LINC Bizの特徴・価格・機能を紹介!

近年、働き方の多様化によって各業務のテレワーク化が進み、柔軟に活用できるビジネスコミュニケーションシステムの需要が高まっています。「LINC Biz」はビジネスチャットとオンライン会議ツールを搭載したコミュニケーションツールです。ここではLINC Bizの詳しい機能についてチェックしていきましょう。

LINC Bizとは

LINC Bizをリリースしているのは、シャープ社の子会社であるAloTクラウド社です。シャープ社ではこれまで、子会社のAloTクラウド社が独自開発したプラットフォームを社内コミュニケーションに活用してきました。このプラットフォームがLINC Bizとしてブラッシュアップされ、2019年より一般消費者向けに提供されるようになりました。

LINC Bizは働き方改革や業務コミュニケーション革新サポートをコンセプトとして開発されたシステムです。企業がLINC Bizを導入すれば、業務の大幅な効率化と、密度の高い意思疎通が図ることができます。

LINC Bizの特徴

LINC Bizはビジネスチャットツールとビデオ会議ツールに加え、資料共有システムやカレンダーなど、ビジネスに必要な機能がすべて搭載されたオールインワンパッケージです。

業務のデジタル化を促進したいときや、テレワーク環境を整えたいときに、何から始めればよいかと悩んでしまう人もいるでしょう。固有のチャットツールやビデオ会議ツールをそれぞれ導入すると設定や切り替えに手間がかかり、すべてのツールを十分に使いこなせないケースもあります。

すべてのツールがオールインワンで封入されているシステムを選べば、社内のITツールをひとつに統一することができます。LINC Bizは円滑にビジネスを進めるための環境を整えたい人にぴったりのシステムです。

LINC Bizはオフィス内での業務ではなく、支店などの遠隔地や営業先、出張先、テレワーク先など、各拠点でのやりとりを想定して構築されています。
LINC Bizを活用すれば出張先や施工現場からであっても、チャットツールやビデオ会議を通して簡単に連携を取れます。場所を問わずに瞬時にコミュニケーションを取れるのが、LINC Bizの大きな利点です。

価格・料金プラン

LINC Bizには無料で使用できるフリープランと、月額385円のスタンダードプランが用意されています。

フリープランはチャンネル数が15個に限られていますが、ストレージ容量はチームごとで2GBあり、ビデオ会議室ツールも使えるなど十分な機能を有しています。
スタンダードプランでは、チャンネル数の制限がなくなるほか、ストレージ容量も契約数に応じて増加し、ビデオ会議室も複数利用できるなど、使用の幅が広がります。オフィスの規模や使用人数に応じて最適なプランを選べるのがLINC Bizの魅力といえます。

またLINC Bizには、100名や500名、1,000名といった大人数のビデオ会議室の追加ができる拡張プランも用意されています。ほかに、ウェビナーのホストを追加したり、ストレージ容量を追加したりといったオプションも活用できるので、必要に応じて申し込むとよいでしょう。

LINC Bizの料金プランは以下の通りです。(※税込価格)

プラン名 フリープラン スタンダードプラン
初期費用問い合わせ問い合わせ
月額費用0円385円
補足チャンネル数:最大15 ストレージ容量:2GB/チームビデオ会議室数:1室のみ最大接続数:3 チャットへの外部ユーザー招待:×チャンネル数:制限なしストレージ容量:2GB/チーム +契約数×1GBビデオ会議室数:複数利用可最大接続数:契約数と同数 チャットへの外部ユーザー招待:○ 

機能一覧

LINC Bizのメインとなるビジネスチャットはパブリックチャンネルとプライベートチャンネルに分けられています。
それぞれのチャンネルではテキストやファイルのやりとりができるほか、ダイレクトメールの送信、投稿内容の編集や削除も自在におこなえます。ピン留めやフラグ、メンバー追加や表示変更、検索などの機能も搭載されており、直感的な操作で使用できます。
チャット機能はPCだけでなくスマートフォンアプリで操作することも可能です。出先からでも簡単にアクセスできるため、出張や営業の多い会社で便利に活用できます。

