directの機能・価格・評判を紹介!

directとは

「direct」は、お客様の声と共に進化を続ける国産ビジネスチャットです。建設業や小売業など、現場を持つお客様のリアルタイムコミュニケーションツールとしてさまざまな企業に導入されています。チャット・電話・Web会議など、業務での情報共有のスピード化やテレワーク業務の効率化を実現できます。情報セキュリティマネジメントシステム(ISMSおよびISMSクラウド)の認証を取得、安心して利用できます。

1. 「direct」の特徴

チャット機能

ペアトークやグループトーク・ボイスメッセージや位置情報の送信など、多彩な情報伝達が可能。参加メンバーの閲覧状況もリアルタイムに確認できます。

通話・ビデオ通話機能

音声やビデオでの通話や画面共有が可能です。テレワークや出張先でも簡単に利用できます。

アクションスタンプ機能

トーク画面でアンケート作成やタスク送信が簡単におこなえます。ボタンをタップするだけでアクションスタンプを付けられ、回答も簡単です。
(特許取得済 特許第6255646号)

ファイル共有・ノート機能

画像や動画・Office・aiファイルなど、幅広く共有可能です。後から参加したトークメンバーも、ノート機能を使うと簡単にに要点を確認でき、引き継ぎも容易になります。

堅牢なセキュリティ

国際的セキュリティ認証、ISO/IEC 27001:2013(JIS Q 27001:2014)およびISO/IEC27017:2015(JIP-ISMS517)を取得しています。国内のサーバーを使用しており、アクセス制限やセキュアなサーバー管理などで情報資産を守ります。

directの利用イメージ

2. 「direct」のゲストモード

店舗とお客様、建設会社と協力会社など社外メンバーを「ゲスト」として招待できます。ゲストからは“1:1”、担当者からは“1:多数”でつながることができます。情報の一斉配信や告知など、さまざまな用途に活用できます。

directのゲストモード

価格・料金プラン

directの料金プランは以下の通りです。これらのプランのほか、最大5,000名まで利用可能です。100名以上の利用については、問い合わせが必要です。

項目フリーベーシックプラスプレミアムマックス
初期費用
月額費用0円6,000円12,000円27,500円50,000円
詳細10名まで10名まで20名まで50名まで100名まで

導入実績

導入企業が入ります。導入企業が入ります。導入企業が入ります。導入企業が入ります。導入企業が入ります。導入企業が入ります。導入企業が入ります。導入企業が入ります。導入企業が入ります。導入企業が入ります。導入企業が入ります。導入企業が入ります。導入企業が入ります。

企業情報

企業名L is B
資本金100,000,000円
代表者名横井 太輔
従業員数10~49名
設立年2010年
上場区分非上場

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. TASKALの特徴・価格・機能を紹介!

  2. 社内SNSツール比較34選|価格と機能の比較表あり

  3. DX推進組織の編成タイプや作り方のポイント・成功事例

  4. hokanの特徴・価格・機能を紹介!

  5. CRMツール比較26選|比較ポイントやメリットも解説【2022最新版】

  6. ZONEの特徴・価格・機能を紹介!

  7. 法務部門もDX化すべき!デジタル法務のメリットとは

  8. クラウドSFA比較12選|選び方やメリットも解説!

  9. Web会議システムの価格の相場は?

  10. 案件管理にはSFAが便利!メリットや案件管理に強い3つのシステムを徹底紹介