名刺ファイリングCLOUDの特徴・価格・機能を紹介

「名刺ファイリングCLOUD」は、基本利用料無料で使用できる名刺管理クラウドサービスです。簡単な操作で名刺をデータ化でき、名刺データを一元管理できるのが名刺ファイリングCLOUDの特徴です。この記事では、名刺ファイリングCLOUDの特徴やセキュリティ面について詳しく説明します。

名刺ファイリングCLOUDとは

名刺ファイリングCLOUDは、クラウド上に名刺を登録し、一元管理できるシステムです。名刺ファイリングCLOUDを活用すれば、受け取った名刺をすぐにデータとしてクラウド上に反映できます。
名刺を手入力でデータ化する業務は煩雑で、整理がままならないこともあるでしょう。また、名刺には個人情報が記されているため、セキュリティ面も気になるものです。

名刺ファイリングCLOUDには堅固なセキュリティ対策が施されているので、安心して使用できます。入力や整理といった手間を省きながら効率的に顧客情報をデータ化できるのが、名刺ファイリングCLOUDを活用するメリットです。

名刺ファイリングCLOUDの特徴

名刺を撮影またはスキャンするだけで簡単にデータ化できるのが、名刺ファイリングCLOUDの大きな特徴です。 従来の業務では、顧客情報登録を登録したい場合にはキーボード入力が必須でした。しかし、名刺ファイリングCLOUDには高精度OCR(Optical Character Recognition/光学的文字認識)機能が搭載されており、撮影またはスキャンするだけで文字を自動認識し、データとして反映します。
OCRの文字認識技術の精度はかなり高く、登録までのタイムラグほとんどもありません。万一間違ったデータが登録された場合にもすぐに訂正操作ができます。

価格・料金プラン

名刺ファイリングCLOUDは基本料無料で自由に利用できる名刺管理ツールです。料金がかからないクラウドサービスであれば、名刺管理サービスを比較したいときに気軽に使用感をチェックでき便利です。

無料版の名刺登録の上限枚数は100枚までとなっています。なお、別途アップグレードチケットを購入するか、「名刺ファイリングCLOUD Pro」や「名刺ファイリングCLOUD Standard」などの有償サービスを活用すれば、利用者上限や名刺登録上限を増やすことも可能です。

料金プランは以下の通りです。

プラン名 基本プラン
初期費用0円
月額費用0円
補足・基本利用料:0円・名刺登録の上限枚数:100枚

機能一覧

名刺ファイリングCLOUDは、入手した名刺をスマートフォンなどで撮影するか専用のスキャナでスキャンするだけの簡単操作で使用できます。登録したデータは一元的に管理されるため、社内で情報を共有することも可能です。
名刺の登録やチェックといった一連の操作はパソコンだけでなくスマートフォンやタブレットからもできるため、即座に顧客情報を参照することができ便利です。

名刺データ化・OCRオンライン名刺
名刺検索メール送信
社内共有機能名寄せ機能
SNS機能(つながり機能)名刺データ自動更新
データインポート(ローカルファイル)API連携
SFA連携CRM連携
企業データベース連携

提供環境・技術情報

名刺ファイリングCLOUDの提供環境・技術情報は以下の通りです。

提供形態

  • クラウド

OS

  • Windows

ブラウザ

問い合わせ  

アプリ

  • スマホ – Android
  • スマホ – iPhone
  • スマホ – iPad

API連携・サービス連携

2021年9月現在、名刺ファイリングCLOUDはほかのシステムとの連携に対応していません。ただし、CSVデータの出力をおこなえば、既存のデータベースやシステムなどオフィス内の各種データに情報を取り込むことは可能です。

セキュリティ

名刺ファイリングCLOUDの名刺データ管理には金融機関向けシステムと同レベルというセキュリティ基準を満たしたサーバーが採用されています。
名刺には大量の個人情報が含まれているため、厳格な管理が必要不可欠です。名刺ファイリングCLOUDでは、情報を取り込んだあとの端末に名刺データを残さないなど万全のセキュリティ対策が施されています。

名刺ファイリングCLOUDは個人情報保護法をはじめとした関係法令を遵守したシステムになので、セキュリティリスクが大きく軽減されます。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 6244321)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

名刺ファイリングCLOUDの利用時には、Webサイトのお問合せフォームからメールでのサポートを受けられます。
不明点があるときや購入を検討しているときには、まずはサポートページのFAQを参照してみましょう。それでも解決しないときにはフォームから問い合わせをするのがおすすめです。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. 無料で使える電子契約サービス7選|無料トライアルやフリープランの詳細も紹介

  2. FastHelp5の特徴・価格・機能を紹介!

  3. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  4. 無料で使えるビジネスチャットツールおすすめ12選|機能やトライアルの比較表あり

  5. どこでもSHOWBYの機能・価格・評判を紹介!

  6. FlexCRMの特徴・価格・機能を紹介!

  7. UPWARDの特徴・価格・機能を紹介!

  8. InCircleの特徴・価格・機能を紹介!

  9. CallTreeの特徴や魅力、料金プラン、機能一覧をご紹介

  10. Web会議でスマホを活用する場合の注意点とポイント