kinconeの機能・価格・評判を紹介!

kinconeとは

「kincone」は、勤怠管理・交通費精算クラウドです。お手持ちのスマートフォンやタブレット端末をタイムレコーダーにすることができます。アプリをインストールするだけなので、特別な機器は必要ありません。
SuicaやPASMOなどをタイムカードにすれば交通費も読み込み可能です。また、SlackやLINE WORKS、Googleカレンダー、人事労務freeeなど、他社サービスとの連携も充実しています。

1. さまざまな打刻方法!場所を選ばない勤怠管理&交通費精算ツール

kinconeアプリをインストールしたスマートフォンやタブレット端末がタイムレコーダーになります。
従業員がSuicaやPASMO、モバイルSuicaなどの交通系ICカードをタッチするだけで、出勤/退勤時間と交通費情報を同時に読み取りが完了します(一部を除くFeliCaカードに対応しています)。
また、LINE WORKSやSlack、ChatWorkなどと連携することができ、普段お使いのチャットツールから打刻も可能です。

kinconeの特徴

2. 働き方改革に対応!労働時間の自動集計

労働時間や出退勤時刻、休日など、自社の規則に沿った設定をすることができます。データ集計は自動です。

kinconeの画面

3. ワークフローを使った申請・承認に対応

取り込んだ勤怠や交通費データは、ワークフロー機能を利用して申請・承認をおこなうことが可能です。その後はExcel帳票を作成したり、csv出力して給与管理システムにインポートしたりすることができます。人事労務freeeをお使いであれば自動連係も可能です。

kinconeの申請・承認画面

機能一覧

勤怠管理アプリ打刻 PC打刻 ビジネスチャット連携
他社サービス連携kintone LINE WORKS Slack Chatwork 人事労務freee Googleカレンダー など
交通費精算Suica・PASMO等交通系ICカード読み込み モバイルSuica・モバイルPASMO読み込み
ワークフロー勤怠&交通費の申請~承認 給与管理システム連携

価格・料金プラン

項目料金
初期費用0円
月額費用200円(税別)/1従業員
詳細5従業員から利用可能
年払いで5%値引

導入実績

Sansan、スタディスト、プロフェッショナルバンク、トレタ、個太郎塾など

企業情報

企業名ソウルウェア
資本金3,000,000円
代表者名吉田 超夫
従業員数10~49名
設立年2012年
上場区分非上場

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 領収書を電子化するのは義務?必要性とは?

  2. 納品書と領収書の違いとは?処理できるケースや代わりになる書類は?

  3. 領収書とレシートの違いとは?レシートタイプの領収書のケースについても解説

  4. 領収書の「上様」はダメ?経費上と税務上での違いや対応方法を解説!

  5. 領収書の宛名の必要性とは?名前なしで金額のみのケースについても解説

  6. タイムカードの電子化とは関連する法律やデメリット・メリットも説明

  7. 領収書の但し書きとはどんな項目?自分で書くケースや注意すべきポイントについて

  8. 領収書の書き方・記載事項をケースごとに解説

  9. テレワークでWeb会議を上手くおこなうコツとは?

  10. タイムカードの集計方法とは?

  1. メイシーの特徴・価格・機能を紹介!

  2. Virtualex iXClouZの特徴・価格・機能を紹介!

  3. MessagePODの特徴・価格・機能を紹介

  4. 経費精算システムを導入する6つのメリット|注意点とおすすめのサービスも紹介

  5. カイクラの特徴・料金・システムを紹介

  6. 「paperlogic 電子契約」とは?料金や評判、他サービスも紹介!

  7. DXの実現のためにシステム開発の内製化が注目される理由とは?メリットやうまくいく企業の特徴について解説

  8. Web会議のセキュリティ対策とリスクとは|SkypeとZoom、Teamsの比較表つき

  9. Wantedly Peopleの特徴・価格・機能を紹介

  10. ビジネスチャットのシェアと市場規模は?主要サービスの機能・料金一覧表あり