名刺de商売繁盛の特徴・価格・機能を紹介

近年では、テレワークの導入が進みオフィスの書類をデジタル化する動きが加速しています。しかし、名刺に記される情報は個々で異なりデジタル化しにくいという観点から、従来の紙管理を続けている企業もあるものです。
名刺データの紙管理を続けているとテレワークの際や出先などですぐに情報を把握できず不便です。スマートに名刺情報をデータ化できるシステムがあれば、ビジネスの効率は高まっていきます。
この記事では、ヤマトシステム開発社が提供する名刺管理システム「名刺de商売繁盛」の機能や特徴、料金プランを説明します。名刺de商売繁盛には、名刺を読み込んで管理する基本機能に加えて営業に役立つオプション機能も備わっています。導入を検討している方は参考にしてみてください。

名刺de商売繁盛とは

名刺de商売繁盛は、運送大手のヤマトグループでコンピュータシステム関連業務をおこなうシステムインテグレーター企業であるヤマトシステム開発社が提供する名刺管理システムです。

名刺de商売繁盛を導入すれば、社内の貴重な資産である名刺情報をデータベース化して活用することができます。

名刺de商売繁盛は、名刺ファイルをパソコンやスマートフォンで閲覧できるサービスです。記録されたデータは検索やスケジュールとの紐付けに対応しています。
また、名刺de商売繁盛を活用すれば、ワンタップで電話をかけたり住所から地図検索をしたりと柔軟な営業ができます。

名刺de商売繁盛の特徴

企業が蓄積する名刺データは、営業効率をアップさせる有効なターゲットリストになり得ます。しかし、交換した名刺を名刺ファイルや引き出しに入れたままにしては、十分な営業活動をおこなうことはできません。

名刺de商売繁盛のシステムに名刺を登録すれば、自動で名刺の整理や分類がおこなわれます。これによって社内の誰がどの顧客にアプローチをおこなっているのかが一目で判別できるようになります。

自身だけでなく同僚や上司の人脈までを即座に把握し、営業ルートにフィードバックできるのが、名刺de商売繁盛を活用するメリットです。

既存の機材や端末から名刺の登録ができる

名刺de商売繁盛は、受け取った名刺を撮影またはスキャンすることでデータ化できるサービスです。名刺の読み込みに専用のスキャニング端末は必要なく、オフィスのスキャナや複合機を使用して登録することが可能です。

また、普段使用しているスマートフォンやタブレットで名刺を撮影すれば、外出先からでも気軽に名刺を登録できます。
登録した情報はパソコンやスマートフォン、タブレットからいつでも確認できます。

価格・料金プラン

名刺de商売繁盛の料金は月額3万円に設定されています。こちらの料金プランは、ユーザーごとまたはIDごとの課金ではなく、1つの企業に対しての定額料金制です。システムを何人で使っても料金は変わらず、初期費用もかからないので比較的リーズナブルに導入することが可能です。

名刺de商売繁盛の基本料金プランであれば、20万枚の名刺を登録することが可能です。更に登録枚数を追加したい場合には、20万枚につき月額3,000円の追加料金がかかります。
また、オペレーターによる名刺データ入力や顧客へのメール配信オプションなどを設定した場合には別途費用がかかります。

料金プランは以下の通りです。(※税抜価格)

プラン名 基本プラン
初期費用 0円
月額費用 30,000円
補足 ・利用人数の制限なし・名刺登録の上限数:20万枚

機能一覧

  
名刺de商売繁盛には、名刺の取り込み機能、名刺管理機能、人脈のツリー表示機能、連絡先の地図表示機能、スケジュール機能など多彩な機能が搭載されています。以下に代表的な機能を紹介します。

名刺の取り込み機能

名刺de商売繁盛には、スキャナや複合機、スマートフォンやタブレットを使用した名刺の取り込み機能が付帯しています。
システムを活用すれば名刺に記載された情報を瞬時に文字情報に変換できます。複合機を利用した場合には、複数枚の名刺をまとめて取り込むことも可能です。
名刺de商売繁盛の文字変換の精度は高く、取り込んだ名刺の情報が適切に保管されます。より正確に記録したい場合には、オペレーターモードを利用して専用オペレーターのチェックを受けるのがおすすめです。

名刺の管理機能

取り込んだ名刺のデータがシステム上で自動的に整理されるのが名刺de商売繁盛を使用するメリットです。
データの登録後には検索や名寄せができるほか、状況に応じてタグ付けやメモを追加するなど便利に使えます。また、電話番号データがシステムに登録されていれば、1タップで電話をかけることも可能となります。

