ビジネスチャットとは?機能やメリット、無料で使えるサービスまですべてがわかる

➣ 無料でダウンロードできるビジネスチャット選び方ガイド【2021年版】はこちら

ビジネスチャットとは?

ビジネスチャットは、ビジネスシーンで利用することを目的としたチャットシステムです。
複数名でリアルタイムに情報共有ができるコミュニケーション機能に加えて、タスク管理やファイル共有、音声・ビデオ通話機能などビジネスに役立つ多くの機能が備わっています。

ビジネスチャットを活用するメリット

ビジネスチャットを活用するメリット
©everything possible – shutterstock

これまで、ビジネスにおける情報のやり取りはメールを活用することが多かったでしょう。
しかし、メールには冒頭挨拶や結びの挨拶、署名などさまざまな要素を記入する必要があったり、メール特有の言い回しやルールなどが存在するため作成に時間がかかっていました。

一方で、難しい言い回しや複雑なルールがないチャットを活用すれば、メールよりもスピーディーなコミュニュケーションをとることができます。
また、ビジネスチャットはビジネスシーンに向けた機能が設計されているため日々の業務の効率化に期待ができます。さらに、セキュリティ対策機能として、利用端末を紛失した際にアカウントがロックされる機能や不正アクセス防止のためにIPアドレスの制限、ログ管理などの機能も備わっているため、安心して利用することができます。

【関連記事】ビジネスチャットのメリット・デメリットとは?導入の利点を紹介!

ビジネスチャットを利用する際の注意点

ビジネスチャットを活用することで効率的にコミュニュケーションがとれる反面、チャット上でコミュニュケーションを完結させることが多くなるため、対面でのコミュニケーションが減少してしまう可能性があります。
また、気軽に時間や場所を気にせずにメッセージを送ることができるため、休日や業務時間外でもやり取りをおこなうことができます。そのため、プライベートと仕事の時間が曖昧になってしまうといった懸念も考えられます。

このような事態を防ぐためにも、チャットでやり取りする内容と直接やり取りする内容を決めておいたり、私用携帯にはビジネスチャットをダウンロードしなかったりするなどといった社内ルールを決めておく必要があります。

ビジネスチャットの機能

ビジネスチャットの機能
©NicoElNino – shutterstock

ここまで、ビジネスチャットのメリットや注意点を紹介してきましたが、具体的にはどのような機能が備わっているのでしょうか。
ここでは、多くのビジネスチャットに備わっている基本的な機能や備わっていると便利な機能について紹介していきます。

ビジネスチャットの基本的な機能

ここでは、ビジネスチャットの基本的な機能を紹介します。ビジネスチャットを理解するために、しっかり押さえておきましょう。

チャット機能

テキストや絵文字、スタンプを使ってチャット形式で相手とコミュニュケーションがとれる機能です。過去のやり取りを遡って、一覧で見ることもできます。

グループチャット機能

プロジェクトや目的に応じてグループを作成し、グループに参加している複数人のメンバーとリアルタイムでチャットのやり取りをすることができる機能です。

ファイル共有機能

ドキュメントや画像、動画などの資料を添付し共有することができる機能です。

備わっていると便利なビジネスチャットの機能

ここでは、ビジネスチャットに備わっていると便利な機能を紹介します。システムを選ぶ際の参考にしてみてください。

タスク管理機能

内容や期日を入力してタスクを作成したり、確認したりすることができる機能です。
チャットグループにいる全員がタスクを共有することができ、進捗状況の確認や納期漏れを防止することができます。

音声・ビデオ通話機能

音声やビデオを通じて、通話できる機能です。相手の声色や表情を直接確認しながらリアルタイムでやり取りができます。サービスによっては複数人と同時通話することができたり、資料共有しながら通話したりすることができるものもあります。

検索機能

過去のやり取りを遡って、特定のキーワードが含まれるメッセージを検索することができる機能です。特定のメッセージを見返したい場合やメッセージの内容を忘れてしまった際に、覚えているキーワードを頼りに該当のメッセージを探すことができます。

アカウントロック機能

ビジネスチャットツールがダウンロードされている端末を紛失した場合にロックを掛けることができる機能です。大切な情報の流出を防ぐことができます。

利用端末を制限する機能

特定の端末上でしかビジネスチャットを利用できないように設定できる機能です。不正アクセスの防止に役立ちます。

ビジネスチャットを選ぶ際に確認すべきポイント

ビジネスチャット選び方のポイント
©Pressmaster – shutterstock

ビジネスチャットは全社の社員が毎日利用することになるシステムです。そのため、自社の運用に合ったシステムを選択する必要があります。
ここでは、ビジネスチャットを選ぶ際に確認しておくと良いポイントについて紹介していきます。

