共有できるため効率的な営業活動が可能

SmartViscaには、同一人物と名刺交換をおこなった社員を可視化することができる「人脈共有」の機能や、名刺と社員の活動履歴を蓄積し、紐付ける「活動履歴」の機能などが搭載されています。
これにより、全社員で社内の営業活動を共有することにより、より効率的な営業活動につなげることができるでしょう。

価格・料金プラン

SmartViscaを利用する際には、初期費用として10万円が必要となります。料金プランについては、取り込みをおこなう名刺の枚数により複数のプランが用意されています。
また、日本経済新聞社が提供する人事異動情報データベースを利用した人事異動情報の更新を有料オプションとして利用できます。
詳細な料金プランについては、直接サンブリッジ社まで問い合わせましょう。
料金プランは以下の通りです。

プラン名
初期費用10万円
月額費用問い合わせ

機能一覧

SmartViscaには、大きく分けて以下2つの機能が用意されています。

  • 名刺管理機能
  • Salesforce活用機能

名刺管理機能には、名刺データ化による顧客情報の有効活用や効率的な営業活動をサポートする名刺管理ツールとしての機能が搭載されています。なお、Salesforceでの利用も可能です。

Salesforce活用機能では、Salesforceとの連携により顧客データを蓄積することができ、営業活動の効率化を目指すことができます。
一般的な名刺管理の機能に加えて、連携ツールであるSalesforceを活用しながら、質の高い営業活動をおこなえる点がSmartViscaの魅力です。

名刺データ化・OCRオンライン名刺
名刺検索メール送信
社内共有機能名寄せ機能
SNS機能(つながり機能)名刺データ自動更新
データインポート(ローカルファイル)API連携
SFA連携CRM連携
企業データベース連携

提供環境・技術情報

SmartViscaの提供環境と技術情報については、現在のところ公式サイト上で公開されていません。詳細については、提供元であるサンブリッジ社まで問い合わせることになります。

提供形態

  • クラウド

OS
問い合わせ

ブラウザ
問い合わせ

アプリ
問い合わせ

API連携・サービス連携

SmartViscaは、Salesforceと連携できる外部システムであれば、Salesforceを通して連携することができます。
また、外部の企業データベースとの連携も可能となっており、過去にはランドスケープ社の「uSonar」との連携実績があります。このほか、SalesforceのAPIを通して連携可能となる外部データベースもあるようです。詳細については、提供元まで問い合わせをおすすめします。

セキュリティ

SmartViscaに登録される名刺情報は、データの保存先となるSalesforceのセキュリティで管理されており、万全のセキュリティ対策で運営されています。
具体的には、オペレーターチェックを実施する際、名刺画像を分割後にデータチェックをおこない、個人を特定できないようにする「名刺データ分割機能」、名刺データを納品したあとはSalesforce環境のみにデータを保存し、データの自動削除をおこなう「自動データ削除機能」などが挙げられます。
そのほか、Salesforceに準拠した高いセキュリティ規格、ISMS認証やプライバシマークの取得などもセキュリティに関する大きな安心材料となるでしょう。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 6244321)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

SmartViscaのサポートは、電話もしくはメールでの対応となっています。
導入時の初期設定に関する不明点や質問についてはメールでのサポートとなっておりますが、名刺管理ツール入れ替えに伴うデータ移行や有償の設定代行サービスも用意されています。
導入後についても、システム関連はカスタマーサポートで、運用及び活用支援についてはカスタマーサクセス窓口で問い合わせることができるため、運用時に不明点が発生した場合も安心です。
このほか、提供元ではSalesforceの導入や活用までを一貫して支援しています。また、SmartVisca利用中のユーザーを対象に、Salesforceの活用セミナーや個別での相談会なども開催されています。SmartViscaをマーケティングに最大限活用するための方法や、定着化の工夫などに興味があれば、積極的に活用するとよいでしょう。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. コールセンター用語解説集【2021年最新版】

  2. コールセンターにおけるスクリプトの必要性と作り方を紹介!

  3. Typetalkの特徴・価格・機能を紹介!

  4. JANDIの特徴・価格・機能を紹介!

  5. ビジネスチャットツール比較16選|機能や料金プラン【2021最新版】

  6. HR PRIMEの機能・価格・評判を紹介!

  7. 電子契約の浸透率は?2020年に浸透したビジネスシーンの電子化 #SaaSトレンド

  8. 経費精算システムを導入する6つのメリット|注意点とおすすめのサービスも紹介

  9. アルテマブルーの特徴・価格・機能を紹介

  10. MEDIA-CTIの機能・価格・評判を紹介!