U メッセンジャーの特徴・価格・機能を紹介!

Uメッセンジャーは、サイバーリンク社が提供するビジネスコミュニケーションツールです。ビジネスコミュニケーションツールの導入により、チーム内での情報共有を円滑にさせることで、スピーディな意思決定に役立てることができます。
本記事では、Uメッセンジャーの概要や特徴、料金プランについて紹介します。

Uメッセンジャーとは

Uメッセンジャーでは、メッセージのやりとりのほか、ドラッグ&ドロップの操作で簡単に写真やファイルの共有ができます。現場のすべての従業員がビジネスチャットを活用できるようになれば、ビジネスの迅速な意思決定が期待できます。
また、サイバーリンク社が提供するUメッセンジャーのシリーズ製品として、UセミナーやUミーティングがあります。これら3つのツールを導入し連携させれば、社内のコミュニケーションツールが統一され、1対1またはグループでのやりとりがスムーズになります。

Uメッセンジャーの特徴

Uメッセンジャーは初期費用や導入コストがかからず、専用の自社サーバーも不要なことから、最短で翌日から利用を開始できます。
また、サイバーリンク社はこれまでおこなってきた一般消費者向けのソフトウェア開発で培った技術をもとに、誰もが簡単に使えるツールの開発をおこなっています。そのため、基本的な操作や設定がシンプルに設計されており、PCに不慣れな人でも簡単に利用できるでしょう。
さらに、Uメッセンジャーはマルチデバイス対応となっており、スマートフォンやタブレットからも利用できます。セキュリティ対策も万全なので、安心してビジネスシーンに導入可能です。
 

価格・料金プラン

Uメッセンジャーには1グループにつき最大参加人数が600名までのBASICプランと、3,000人までの法人プランが用意されています。BASICプランと法人プランではメッセージの保存期間や個人クラウドの容量に差があるほか、法人プラン限定の機能も用意されています。
それぞれの具体的な費用については提供元への問い合わせが必要です。導入前には2週間の試用ができるので、まずはそれぞれの機能の使用感を試してみるのがおすすめです。

プラン名 Basic 法人プラン
初期費用問い合わせ問い合わせ
月額費用問い合わせ問い合わせ
補足1グループ300人まで500MB1グループ3,000人まで4GB

機能一覧

Uメッセンジャーを導入すれば、1対1またはグループでのチャット(メッセンジャー)機能を活用できます。ディスカッショングループにはファイル資料や写真、動画を共有できるほか、写真や資料上に書き込みをするなどの機能も使うことができます。
さらに、ボイスメッセージやビデオメッセージの送信機能、掲示板やアンケート機能、スケジュール管理機能などが搭載されているので、ビジネスの中で多彩に活用できるでしょう。

グループチャット1対1チャット
マイチャット(自身のチャットルーム)絵文字・スタンプ
メッセージへのリアクションピン留め
ブックマークメッセージ検索
ボイスメッセージ既読者表示
オンライン状態表示コメント
ブックマーク投稿検索
公開範囲制限日報・報告書
アンケートタスク管理
アラート・通知ファイル送信
プレビューダウンロード
ファイル検索ビデオ通話
画面共有ユーザー管理
グループ管理アドレス帳
API連携メール連携
カレンダー連携SNS連携
ストレージサービス連携

提供環境・技術情報

U メッセンジャーはPCで使用できるほか、IOSやAndroidアプリとしてスマートフォンやタブレットでも使用できます。詳細は提供元に問い合わせください。

提供形態
問い合わせ

OS
Windows
macOS
Android
iOS
iPadOS

ブラウザ
問い合わせ

アプリ
問い合わせ

API連携・サービス連携

Uメッセンジャーには、サイバーリンク社のシリーズ製品であるUミーティングやUセミナーを連携させて使うことができます。これらのツールを上手く連携させれば、業務効率を高めることができるでしょう。

セキュリティ

UメッセンジャーはE2EE 暗号通信に対応しています。また、情報セキュリティOWASPや脆弱性検知スキャナ NESSUSなどを含む、国際的なサーバーセキュリティテストも合格しています。
社内ツールでは機密情報を扱うこともあるため、セキュリティ対策の行き届いたツールを活用したいものです。高度なセキュリティ対策を講じているUメッセンジャーであれば安心して利用できるでしょう。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 6244321)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

U メッセンジャーの導入時にはメールや電話、チャットによるサポートを受けられます。また、実際にU メッセンジャーやU ミーティングを使いながら運用のサポートを受けることもできます。有料で訪問サポートを受けることも可能です。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. MarkONEシリーズの機能・価格・評判を紹介!

  2. U メッセンジャーの特徴・価格・機能を紹介!

  3. hokanの特徴・価格・機能を紹介!

  4. オンプレミス型ビジネスチャットを解説!フリープランありのサービスも紹介

  5. GrooForce for Businessの特徴・価格・機能を紹介!

  6. コロナ禍こそ、社内SNSの活用で企業成長に導く|Talknoteの事例に見る #SaaSトレンド

  7. ミエルカ・クラウドの機能・価格・評判を紹介!

  8. 無料で使える名刺管理アプリ6選|安全性や注意点も解説!

  9. 楽天コネクト Speedの特徴・価格・機能を紹介!

  10. 領収書の保管方法を紹介!保管期間はいつまで?保管の義務や法律についても解説