運用費用はどれくらいかかるのか

一般的にビジネスチャットの料金形態には、利用するユーザー数に応じて料金がかかる場合や利用できるユーザー数や設定できるルーム数がプランによって決まっており、月額や年額で支払う場合などがあります。また、備わっている機能によっても料金が異なってきます。
自社の予算とのバランスを見極め、費用対効果の高いシステムを選ぶようにしましょう。

必要な機能が備わっているか

ビジネスチャットではさまざまなサービスが提供されており、サービスによって搭載されている機能は異なります。
そのため、自社が必要としている機能が備わっている機能を選ぶ必要があります。ビジネスチャットを導入する目的や現状抱えている課題から洗い出すようにしましょう。

社員にとって使いやすいか

上述したとおり、ビジネスチャットはすべての社員が毎日利用することになります。社員が使いにくいシステムを選んでしまうと業務がかえって非効率になってしまう場合もあります。
特に、必要のない機能が多く備わっている機能を選んだ場合には操作画面が複雑化したり、使いこなせずに無駄な費用を払ったりすることになってしまうため、不必要な機能は極力除いたものを選ぶと良いでしょう。

無料で使えるおすすめビジネスチャット3選

ビジネスチャットには無料のプランが用意されている場合があります。導入前に実際の運用イメージをつけたい場合や社員に使用感を聞きたい場合などに利用することと良いでしょう。
ただし、機能やチャットルームのルーム数、ユーザー数などで制限がある場合もあるため、注意が必要です。
ここでは、そんな無料で使えるおすすめのビジネスチャットを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

ChatWork

Chatwork
HPより

ChatWorkは、中小企業や大企業、官公庁で導入可能なセキュリティ基準を満たしており、実際に23万社以上の企業に利用されているビジネスチャットです。通信は全てSSL/TLSを用いて暗号化されており、第三者からの不正アクセスに強い設計が施されています。
また、人事管理システムや経費管理システム、Webメールシステムなど普段から使用している外部サービスと連携することができます。各サービスの情報をチャットに集めることができるので、より業務効率が高まります。

Chatwork(チャットワーク)の評判は?料金や機能、LINEとの違いも!

Slack

Slackとは
HPより

Slackは、世界中の企業で活用されているビジネスチャットです。チーム別やプロジェクト別、顧客別など必要に応じたチャネルを作成することができ、社外の関係者とチャネルと共有することができます。また、画面共有などをおこないながら音声通話やビデオ通話機能をすることができ、より効果的な情報共有をすることができます。そのため、在宅勤務やリモートワークなど多様な働き方を目指している企業にもおすすめのビジネスチャットです。

Slack(スラック)とは?人気ビジネスチャットの使い方・メリットなど

Tocaro

Tocaroとは
HPより

Tocaroは、さまざまなデバイスで利用することができるビジネスチャットシステムです。そのため、時間や場所を選ばずにリアルタイムでコミュニュケーションをおこなうことができます。また、対話履歴と紐付けてToDo管理することができ、タスク管理とともに業務の背景や経緯まで確認することができます。
さらに、共有されたファイルはラベルや共有元ユーザーなどで分類して管理することができ、必要な資料をすぐに見つけることができます。

ビジネスチャットを活用して情報共有を効率化しよう!

今回はビジネスチャットについて解説してきましたがいかがでしたか?
ビジネスチャットはコミュニケーションを円滑にし、情報共有をスムーズにしてくれます。
また、働き方改革が進み、働き方が多様化するなかでビジネスチャットへのニーズは高まっています。
無料で試せるビジネスチャットもあるので、そういったサービスも利用しながら情報共有を効率化していきましょう!

また、「システムの選び方がわからない!」という方は、ビジネスチャット選び方ガイドを参考にしてみてください。8つの選定軸をもとに、自社に合うサービスの選び方をご紹介します。

こちらから無料でダウンロードいただけます。

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. CTIの機能を理解・比較したうえで理想的なシステムを導入しよう

  2. 楽楽精算の特徴・価格・機能を紹介!

  3. CECTRUST-Lightの特徴・価格・機能を紹介!

  4. 中小企業向けのSFA15選!SFA導入メリットや選ぶ際のポイントも紹介!

  5. Zoho Expenseの特徴・価格・機能を紹介!

  6. Bright Patternの機能・価格・評判を紹介!

  7. 営業のDXとは?DX化が求められる理由やポイントを解説

  8. ジンジャー給与の機能・価格・評判を紹介!

  9. BONX WORKの特徴・価格・機能を紹介

  10. blastmailの評判・料金は?APIや開封率測定もできるメール配信ツール