CYBERCHATの特徴・価格・機能を紹介!

「CYBERCHAT」は、すべての会社で利用できるビジネスチャットツールです。これまでのチャットツールの多くは、双方が同じツールを利用する必要がありました。一方、CYBERCHATではCYBERCHATを利用していないユーザーもチャットルームに入室してコミュニケーションを取ることが可能です。本記事では、CYBERCHATの概要と特徴、料金プランを紹介します。

CYBERCHATとは

CYBERCHATは、法人向けソフトウェアの開発と販売をおこなうサイバーソリューションズ社が提供するビジネスチャットツールです。

2021年9月1日からWeb会議サービスの「Zoom」と連携を取ることが可能になり、チャットルームからオンラインミーティングをおこなえるようになりました。
機能がシンプルなので、初めてビジネスチャットツールを導入する企業も簡単に利用することができます。

CYBERCHATの特徴

CYBERCHATは、チャットツールとしてだけではなく、メッセンジャーやビデオ通話なども利用できるコミュニケーションツールです。
CYBERCHATの特徴を詳しく解説します。

CYBERCHATを利用していないユーザーも利用できる

チャットツールの多くは、双方が同じサービスを利用している必要があります。
自社内でのコミュニケーションツールとして利用する場合は、基本的に全社員が同じチャットツールを利用しているため問題ありません。

しかし、取引先や外部のプロジェクトメンバーと連携したい場合、同じチャットツールを利用していないケースがあります。利用しているチャットツールが異なる場合は、どちらかが相手に合わせたチャットツールを利用するか、別の連絡方法を選ぶ必要がありました。

CYBERCHATでは、「ゲストアカウント」があります。ゲストアカウントとはCYBERCHATの登録をしなくても、チャットを利用できる機能です。ゲストアカウントを使えば、利用しているチャットツールが異なる取引先や外部のプロジェクトメンバーとも、CYBERCHATでコミュニケーションを取ることができます。

Zoomミーティングの入室がスムーズ

CYBERCHATはZoomと連携しており、CYBERCHATのチャット内でZoomミーティングのセッティングが可能です。ミーティングを設定すると、ミーティングURLや入室の際に必要なパスワードなどの情報をチャットルームに自動的に貼り付けられるため、スムーズにWeb会議を開催できます。
なお、ゲストアカウントでチャットルームにいるユーザも、Zoomミーティングの情報を確認できます。

コンプライアンス対策ができる

取引先のツールに合わせるためにコミュニケーションツールを個人利用すると、コンプライアンス上で問題になるケースがあります。
CYBERCHATは、利用していないユーザーもゲストアカウントでチャットルームに入室できるため、コンプライアンス対策としても有効です。

また、CYBERCHATでは、チャットやメッセージ、アップロードされたファイルをアーカイブとして保存することも可能です。そのためアーカイブを確認して企業トラブルを未然に防ぐこともできるでしょう。もしハラスメントなどの問題が発生した場合は、過去のチャットやメッセージのやりとりを客観的な証拠として確認することができます。

価格・料金プラン

CYBERCHATの利用料金は、1アカウントごとに計算されます。利用するアカウント数によって、月額料金が加算されるプランになっています。料金プランは以下の通りです。

プラン名
初期費用問い合わせ
月額費用150円/月

機能一覧

CYBERCHATでは、グループチャットと1対1チャットの両方に対応しています。
また、絵文字やスタンプ機能もあるため、テキストだけでは伝えきれない感情や気持ちも表現でき、コミュニケーションを活性化させることができます。

グループチャット1対1チャット
マイチャット(自身のチャットルーム)絵文字・スタンプ
メッセージへのリアクションピン留め
ブックマークメッセージ検索
ボイスメッセージ既読者表示
オンライン状態表示コメント
ブックマーク投稿検索
公開範囲制限日報・報告書
アンケートタスク管理
アラート・通知ファイル送信
プレビューダウンロード
ファイル検索ビデオ通話
画面共有ユーザー管理
グループ管理アドレス帳
API連携メール連携
カレンダー連携SNS連携
ストレージサービス連携

提供環境・技術情報

CYBERCHATはブラウザで利用できます。また、スマートフォン用アプリがあるため外出先でも気軽に利用できます。

提供形態
問い合わせ

OS
Windows
macOS
Android
iOS
iPadOS

ブラウザ
Internet Explorer
Microsoft Edge
Google Chrome
Firefox
Safari

アプリ
PC – Windows
PC – Mac
スマホ – Android
スマホ – iPhone
スマホ – iPad

API連携・サービス連携

CYBERCHATはWeb会議サービスの「Zoom」と自動コミュニケーションツールの「チャットボット」とサービス連携しています。そのほか、サイバーソリューションズ社が提供している、クラウドメールやメールセキュリティなどのサービスと連携することも可能です。
詳しくは問い合わせてみると良いでしょう。

セキュリティ

CYBERCHATではIPアドレス制限の機能があります。たとえば、自社アカウントからのみアクセスを許可する場合は、自社のIPを登録すれば従業員の自宅や個人のスマートフォンからのアクセスを制御できます。そのため、情報漏洩や不正アクセスへの対策が可能です。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 6244321)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

CYBERCHATAでは、「電話」と「Webサポート」が用意されています。Webサポートからの問い合わせは、365日24時間対応しているので電話サポートの対応時間外の場合は、Webサポートから問い合わせてみるといいでしょう。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. CRM「うちでのこづち」の使い方・評判は?LINE連携も可能!

  2. プレディクティブダイヤルの機能・価格・評判を紹介!

  3. 経費精算をアウトソーシングする理由やメリット|おすすめの代行会社の選び方とは

  4. V-CUBE ミーティングの機能・価格・評判を紹介!

  5. HubSpot Sales Hubの特徴・価格・機能を紹介!

  6. GRIDY SFAの特徴・価格・機能を紹介

  7. 経費精算システムを導入する6つのメリット|注意点とおすすめのサービスも紹介

  8. コールセンターにおけるスクリプトの必要性と作り方を紹介!

  9. アルテマブルーの特徴・価格・機能を紹介

  10. ビジネスチャットツール比較16選|機能や料金プラン【2021最新版】