また、大人数でのビデオ会議がしやすいのもLINC Bizの特徴です。
会議の開催時にはシステム上で予約やリマインダーを設定し、事前に資料の共有をしておくことが可能です。マイクやカメラの設定、ミュート設定、PC画面や動画の共有などの多彩な機能を活用すれば、ビデオ会議の効率が飛躍的に向上します。

社内でビデオ会議をしたいときにはLINC Biz chatのチャンネルを作り、LINC Biz ミーティングの機能を使用するのが最適です。取引先とのビデオ会議をしたいときにはLINC Bizと連携させたZoomミーティングの機能を使うのがよいでしょう。これらの機能をフレキシブルに使い分けることで、業務の効率向上につながります。

グループチャット1対1チャット
マイチャット(自身のチャットルーム)絵文字・スタンプ
メッセージへのリアクションピン留め
ブックマークメッセージ検索
ボイスメッセージ既読者表示
オンライン状態表示コメント
ブックマーク投稿検索
公開範囲制限日報・報告書
アンケートタスク管理
アラート・通知ファイル送信
プレビューダウンロード
ファイル検索ビデオ通話
画面共有ユーザー管理
グループ管理アドレス帳
API連携メール連携
カレンダー連携SNS連携
ストレージサービス連携

提供環境・技術情報

提供形態
クラウド

OS
Windows
macOS
Android
iOS
iPadOS

ブラウザ
Microsoft Edge
Google Chrome
Firefox
Safari

アプリ
スマホ – Android
スマホ – iPhone
スマホ – iPad

API連携・サービス連携

LINC BizはZoomミーティングと連携させて使うことができます。
近年では日常的にビデオ会議をおこなうという企業が増えてきました。しかし、Zoomミーティングの設定手続きは煩雑で、接続時のトラブルが起きることもあります。LINC Bizでは、Zoomミーティングをおこなう際に必要な、ライセンスの空き確認や割り当て作業を連携して進めることができます。
ツールを介して設定手続きを自動化すれば、PCに不慣れな人でも問題なくビデオ会議を始められます。

LINC BizにZoom連携をあらかじめ設定すればミーティングの開始や予約、割り当て作業などをシステム上からおこなうことができ便利です。
LINC Bizの使用時には、ほかにも各種API連携が使用できる可能性があります。詳しくは提供元への問い合わせをおすすめします。

セキュリティ

LINC Bizのチャット機能やビデオ会議機能には、会議資料のダウンロード制限やゲストの招待制限といったセキュリティ機能が搭載されています。第三者がデータを閲覧できないようなシステム構成になっているので、安心してビジネスに活用できます。

また、LINC Bizの使用時には、チャットやビデオ会議の音声や映像を含むすべての通信データが暗号化されるので安心です。クラウド上に保管されるデータもユーザーごとに独立しており、すべて暗号化されています。
各種データを個人PCなどの端末にローカル保存した場合には情報漏洩などのリスクが高まりやすくなりますが、LINC Bizでは専用のクラウドにデータが保存されるので安全です。各種クラウドサービスには社内の重要なデータを預けることもあるため、セキュリティ対策が行き届いたツールを選定することが重要です。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 6244321)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン

ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

LINC Bizのサービス提供元であるAloTクラウド社は、LINC Biz導入時にさまざまなサポートをおこなっています。
WebサイトではユーザーマニュアルやFAQが提供されており、さらにIT導入補助金や助成金についても適宜情報を更新しています。また、Webサイトではチャットボットによるサポートも受け付けているので、必要に応じて活用しましょう。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. GRMarketingの特徴・価格・機能を紹介!

  2. 領収書とは?役割をわかりやすく解説!レシートとの違いや書き方、注意点を理解しよう

  3. Web会議システムの価格の相場は?

  4. 企業のDXにおける4つの課題と解決策を分かりやすく解説

  5. 経費BankIIの特徴・価格・機能を紹介!

  6. CRM「SAP Customer Experience」とは?機能・料金・評判を紹介!

  7. Flipdeskの機能や料金は?タグで簡単に導入できるWeb接客ツール

  8. MessagePODの特徴・価格・機能を紹介

  9. アプリ対応のSFA6選|営業活動をさらに効率化しよう!

  10. CRM「うちでのこづち」の使い方・評判は?LINE連携も可能!