組織図や人脈をツリーで表示できる機能

名刺de商売繁盛のデータベース上では、誰が名刺を交換したのか、誰がどの部署のどんな人物と関係があるのかといった点をツリー表示でチェックできます。この機能を活用すればシステム上で組織や人脈を瞬時に把握できるため、人と人とのつながりを意識した営業がおこなえるようになります。

登録した連絡先を地図表示できる機能

名刺de商売繁盛に登録された住所や会社所在地を地図表示することが可能です。地図を表示して行き先を確認すれば営業に足を運びやすくなりますし、出先で近隣の顧客を探したいときにも便利です。

スケジュールや議事録、日報との紐付け機能

名刺de商売繁盛に登録したデータはスケジュールに反映させることができます。また、コンタクト履歴や商談内容の登録をしておけば、情報を議事録や日報として活用することも可能となります。

名刺データ化・OCR オンライン名刺
名刺検索 メール送信
社内共有機能 名寄せ機能
SNS機能(つながり機能) 名刺データ自動更新
データインポート(ローカルファイル) API連携
SFA連携 CRM連携
企業データベース連携  

提供環境・技術情報

名刺de商売繁盛の提供環境や技術情報は次のとおりです。

提供形態
問い合わせ

OS

  • Windows
  • Android
  • iOS
  • iPadOS
  • Chrome OS

ブラウザ

  • Internet Explorer
  • Firefox
  • Microsoft Edge
  • Google Chrome

アプリ
問い合わせ

API連携・サービス連携

名刺de商売繁盛の使用時にはAPIを利用しての各種外部システム連携をおこなうことができます。社内の営業支援システムやマーケティングオートメーションツールなどの既存システムと連携させれば、各種データを一元管理できるようになり便利です。連携可能なシステムの種類や設定方法など詳しいことは提供元にお問い合わせください。

セキュリティ

名刺のデジタル化に対してセキュリティ面の不安を感じ、紙での管理を続けているケースもあるものです。しかし、名刺の紛失によって個人情報の漏えいが起きてしまった場合、会社にとっての大きな損失につながる恐れがあります。
名刺データをデジタル化することは、オフィスで名刺情報を安全に一括管理することでもあります。

名刺de商売繁盛を提供するヤマトシステム開発社は、プライバシーマーク認証制度が施工された直後に認証を取得している信頼のおける企業です。
名刺de商売繁盛に登録されたデータは、ヤマト運輸の宅配便運用システムを管理するデータセンターに保管されます。ISMSを取得しているデータセンターでは専門スタッフが24時間365日にわたって運用をおこなっているので安心です。

また、名刺de商売繁盛の利用時にはIDとパスワード、証明書を使ったログインが必要となります。さらにヤマトシステム開発では定期的な脆弱性診断を実施し、セキュリティ機能のチェックに努めています。
名刺de商売繁盛のシステムに預けたデータは、これら多くのセキュリティ対策によって厳重に守られているのです。

暗号化通信 データバックアップ
ユーザー管理 シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理 二段階認証
アクセスログ管理 ワンタイムパスワード
デバイス管理 IPアドレス制限
プライバシーマーク VPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ) BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ) SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報) GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護) CCPA
CSMS(IEC 6244321)(制御システムセキュリティ) ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス) データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明 データエクスポート制限
24時間365日監視 AD連携

サポート

名刺de商売繁盛の導入時や運用時には電話によるサポートを受けられます。
不明な点がある場合にはウェブサイトのFAQ画面を参照し、それでも解決しない場合には問い合わせをするとよいでしょう。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. 領収書と領収証の違い│国税庁による定義や使い分けも解説

  2. ビジネスチャットのシェアと市場規模は?主要サービスの機能・料金一覧表あり

  3. 政府のDX推進施策とは?DXに関わる法律や制度を解説!

  4. 無料で使えるビジネスチャットツールおすすめ12選|機能やトライアルの比較表あり

  5. 日本のDXは遅れている?日本のDXの現状と課題を紹介!

  6. T-SQUARE/CTの機能・価格・評判を紹介!

  7. SFAの導入目的とは|効果や導入事例、失敗しないための導入支援も紹介!

  8. DISHの機能・価格・評判を紹介

  9. 法務部門もDX化すべき!デジタル法務のメリットとは

  10. タイムカードの保管期間は5年?7年?労働基準法の改正についても解説